石井裕之さん「心のブレーキ」の外し方〜自分を変えたくない「現状維持メカニズム」

石井裕之さん~成功法則・成功哲学のティチャー

石井裕之さん。
成功法則、成功哲学を教えていた方です。


 
「ダイナマイトモチベーション」という、
成功法則の集大成のノウハウを提供してくださったものです。

「ダイナマイトモチベーション」は、素晴らしかったですね。
私は、大変、重宝し、役に立ったものでした。
 

しかし石井裕行さん、数年前に引退されて、
今は、この界隈から離れているようです。
でも、HPは今もありますね。

⇒石井裕之オフィシャルホームページ

石井さんは、10年ちょっと前くらいの
2005年頃に出てきた方でしたね。

とても懐かしい方です。
私としては、成功法則とは、
最後の接点となった方でもありました。
 

ちょうど、この頃私自身、いろいろと変化が起きたものでした。
そういえば、そうでしたな。
2005年前後は、いろいろと大きく変化があった頃でしたね。

石井裕之さんが説かれる、成功術や成功法則は、
この界隈の「集大成」といっていいくらいの内容でした。

すごく濃い。
また石井さんも熱い方でした^^;
 

石井さんが提供する成功するための教えやノウハウ、コツは、
かなり有益なものがあると思いますね。

成功するしないに関係なく、
「教え」としては、かなり役立つものがあると思います。

心のブレーキ~途中で物事をやめてしまう負の潜在意識

そんな石井さんが説いていた教えの中でも、
インパクトがあったのが「心のブレーキ」

自分で自分にブレーキをかけてしまう潜在意識です。
「心のブレーキ」は、いろんなカタチを取ってあらわれてきます。
たとえば、

・今まで、ずっと努力を重ねてきたのに、途中で嫌になってしまう
・あと、もうちょっとでうまくいはずなのに、放り投げてしまう
・そのまま続けていけばモノになるのに、途中で邪魔が入る

こうしたことですね。
要するに、途中で止めてしまうことを「心のブレーキ」
といいます。

これは結構、深いことを言っているなあ、と思いましたね。

物事を途中でダメにしてしまう無意識の働き

そのまま続けていけば、道が開けてくるのですが、途中で、

 ・なんとなく嫌になってしまう
 ・もっともらしい理由を付けて止めてしまう
 ・健康を害して辞めざるを得なくなる

こういう現象ですね。
心当たりや、「そうそう、それある」と思い当たる人も
多いのではないかと思います。
 

病気治療でも、こういうのはあるといいますよね。
せっかく治ってきているのに、
「その治療は役に立たない」といって止めてしまうとか。

これって、自分が成長しようとし始めると、良くなろうとし始める時に、
起きてくる現象だったりします。

 

努力の仕方、進め方もよりますが、
エゴ的な支配が強くありますと、
しよちゅう起きることだったりします。

飽きっぽい、三日坊主、というのも「心のブレーキ」です。
自分を高めよう、変えていこうとする文脈の中で、わりと起きています。
 

そう、自分を変える、変わることに、
無意識のうちに抵抗してしまうわけなんです。

現状維持メカニズムが心のブレーキの正体

この「心のブレーキ」とは、
「現状維持メカニズム」のこと
であると、
石井さんはいいます。
 

人間の中には、「現状維持メカニズム」という
心の仕組みがあったりします。

これは、自分自身が変わっていこうとすると、
怖くなったり、不安になって、
今のまんまに押しとどめてしまう、無意識の働きです。

 「そんな、自分を変えようとしないで、今のままでいいじゃん」
 「おいおい、君は、自分を変えてしまうのかい?(そのままでいようよ)」
 「今のままがいいよ、そんなあくせくして、自分を変えるなんて止めたら?」

