自我意識の問題・障害はマインドフルネス・あるがままによって改まる

自我意識の問題・障害は宇宙性の自我で改まる

人の心は常に変化しています。
一瞬一瞬変化し続けています。

数分前の自分、昨日の自分、昨年の自分、、、と見ていくと、実は同じ自分でなかったりします。

自分とは「自我意識」であると説明されることも多かったりします。その自我意識の問題や障害があることも指摘されています。

けれども自我意識は慚愧(ざんき)を伴う自己観察によって改まり、超自我をも超えた宇宙意識といいますか真我といいますか、自利を離れた宇宙性の自分へと啓(ひら)けていくことがあります。

自分ってなあに?

今日は、そんな自我意識にまつわるお話しです。

固定した自分(自我意識)は存在しない

実は、固定した自分は存在していません。肉体をまとっているので、この肉体の塊こそが「自分」と思っている。

この固定した自分のことを「自我意識」「自意識」とかいいます。

心理学では「自我意識」は大切とされています。また「自我意識」と「自意識」は違うともいわれています。

けれども自我意識も自意識も「自分」という感覚から生じている点においては両者は同じになります。

この肉体の塊に「感覚」が生じているため、「自分」という意識が生じていたりします。
「自我意識」「自意識」

で、実はこれこそが「自分」の正体だったりします。感覚に基づく存在感

感覚が生じている皮膚につつまれた肉の塊

ところが本当は、皮膚につつまれた肉の塊が、ただ連続して変化し続けている姿だったりします。

この肉体は常に変化し続けています。
ゆっくりとですが身体は老いていきます。
変わってゆく。

ここには固有の実体はありません。固定した「自我意識」「自意識」は存在しません。
ただ常に変化し続けています。

5分前、昨日、1年前の自分は似ているところがあっても違っています。

固有の自分なんてありません。神経による感覚が生じる、皮膚に包まれた閉じた肉体。

考えも止まること無、く巡り続け、細胞は分裂し、生命活動を連綿と続けています。

ただ、ただ、連続し続けている。
それが「自分」だったりします。

感覚・思考・感情に巻き込まれて自意識は生まれる

けれども皮膚におおわれ、その皮膚に覆われた肉の塊に「感覚」があるため、この肉の塊を「自分」としてみなすようになっています。

もしも・・・
感覚が無かったら?
思考が無かったら?
感情が無かったら?

もしかすると、この肉の塊を「自分」とみなさないかもしれません。

感覚・思考・感情に巻き込まれているからこそ「自分」という感覚が生じるのでしょう。

で、こうした自意識から離脱していくのが「いまここ」「あるがまま」といった自然体による意識の有り様とアプローチだったりします。

この方法がツボにはまると、ゆっくりと「仮の自己」からの離脱が起きるといわれています。

で、これこそが悟りの技法ですね。

エゴ(自我意識)が肥大すると気づきにくくなる

人間とは一定しない変化し続ける存在です。が、こうした変化の中、心が悪くなっていくことがあります。

悪い方向へ変化していく場合ですね。
こういうことは起きることもあります。
堕落、退廃というのが、これです。

人間は弱いものです。魔が差したり、誘惑にかられるとエゴが肥大します。

少しずつエゴが肥大していくと、その変化を見逃すときがあります。ゆっくりと進んでいくと、気づきにくいこともあります。「ゆでがえる」状態ですね。

少しエゴ(自我意識・自意識)が肥大し、また少しと肥大していく。まさに「ゆでがえる」。

気がついてみると、とても大きなエゴに。

でも変化が小さかったため、それに気付きにくい。自分でも自覚できずに、エゴが大きくなってしまっている。

欲望もそうです。

慚愧という反省心は自己観察

だからこそ自分を省みるということが大切なんですね。「反省心」です。

しかし「反省」といいますと、自分を責めるニュアンスで受け止めるケースも目立ちます。

違うんですね。

反省とは、自分を責めることではありません。自分を「攻める」ことでもありません。

そんな「自虐的な反省」は、むしろ精神に有害です。自分の心を「悪化させていきます。汚染させていきます。

そんな自虐的な反省ではなく、本当の反省が大切です。それを「慚愧(ざんき)」といっています。

本当の反省の感覚です。
これが大切。

で、この本当の反省である慚愧こそ、まさに「自己観察」だったりします。

慚愧という心が大切

慚愧とは「慚(ざん)」と「愧(き)」とが一緒になった言葉です。

・・・悪いことをするのは恥なんだ
・・・悪いことはヤバいんだ怖いんだ

という心です。

一言でいいますと、「ヤバイよヤバイよ、悪いことはヤバイよ」という感覚ですね^^;

