霊能力を開花する2つの修行と注意点

霊能力を開花する2つの修行と注意点

今日はデリケートな話題を。
霊能力です。
しかも霊能力を開花させる修行です。

で、世の中には霊能力を持った人もいます。が、霊能力とその修行は大きく2つ分けられます。それは、

  1. 苦行・荒行(滝行、断食)によって生じる霊能力
  2. 慈悲が根底にある瞑想によって自然に生じる霊能力
この2つは、似て非なるものです。
また修行の仕方の違いでもなります。修行の仕方の違いが、霊能力の性質の違いとなって表れるんですね。

苦行によって生じた霊能力は問題が起きやすい

日本では、古来より滝行や断食などの苦行や荒行、ストイックで厳しい坐禅修行などがあります。で、こうした苦行・荒行で霊能力を得ようとする修行もあります。

しかしこの方法は問題があります。

多いケースは、腹部のエーテル膜が破れて(破壊されて)、向こうの世界とダダ漏れのようにつながってしまい、その結果、霊能力が出てくるタイプです。

ゆる体操の高岡英夫さんは、苦行・荒行による丹田開発を「拘束下丹田」と言っています。昭和までの時代に多かった丹田で、不良化した危険な丹田です。性格が頑固になり、問題のある人間にしてしまいます。

苦行は性格にも問題を引き起こす

で、この苦行系で得られた霊能力は何かと問題がつきまといます。

人間性にも問題が出てきます。たとえば、

  • 気分や感情の起伏が大きい
  • 癇癪をおこしやすい(すぐに怒る)
  • 性格が荒っぽい
  • 雑な性格
  • 陰気でクセがある
  • こだわりが強い
といったように人間性にも問題が出てきます。

なぜ人間性に問題が出てくるかといえば、エーテル膜が破壊されて、霊的世界や外部の環境の影響を受けやすくなっているからです。悪い意味で鋭敏になってしまうんですね。

常にイライラした状態ともいえます。悪い意味での神経過敏です。

で、この手の荒行系の修行をして特殊能力を得て、先祖の霊が成仏していないなどの恐ろしいことを言って新興宗教の教祖になっている(なった)人もいます。昭和までの時代にはわりといます。

滝行・断食・厳しい坐禅修行には注意

日本でも「修行」といえば、厳しい修行が思い起こされます。滝行・断食などの荒行苦行、厳しい坐禅修行などなど。しかしこれらの厳しくも荒い修行には注意が必要なんですね。

結局、荒行などで身体感覚を破壊して、特殊な能力を生み出すアプローチなんですね。

この方法は瞑想をしなくても得られる、いわば事故的な能力です。わりと得やすかったりします。

だから日本でも、寒中の滝行、苦しい断食、厳しい坐禅修行、千日回峰行といった、心身を追い詰め酷使する長期の修行が行われているんでしょう。

注意していただきたいのは、滝行や断食、坐禅がダメということじゃあないんですね。苦行・荒行となっている場合がダメということです。

暗く重たいストイックな雰囲気にも注意

で、あるいはオ◎ム真理教のように、暗く重たいダークサイドに身を置くことでダークな変容を起こすやり方もあります。

勝ち気、負けず嫌い、怨み、執念、復讐、攻撃心をモチベーションにするのも同じです。過緊張となり、ストイックになります。ダークサイド。

妙にストイックになって、自分を追い込むことは、安易な修行です。誰もが思いつく、修行らしい修行。なんっちゃって修行。

しかし、このなんちゃって修行でも、霊能力らしいものが得られる場合があるってことなんですね。

が、心身を蝕みます。いわゆる魔境ですね。天狗界でもあります。
魔境
天狗界

安全で王道なのが慈悲に根ざした瞑想修行

安全で王道なのは、やはり瞑想ですね。

微細で丁寧な感受性とハートフルが息づいているやさしくも細やかな文脈、緊張しないで、やわらかく、春の日のようなあたたかさの文脈の中で行う瞑想です。これが最善であり王道です。

もっとも能力を求めて行うのではなく、気づいたらそういうおまけがあったとうのがいいですね。

何故、原始仏教やテーラワーダ仏教では、戒律、慈悲、慚愧(ざんき)を重視しているかといえば、こうした深い理由があるからです。
慈悲
慚愧

社会や人々を益する霊能力の発動

で、こうした慈悲に根ざし、やさしくハートフルで、繊細な感性が息づく丁寧な文脈で瞑想をして、特殊な能力が出てきた場合、それは社会や周囲を健全に活かすかたちで表れるようになります。

オウムのように破壊的に使われることは、まずないんですね。どこまでも人々を益するために使うようになります。

また能力を得た本人は、そういう感性が生じ、人々を健全に救済する衝動やモチベーションが出てくるようになります。

これこそが菩薩の有り様です。本来の有り様です。

霊能力などは、副産物・おまけになります。が、もし、健全な瞑想の文脈から、こうした特殊能力が出てきた場合、社会や人々に役立つような健全な能力となって発揮されるようになりますね。

まとめ

荒行で身体感覚を破壊したダークサイドな霊能力と、光とハートフルさに根ざす霊能力とでは、その発生源も使われ方も人間性も、まったく異なります。両者は似て非なるものです。

とても大切なことです。

やさしくもハートフルさがいかに大切なことか。これを甘いとか子供じみている、スィーツと感じるならば、残念ですね。天狗界へ行くことになるでしょう。
天狗界

ご参考になればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です