神遁・天遁・生門・天輔・九天スペシャルな吉方位の格別な方位取り小旅行~ピンク・レディーをテレビで見たの巻き

さて、12/30は、奇門遁甲でも最大級の吉方位。
「生門、天輔、九天、天遁、神遁」という、すべて吉格そろい。
麻雀でいうと九蓮宝燈(チューレンポウトウ)並のレアな役満。

ちょっとあり得ない吉方位だったわけですね。

生門・神遁・天遁が巡る12/30~奇門遁甲での吉方位取りにおすすめな日

で、方位取りを何故、お勧めするかといえば、
端的に、実績があるからです。
ええ。
シンプルです。

10年以上前に、黒門先生より、奇門遁甲方位術を教わりましてね。

が、奇門遁甲を教わっていたものの、
あんまり真面目に方位術には使っていなかったわけですね^^;
ま、時盤やその他の使い方をしていて、わりと気楽な使い方をしておったものです。

ところが!
真面目に方位術を使っていた人らから、続々、成功事例を聞くようになって、
それで、「え?マジ?」状態。

で、私自身、過去に行った旅行の方位を確認すると、
な、なんと!確かに吉方位に相当している時は、
その後、明らかに良くなっていたりしていたわけです。

それで私も真面目になって始めたという塩梅。
で、この前も、吉方位を兼ねて三重県へ行ったのですが、
その効果が確かに出ている。

うーん、これってやっぱり吉方位効果なんじゃないのかな?
って思うわけですね。

そもそも旅行そのものが良いことですからね。
ええ。
旅行はおすすめ。
自分をリセットもできます。

なによりも、転地療法効果よろしくで、何かが変わります。
旅行自体が、運気を良くしたり、変える作用があります。

で、これに吉方位が加わると、その後、新しい展開が起きたりします。

で、吉方位でも、さらにスペシャルな吉方位がおすすめなんですね。
ま、そのスペシャルな吉方位の探し方、判別の仕方もあるわけですが、
そういうスペシャルな吉方位は、積極的に活用するほうがいいかな、
と今は思っています。
 

で、12/30は、そのスペシャルな吉方位。
あり得ない組み合わせが出ていましたのでね。

なので、年末という慌ただしい時期でも、無理して行ってみたものです。
で、どうせ行くなら、ふむふむ、といった塩梅で、
別の目的も添えて、行ったわけですね。
その「別の目的」とは、また次回。

 

で、まあ、三島の東横インに一泊したわけですが、
ここが予想外に良くてですね。

本当は、ドーミインがいんです。
温泉が付いていますのでね。
しかし、ドーミインが高い!
なんで、この年末に1万数千円もするよ!いぶかしげに思ったのですが、
その理由は、昨日、わかりましてね。

なんと!三嶋大社の元旦参拝のために、
12/30から近くのホテルに宿泊する人が多いんですね。
東横インの宿泊客のほとんどは、元旦の三嶋大社参拝客。

何故、わかったかといえば、フロントでチェックインする際、
みんな三嶋大社のことを言っていたからですね^^;

これって、ほぼ全てが三嶋大社参拝客じゃん、って塩梅。
もうね、12/30から現地入りして、元日を迎えようという計画なんでしょう。
すごいなあ^^

ご夫婦、カップル、家族連れ客が多いこと。
てか、ほとんどがそうですね。

おそらく、12/31三嶋大社大祓⇒元日・初日出⇒三嶋大社初詣
といったツアーを組んでいるんじゃないかと予想するわけですね。
 

で、今朝、ホテルのロビーで朝食を摂っていたら、
やっぱり三嶋大社の話題をしている人がちらほら^^;

おお、三嶋大社フリークなんじゃないかと^^;

ごいすーな神社ですね。

もっとも、三嶋大社は静岡県を代表する神社ですからね。
初詣も賑わいます。
てか、三嶋大社は、元旦に車で初詣は不可能な神社かもしれませんね。
 

ちなみに、神棚はおすすめですよ。
てか、今の時代の流れを踏まえると、神棚を設けて祀ったほうがいいですね。
ええ、超おすすめです。

今では、洋風リビングにも合った現代風の神棚もあります。
セットになっていますので、これ1セットで神具もそろいます。
こういうのもいいですね。


 

で、泊まった東横インでは、大型のテレビがあったので、
久しぶりにテレビ堪能。

レコード大賞の番組をやっていましてね。
昭和歌謡曲のことを特集でやっていた。

で、これが意外と面白かった^^;
昭和の大衆音楽の歴史の勉強にもなりましたね。
なーるほど、と思うところがたくさん。

歌謡曲って、人間界次元だよな、なんて思ったり^^;
ちょっと嫌味ですかね^^;
 

で、ピンク・レディーが登場して、メドレーを歌っていましてね。
これには驚きとともに感動。
ええ。
よかったですよ。

ピンク・レディーって、昭和の時代に爆発的な大人気となった二人です。
もう子どもに大人気^^;
わたくしも当時、学校で大流行。
振り付けで歌って踊るという、ちびまる子ちゃんの世界そのものです^^;
 

が、そんなピンク・レディーの二人って、1958年生まれ。
今年60才の還暦です。
わお。

その還暦のおねーちゃん(?)が、昨夜は、ミニスカで歌って踊ってを披露。
なんか不思議な感覚になりましたナ^^;

で、これが昔、こういう格好で歌って踊っていなければ、
ちょっとアしちゃったおばーちゃんにしか思われないと思います^^;

が、過去に実績がありますので、その思い出の記憶フィルターがかかります。
で、それなりに見えてしまいます。
てか、美しく見えたりもします。

もう若いときのような高くて張りのある声が出ないのですが、
それでも健気な感じがしましてね。

ピンク・レディーを見ていて、「こうして、還暦になっても、
昔さながらの歌と踊りを披露し続けるっていうのは、すごいよな」と。

もう綺麗な羽も無く、歌えず、衰えてきた容姿であっても、
何かを貫くこと自体、一途になること自体が美しい。
 

「継続は力なり」といいますが、これは本当にそう思います。
逆にいえば、継続できないから、何も形にもできないし、結果も出せない。

仏教用語では「精進」といいますが、精進とは「続ける」という意味です。
続けることは貴いのでしょうね。

そんなことを思ったりもします。
 

とまあ、そんなプチ小旅行。
結構、楽しいもんですね。