霊障とは?霊障にならない対策・秘訣

霊障とは低層アストラル界の影響~ネガティブな心が引き寄せる

霊障。
怖い言葉ですね。

霊障とは、霊の障りをいいますね。で、障りを起こす霊は低層アストラル界の生命体になります。

低層アストラル界の生命体を具体的にいいますと、

  • 不成仏霊・・・亡くなったことを自覚していない霊
  • 地縛霊・・・亡くなったことを自覚しないでモノ・場所に執着している状態の霊
  • 浮遊霊・・・亡くなったことを自覚しないでさ迷っている霊
  • ガキ(餓鬼)・・・幽霊。亡霊。怨霊。
になります。

ネガティブな心や前世や先祖のカルマが、こうした霊的存在を引き寄せるともいわれています。

霊障(悪い霊の作用)はある

ところでこの前、あるヒーラーとお話ししたことです。その方は特異なヒーリング能力を持った方でですが、滅多に霊についてはお話しになりません。が、そのときは霊について話しをされましてね。

その内容をいいますと、

  • いわゆる「霊障」という現象は確かにある。
  • 霊障とは「霊の触り」。
  • 新興宗教ではよく言われ、霊感商法で使われている。
  • 障は眉唾に思われているが、実際のところ「霊障はある」。
  • しかし、なんでもかんでも霊の作用というのはない。
  • 拝み屋や新興宗教では法外な供養料を取っているところもある。
  • 実際に効験が無いところもある。
  • 注意が必要。
ということです。

霊障の特徴

霊障といった霊の作用はあるということです。で、霊障を受けている場合は、独特の特徴があるといいます。それは

  • 突然、変調や異常を来す。
  • 定期的に異変や異常が起きるものの、病院へ行った途端に収まるなど、不思議な現象がつきまとう。
  • 普通では考えられない、あり得ない事故や出来事に遭遇する。
こういった特徴であると。要するに「異常なこと」が起きるケースです。それが「霊障」ですね。

