ゆるっとラウンジ

ゆるっとした感じで日々思うことや感じることを書いています。

「スピリチュアル・霊」の記事一覧

占いで幸運期と不運期における生き方・処世を知る

レクティファイ~出生時間を特定する占いの技法 昨日、知り合いの「レクティファイ」をしましてね。 「レクティファイ」とは、出生時間がわからない人のために、 人生上、何が起きたかを聞いて、「出生時間を特定する」ことをいいます […]

土地にはアストラル次元・霊的次元の「陽(プラス)」と「陰(マイナス)」とがある

価値には2面がある~「外側のモノ」と「内側のモノ」 お金、権威、人気、ステイタスなどといったものは「外側の価値」になります。 こうした「外側のモノ」に「価値」を置いて、それで人を評価するのは、 世間でも多いんですね。 て […]

霊の影響・霊障(低層アストラル界からの影響)はあるのか?~ネガティブな心の様が悪い霊をも引き寄せる

悪い霊の作用とその特徴~異常な事に遭遇する この前、あるヒーラーとお話ししたことです。 その方は、特異なヒーリング能力を持った方でですが、 滅多に霊についてはお話しになりません。 が、そのときは霊について話しをされまして […]

佐藤愛子さんの霊体験本はこわい

作家の佐藤愛子さん。 最近でも、「九十歳。何がめでたい」がベストセラーになっています。 で、お兄さんが、作詞家の佐藤ハチローさんという、 サラブレッドな家系に生まれた方ですね。 遺伝子のなせるワザなのでしょうが、 佐藤愛 […]

エーテル・オーラ・雰囲気と人間関係~エネルギーの同化を避け状態を良くする

エーテル体~肉体と同じサイズのエーテルのボディ エーテル次元というのは、気、プラーナが動いている世界をいいます。 肉体と同じサイズで、肉体にピッタリと重なっている気の体があり、 これをエーテル体といいます。 このエーテル […]

スピリチュアリズムとは霊性に目覚め開かれること~お釈迦さまもスピリチュアリストだった

ドーリン・バーチューが、自らが言っていたスピリチュアルを、 2017年に全否定していたということ。 正直なところショッキングでしたね。 しかしながら、ドーリン・バーチューが言っていたスピリチュアルは、 本来のスピリチュア […]

松果体・第3の目は右「太陽」・左「月」はエジプト・ホルスの目、ヨーガ、密教も同じ

ようつべ先生で見つけた動画。 松果体に関する説明です。 7分くらいの動画です。 情報としてはよくまとまっていますので、とりあえずはご紹介。 人類最大の秘密・・・松果体、第3の目の真相! ふむふむ。 スピ的な分野における松 […]

運命を変え、カルマを浄化する方法~ハート・エネルギーが豊かなヒーリングが可能にすることの発見

最近は、とても感銘といいますか、 脱力感を憶えるくらいのインパクトを感じています。 運命を変える。 昔、運命を変えるとか、運命創造の可能性に 真剣になって取り組んだことがあります。 もう20年は取り組みましたね。 &nb […]

アセンション(次元上昇)とは魂の成長のこと~宇宙時代の幕開け

アセンションとは「地球の次元」が変わることではない アセンション。 次元上昇。 2012年にもありましたね。 当時のアセンションでは、「地球の次元上昇する」と言っていました。 が、これはさすがにおとぎ話過ぎて、まったく相 […]

神代文字「阿比留草文字」がビジョンに現れた:最近は龍体文字も登場~各人の霊系によって文字に違いがある?

ここのところ、「スピリチュアリスト」となっているのですが、 ま、たぶん、一時的なもの?だとは思います。 「マイブーム」みたいなものだとは思います^^; が、一応、お断りしておきませんと、読者の方々に「大丈夫かな」と、 い […]

越智啓子さん「龍を味方にして生きる」~龍と共に生きる「龍ブーム」

今や「龍ブーム」 以前も紹介した「龍の神様とつながる本」。 これがよくまとまっていましてね。 で、「龍ブーム」の火付け役から、 話題の人達を一気に紹介しているんですね。 いろんな方がいらっしゃいます。 ただ、アストラル界 […]

人間を構成する3つの階層構造~カラーナ次元、メンタル・アストラル次元、エーテル・肉体次元

人間の精神は、神智学、霊学などで区分の仕方も違いますが、 おおむね ・カラーナ次元(コーザル次元)・・・魂の次元 ・メンタル次元・アストラル次元・・・心の次元 ・エーテル次元・肉体次元・・・肉体の次元 の3つに分けること […]

「ほどこし」の精神は大切~心と生活が豊かになって「恩寵の扉」も開く貴い行為

「ほどこし」の精神は大切と思っています。 ほどこし(施し)。 しかしながら今では、宗教トラブルの影響もあって、  ほどこしの行為 = だまされる・カルト というニュアンスも浸透している感があります。 しかも最近では、「仏 […]

バーバラ・アン・ブレナン「光の手」

バーバラ・アン・ブレナン「光の手」。 日本での初版が1995年。 素晴らしい書。 エネルギーと心の相関性が、つまびらかにされています。 これは体験に基づく、深い洞察に満ちています。 気づかなかった、気づけなかったことも少 […]

東大教授・矢作直樹さん「人は死なない」~日本人の死生観を蘇らす啓蒙

人は亡くなったら、それで終わりではありませんね。 次元が異なるだけで、別の世界にいたり、 あるいは、別の生命に転生します。 生前、何らかの思いが残っている場合は、親族の近くに、 しばらく滞在することもあり得ます。 これが […]