言葉の使い方で性格は改善できる~丁寧・上品な言い回しがおすすめ

言葉の使い方で性格を改善できる

性格を変えたい、人間性を高めたいという人は多くいます。で、性格を変え、人間性を高める方法に、「言葉の使い方」を改善するというのがあります。

え!?と思われそうなのですが、言葉の使い方を意識して良くすることで、人間関係に変化が出てきます。

結論を先にいえば、普段から丁寧で、上品な言葉使いを心がけることなんですね。
丁寧さ。

で、丁寧さは、言葉や仕草の端々に出てきます。言葉だけ代えればいいというものではないんですね。

丁寧な言葉使いで慈悲深くなれる

言葉をはじめ、目線、仕草、動き方も「丁寧で上品」にしていく必要があります。案外、ここが見落とされがちです。が、とっかかりとしては「言葉」を改めることがおすすめです。

ちなみに、言葉をよくすることは、慈悲やハートの体現につながります。
慈悲を体得すると自分が変わる

また、何故、自分を変えたいけれどもできないのか。その理由もはっきりしています。
「自分を変えたい」けれどもできないのは何故?

で、こうしたことを踏まえて、以下に詳しく述べてまいりたいと思います。

言葉の使い方は大切

言葉の使い方は、とても大切であると常々思っています。実際に話すときも、また文章にするときも。あと、心の中でつぶやく時もです。

最近では、ブログやメールも当たり前になってきて、多くの人が、自分でモノを書くようにもなってきています。

これはこれでいいことですね。
自分の考えも文字にして表すという作業は、人間特有のものです。言葉を操ることでコミュニケーションができます。

言葉を使って表現することは、素晴らしいことですね。

言葉の使い方で人となりがわかる

で、言葉の使い方、調子を見ていれば、それだけ人間性も分かります。言葉は大切なんですね。

ブログやメールでも、その文の調子で大体、人柄は分かります。文章を見れば、その人が分かります。

丁寧な人なのか、がさつなのか。
親切なのか、ぶっきらぼうなのか。
礼節をわきまえているのか、無礼なのか。

こうしたことは言葉の使い方や文章の調子で分かります。まして普段使用する言葉は、もっとストレートに自分が出てきます。

言葉の使い方は大事

言葉を上手に操り、感情や概念、思想を適切な語彙や表現を使って言ったり書いたりすることはものすごく重要です。

もっといえば、言葉の扱い方に、教養と精神性も顕れるとさえ思っています。

とはいっても、文法的に正しく使うとか、そういうことではありません。言葉の羅列の中に出てくる調子や雰囲気ですね。これをよくすることが大切だと思っています。

言葉の使い方の大切は意外と知られていない

ですので言葉を磨くことで、性格や人間性をも変えていけるわけですね。これは本当です。

しかし、意外とあまり実践されていません。また、この大切さに、気付かれていない所があるように思います。

自分を変えるために、
潜在意識を使ったり、
ハイヤーセルフにお願いしたり、、、
といったことをする前に、
まず普段使っている言葉を見直して、
少しずつ直していくことがおすすめです。

言葉の使い方に課題のある方の場合は、なおさらです。

言葉の使い方を良くすることで性格や人間性も良くなる

言葉の使い方を改めるだけで、ものすごく変わります。

日頃、ぶっきらぼうな言い方をしていたり、
うるおいの無い言葉を使っている人は、
丁寧さを意識するだけで変わります。
人間関係も変わります。

言葉を巧みに使うことへの修練は、いくつになっても欠かせてはなりませんね。で、言葉の使い方が適切になるにしたがって、性状も変化していきます。

丁寧・親切・礼節・上品な言葉使い・言い回しを心がける

まずは丁寧で、親切で、礼節のある言葉を使っていくことだと思います。文法的に正しいとか、そういうことではなく、品性のある言葉を使っていくことですね。

現代では、ぞんざいで、なれなれしいことを「親しみ」と勘違いしている所が大変多い感じもあります。

しかし、これでは本能的過ぎます。

生まれ育った環境や、人との相性によって、この辺りの感性や受け止める感じは違ってきますが、洗練させて品格を備えていく必要があります。

言葉の使い方を磨くことは大切

言葉の使い方を磨いていくことは大切です。自分自身を成長させる、もっとも簡単で確実な方法でもあります。

教養や品性も備わってきます。
言葉の修練に励むことは、自己実現できる確実な方法の一つになります。

真理の世界では言葉は不要というけれども言葉は大切

ちなみに真理の世界では、言葉は、かえって邪魔になります。真理の世界といいますか、より微細な世界に入ると、言葉の持つ固定的な観念や束縛性が、かえって邪魔になってきます。

ですが、そうだからといって、言葉の使い方をないがしろにしてはなりません。なぜなら、私たちは、この現象世界で生きているからです。

時々、真理に達した覚者?とおぼしき人が、「この現象世界は蜃気楼で空虚であるので、何をやってもいいんだ」といったことを説く人も出てきますが、これは間違いです。

実際に身を置いているのは、この世界。
真理の世界だけにいるのではないんですね。

この現象世界にリアリティを感じている人が多いわけです。だったら、リアリティを感じている人達を苦しめることはしてはならんわけです。

まず「言葉」をよくすること

こういうことはシンプルに考えればわかること。真理を観念でとらえると、屁理屈に陥るため、とわからなくなります。そんなトリックが、この論法にはあります。

この現象世界で、巧みに、よく生きていくことは基本です。大切なことです。

そうして、生きていく上では、言葉が欠かせなくなります。言葉が無ければ、生きていくことは困難になるでしょう。

ということでして、実際的な見地からいいますと、まず「言葉」をよくすることですね。そうすることで性格もよくなりますし、人間関係もよくなります。

もっとも簡単な自己改善の方法が、「言葉を見直す」ということだったりします。ぜひ実行されてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です