霊障は天啓気療でも解決する

ところが、こうした霊的なことでお悩みの方であっても、天啓気療などの優れたヒーリングを受けると、たちどころに改善するといいます。

◎天啓気療院
◎天啓気療院北沢勇人

誠に不思議なことなのですが、霊の作用は確かにあるんですね。ただ、そう頻繁には無いようです。

陰気な心は低層アストラル界の霊(ガキ)を引き寄せる

けれども、こうした顕著な霊障現象が無くても、たとえば常に暗い気持ちでいると、低層アストラル界の霊(ガキ)が近づいてくることはパーリ仏典にあります。

スマナサーラ氏の「死後はどうなるの」でも述べられています。

霊の影響は確かにあったりします。

で、霊障とまでいかなくても、霊の影響は日常的に頻繁に起きていたりもします。

心が明るいと霊障は起きない

なので気持ちをいつも晴れ晴れするように努めることが望ましいんですね。

「天晴れ(あっぱれ)」です。カラリとして、屈託なく、心の中がサッパリしていること。

仏教的にいえば「心が浄らか」な状態ですね。スッキリしていることです。

このような明るい心、明るい気持ちでいれば、霊の作用を受けることはありません。霊障を受けることもありません。

暗い心は霊障を招くことがある

反対に不満、愚痴、批難、悪口は控えたほうがいいんです。これらは心を濁らせます。不浄にします。

どんよりドヨドヨ雲が漂うようになって、どこか暗ぼったくなります。暗くなると、顔色も、オーラーも人相も暗くなって、悪くなりますのでね。

心だけでなく、風貌も暗くなり、運も悪くなっていきます。

で、悪い霊(低層アストラル界の存在)も近寄ってくるようになります。悪い霊の影響を受けるようになります。霊障を受けることもでてきます。

で、ますます心の状態は悪くなります。しかもネガティブさは変えがたくなります。固定化していくようになります。

こうなると、その人の「個性」になってしまいます。ネガティブさが個性になってしまう。特徴となってします。こうなると大変です。

ネガティブな心は何一ついいことがないんですね。悪い霊まで引き寄せてしまいますので。ええ。

まったくメリットがありません。なので、心して改善していく必要があります。

ホメオスタシスと現状維持メカニズムが心癖の改善を困難に

しかし、心のクセはなかなか直し難いものもあります。手こずるクセもあります。

直し難いのは、心の恒常性(ホメオスタシス)が引き起こしているからです。

セラピストの石井裕之さんは、著書「心のブレーキの外し方」で、人のクセが変わりにくい仕組みを「現状維持メカニズム」といっています。
◎石井裕之さん「心のブレーキ」の外し方~自分を変えたくない「現状維持メカニズム」

「現状維持メカニズム」とは、人間が無意識のうちに内在しているホメオスタシス(恒常性)の性質そのものです。

良い習慣であっても、悪い習慣であっても、なかなか変えにくい傾向を、人は持っているというものです。

ホメオスタシス(恒常性)による3つの性質

このホメオスタシス(恒常性)があるため、人の心の状態には、次の3つの性質が備わるようになります。それは

1.繰り返す(輪廻する)
2.同じ質のエネルギーが集まってくる(引き寄せの法則)
3.同じ質のエネルギーが異次元(アストラル界の住人)とでも共鳴する

といった性質です。要するに

・繰り返しの法則
・共鳴の法則
・異次元シンクロの法則

ということですね。

で、この性質が実は厄介だったりします。どう厄介なのかといえば、「心(気分)を変えにくい」という厄介さなんですね。ネガティブさを変えにくいのは、これが理由だったりします。

繰り返しの法則

心には「繰り返し」が起きるので、ある種の心のパターンが作られていくようになります。で、固定化すると変えにくくなるわけですね。

ネガティブさもこれが原因です。パターンが形成されてしまっている。

しかし何度も何度も根気よく続けて、想念を変えていくようにしていくと必ず変わります。

必ず変わる。いや、変わるまで繰り返して修練していくことですね。

想念波動がよくなると高次元とシンクロする

で、想念が良くなると、必ず境涯の高い異次元とシンクロするようになります。天人とシンクロするようになります。

低層アストラル界の住人であるガキは近寄ってこなくなります。天界の天人や神さまが、近づいてくるようになります。

これって、まさに「勝者は、より勝者に」というパターンだったりします。だから、うまくいく人は、とことんうまくいって、何をやってもうまくいくわけですね。

「繰り返しの法則」「共鳴の法則」「異次元シンクロの法則」によって、いったん、物事がうまくいくようになると、それが続くようになります。固定化されていくようになります。

はい、幸運のはじまりです。

悪しき想念パターンは改める

で、こうした良いサイクル・パターンに入っていくことは、とても大事です。特に「心の状態」。

常に天人のような状態でいるのか。あるいは、不平不満を言い続けているガキの状態なのか。疑い深く、何でも疑ってしまう状態なのか。

どういう心の状態になる・ならないも、自分である程度、コントロールもできます。

ところが先ほども書いた通りで、「繰り返しの法則」「共鳴の法則」「異次元シンクロの法則」がありますので、習慣化した心のクセは変えにくいというわけですね。

しかし、このメカニズムを喝破し、力づくでも変えていくことが望ましかったりします。

あるいは、リラックスして、その落ち着きに溶け込むやり方ですね。「あなたのままでいなさい」というやり方の真意は、これだったりします。

心が明るいと運がよくなる

今はソフト路線が多く、「あなたのままでいなさい」というやさしい指導やアドバイスもありますが、これは意味を取り違えますと、ネガティブな自分すらもOKとする間違った受け止め方をしてしまいます。

いずれの方法にせよ、本気でやることが大事ですね。気楽に、真剣に行うこと。そうして、悪い想念パターンを改める(改まる)ようにしたほうがいいですね。

そこで、これを可能にするためのブースターとして、いろんな方法も紹介しているわけですね。ざっと改めて整理してみますと、こちらの通りとなります。
⇒性格を変え運をよくする8つの方法【まとめ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です