幽霊を見た話し~姿はガイコツで卵の腐ったニオイだった

幽霊を見た話し

幽霊を見たという話しです。
秋山眞人さんの目撃談ですね。

怪談シリーズ2019③【秋山眞人】

秋山さんは霊能者でもありますが、秋山さんが20代の頃、
お祓いを依頼されたとき見た幽霊の話しであるとか。
実話です。

浮かばれい霊には、ニオイがあるといいます。
卵の腐ったようなニオイだとか。
また姿はガイコツのようであると。
餓鬼(ガキ)ですね。

で、その幽霊を直面したところ、金縛りにあって動けなくなったと。
で、その霊が秋山さんの顔をなでたと。

で、秋山さんは「退散しろー!」と絶叫したところ、
その霊はいなくなったと。

で、辺りには卵が腐ったようなニオイは
残っていたと。

その家は、後に解体。
果たしてその霊が浮かばれたのかどうかはわからない。

そんな話しですね。

幽霊は餓鬼でありアストラル界の生命

で、こうした幽霊ですが、その正体は「餓鬼(がき)」になります。
餓鬼とはアストラル界に生きるリアルな生命体です。

お盆供養は幽霊・餓鬼・お化けを救う方法だった
先祖供養の2つの意味

アストラル界には天界と餓鬼・修羅の2つの世界がある

人は亡くなった後、ある一定の「思い」を継続するようになります。
固定化します。
天界では、よろこびの心。
ガキ(幽霊)の世界では、悲しみ、恨みの心。
これが一定(固定)します。

アストラル界には大きく分けて、
・上層アストラル界・・・天界
・低層アストラル界・・・餓鬼、修羅
の世界があります。

同じアストラル界ですが、上層と低層があるんですね。
アストラル界は想念の世界でもあります。
思いの世界。
想念が現実を作り出す世界です。

ネガティブな感情は餓鬼・修羅を引き寄せる

で、憂鬱、愚痴、不満、文句、陰気、頑固、ネガティブといった
どんよりドヨドヨした暗く重たいエネルギーは、
低層アストラル界(餓鬼・修羅)になるんですね。

またこうした感情やエネルギーは、餓鬼・修羅とシンクロ(共鳴)するようになります。
で、普段から感情やエネルギー状態が多いと、餓鬼が寄ってくるようになります。
いわゆる「憑いている」状態です。

餓鬼とは、浮遊霊や幽霊です。
で、こうした低次元で波動の低い存在を引き寄せてしまいます。

餓鬼・修羅は取り憑いている人を不幸にする

ちなみに餓鬼は、憂鬱、愚痴、不満、文句、陰気、頑固、ネガティブ
といった感情やエネルギーが大好物です。
こうしたエネルギーを発している人を見つけると喜んで近づいてきます。

で、その人が発しているネガティブな感情をエネルギー源(食事)として、
餓鬼は力を強めていきます。

で、その餓鬼は取り憑いている人間に対して、
もっともっとネガティブエネルギーを出すように影響を及ぼし、
その人間をますますネガティブにしていくようにしてしまいます。

その人間がネガティブになり、自己中になって、不幸になると、
餓鬼や修羅は、ますます大喜びして、その人に働きかけていくといいます。

人間と餓鬼・修羅は不幸にしあう関係です。
半永久的に悪循環になります。

こうした現象がありますので、
憂鬱、愚痴、不満、文句、陰気、頑固、ネガティブといった感情は謹んで、
反対に、よろこび、感謝、笑い、明るさ、ユーモア、ポジティブといった
感情やエネルギー状態にしていくことが望ましいんですね。

ポジティブな感情は天界の神々を引き寄せる

反対に、よろこび、感謝、笑い、明るさ、ユーモア、ポジティブといった
キラキラと輝く感じのエネルギーは、
上層アストラル界(天界)になるんですね。

またこうした感情やエネルギーは、天界とシンクロ(共鳴)するようになります。
で、比較的こうした感情やエネルギー状態でいると、
天界の神々が近づいてきて、お友達になるようになります。
いわゆる「守護神」「守護霊」「ガイド」です。
ポジティブな感情やエネルギーは守護神・守護霊・ガイドを引き寄せます。

天人・天使は守護している人を幸福にして応援する

ちなみに天人や天使は、よろこび、感謝、笑い、明るさ、ユーモア、ポジティブ
といった感情やエネルギーが大好きです。

こうしたプラスのエネルギーを発している人を見つけると、
応援したくなって近づいてきます。
これが守護神・守護霊なんですね。

で、その人が発しているプラスの思いをエネルギー源(食事)として、
天人や天使は力を高めていきます。

で、その天人や天使は、守護している人に対して、
もっともっとポジティブなエネルギーを出すように守護し、
その人間をますますポジティブになるように応援します。

その人間が社会に貢献し、ポジティブになっていく応援によって、
天人や天使自身の徳を高めていくようにもなるんですね。

人間と天人・天使のWin-Winの関係なんですね。
半永久的に好循環になります。

なので、できるだけ、できれば常に、
よろこび、感謝、笑い、明るさ、ユーモア、ポジティブといった
感情やエネルギー状態であることが望ましいんですね。

慈しみの心を実践すると途方も無い幸運となる

ちなみに「慈しみの心」「ハート」は最高の心の状態です。
慈しみの心(慈悲)やハートの気持ちに長くいると、
途方も無い幸運にも遭うようになります。

もちろん天界の天人が集まってくるようになります。
しかも高次元の天人・天使が守護神になるようになります。

よろこび、感謝、笑い、明るさ、ユーモア、ポジティブといった様子で、
オーラ(雰囲気)が清々しい、キラキラしている、光を放っている
といった印象の人には、高次元の守護神が付いていることが多くなります。

無意識レベルから慈悲が根付いてくると、
このようになります。

「慈しみの心」は途方も無い幸運を招き寄せます。
慈しみの心を長期間にわたって実践し続けていると、
光音天(アーバッサラー天)という高次元の神の世界に転生し、
その後、人間に生まれ変わっても、数百回の輪廻転生の間、
尋常ならざる幸運を享受し続けます。
⇒天界とその仕組みとは?~六欲界・色界・無色界

素晴らしいですね^^

ですので生前、よき心であることが望ましいんですね。
これは大いなる教訓です。

と、秋山さんの幽霊話しから、こんなことを思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です