こういう、ささやきなんですね。

「現状維持メカニズム」とは、
自己防衛のささやきでもあったりします。
意識の深い部分にある、「現状を維持」したい心なんですね。

良い変化・成長にもブレーキがかかる魔事

「現状維持メカニズム」は保身、保守といった
防衛心理とも絡んでいますが、
違うのは、「良い方向に進み出すと、ストップをかけてしまう」
という点なんですね。

徳性や、光の方向へ、自分が行くことにストップをかけてしまう。
要は、自分が変わることを恐れているんですね。
自己防衛意識は、良性や善性に向かうことすら、拒んでしまいます。
 

で、この心が、修身における「魔」として現れることもあるわけです。
障害となって立ちふさがってくるわけですね。
「その先には行かせないぞ」と。

暗夜としてのダークサイドも、こうした「現状維持メカニズム」が
「魔」となってあらわれてきていると思います。
無意識に潜む心は、誠に巧妙です。

心のブレーキは無意識なので自覚が無いことが多い

しかし、普通は、この自覚がありません。
良い成長につながることでも、
自分にストップをかけてしまう心は、無意識です。
無意識に働きます。

で、この無意識の働きほど、クセモノはいません。
何かの言い訳なり、理由を付けてきます。
もっともらしい論理構造も取ります。
 

しかし、無意識の働きなので、
途中で止めてしまうパワーが強かったりします。
周囲を巻き込んでしまうケースもあります。

なんとなく、「このままやったほうがいいかもしれない」という、
ささやきがあっても、止めてしまう。

「私なんて・・・」
「自分はダメだ」
「嫌われやすいから」
「自分なんて成功できっこないし・・・」

こうした「理由」を作り上げて、
自分を(潜在意識を)納得させるわけです。
 

本当は、良い方向へと変わりかけているんですけどね。
でも、そういう光の方向へ行きたくないんですね。
怖いから。

こういう無意識の動きは、通常、把握できません。
よほどシャープな感性なりがありませんと、
まず見抜くことはできないでしょう。

「現状維持装置」「心のブレーキ」というのがありますよ、
と言われて、「なるほど」と理解もできるわけですね。
 

石井裕之さんは、こうした破壊的な心作用について、
ほかにも詳しく説明していましたね。
教養としても、大変、役立ちます。

成功哲学・成功法則は成功できる人に効果が著しい

しかし石井裕之さん、引退されてしまったとか。
どういう理由で引退されたのかわかりません。

が、こう言っては何ですが、成功哲学、成功法則は、
万人向けではありませんからね。

残念ながら、成功する人は、
最初から成功する運命なり、徳があります。

成功する人は、決まっているんです。
ある程度は。
これが真実なんです。

成功哲学をビジネスにしますと、どこかで無理が生じたり、
ウソを言わなければならなくなります。

「万人が成功する」という看板を外しませんと、
嘘つき呼ばわりすることも出てきます。

なので、成功哲学や成功法則で、誰もが成功できると言いますと、
まず批判や批難を受けます。
なぜなら、現実には、成功出来ない人実際にいるからです。

成功哲学や成功法則は、成功できる人が使えば成功できますよ、
と告げて、真っ当な使い方をすれば良いと思いますね。

成功哲学・成功法則の真実

で、成功法則とは、端的にいいますと、

1.成功する素養のある人が使うと成功する、成功の度合いが高まる
2.成功する素養の無い人にとっても、ネガティブ意識の分析と解放に役立つ

という哲学ですね。
で、これが真実です。

ですので、使い方が大切です。
適用の仕方が大切。
 

成功哲学、成功法則、成功術、
あるいは引き寄せの法則もそうですが、
これを使って「絶対に成功できる」というのは、短絡的です。
といいますか、本当の使い方ではありません。

そうではなく、徳性を培う生き方、
ネガティブな心を見抜き減らす教えとして活用すれば、
とても有益になるというのが、
本来の使い方、接し方であると思います。

成功したならば、それは、あなたが先天的に
成功する運命なり徳があったんですよ、
ということに過ぎませんね。


http://amazon.co.jp/dp/4894512440

もっとも、修行によって、成功法則を活かせる体質に
変えることもできますが、それは裏技的ですし、
万人向けではありません。

やっぱり「成功する」といううたい文句は、
一部の人向けだと思いますね。