タレントの出川哲朗さんが言っている「ヤバイよ」とは意味が異なりますが、言葉そのものは同じですね(笑)

要するに「悪を恥じて、おそれる心」なんですね。

慚愧は小さな悪も見逃さない

慚愧があれば、小さな悪い変化も見逃すことは無くなるといいます。

慚愧とはまさに「反省」
「慎み深い」ともいえますね。

慚愧にしても慎み深さにしても、これらは日本人の美徳の一つといわれています。厳密にいえば、本当なのかどうかはわかりません^^;
しかし大事な美徳です。

反省。
慎み深さ。

慚愧と言わなくても「慎み深く」あれば、大きな過ちや、とんでもないことをすることは少なくなると思います。

仏教で「慎み深い」ことを大切にするもの、実は大切な知恵だったりします。

人は過ちを犯すこともあるから反省心が大切

しかし人様のことを、あーだこーだとは言いにくいものです。自分を棚に上げることはできません。

人間ですので過ちを犯してしまうときもあります。愚かなことをやってしまう時もあります。

また娑婆世界で生きている私たちは、理想的な生き方は難しいものです。小さな悪をしながら生きていかざるをえません。

だからこそ「慚愧」

「反省」
「慎み深さ」

これを意識して自分を振り返る。

反省、慎み深いとかいいますと、昨今ではマイナス思考とか言う人もいますが、そうではありませんね。

大切な美徳です。

あるがまま(マインドフルネス)のおすすめ

と、話しが少し脱線しましたが、人間は固定した存在ではないということですね。

常に変化しています。
変わり続けている。

心も、思考も、感情も。

で、こうした変化している肉体の塊を「自分」とみなしてしまうからこそ、苦しんでしまうといわれています。苦しみの原因ですね。

だからこそ「あるがまま」「ありのまま」「いまここ」といった現在に意識を向けてゆく生き方が推奨されるんですね。

「マインドフルネス」ともいわれています。けれども日常生活の中に取り入れていく価値や意義はあります。

あるがまま(マインドフルネス)で超自我をも超えた真我に啓ける

しかし「あるがまま」「マインドフルネス」は簡単に見えて奥の深い有り様です。

普通に観察をしていれば、それは「超自我」になるだけです。健全に育ってきた人の多くが持っている「客観的な自分」ですね。

しかし超自我は、観念の産物です。思いの世界の観念・価値観・概念です。これが意識化されたものです。このことを「第四図世界」の産物という言い方もできます。

おすすめのマインドフルネス本:光の中のマインドフルネス

「あるがまま」「ありのまま」「いまここ」で啓(ひら)かれてくるのは超自我ではない「自分」です。

これこそが宇宙意識とか真我と呼ばれる状態です。超自我でもなく、解離でもなく、全く別な意識に啓(ひら)かれていった状態。このことを「第五図世界に啓(ひら)ける」という言い方もできます。

自我意識の問題・障害とは、いわば「第四図世界」における自我意識のことだったりします。だから問題が出てきますし、障害とみなされる現象も起きてしまいます。

ところが第四図世界を超えた第五図世界に啓かれていきますと、自我は必然的に安定し健全化していくようになります。

これがいわゆる「善」とか「徳」にかなった有り様だったりします。道徳や宗教で教えている状態ですね。

慚愧を伴う自己観察である「いまここ」を意識していますと、心が悪化したりすることは、ほとんど無くなっていくと思います。

むしろ良くなっていくでしょう。
そうして健全な自我意識、自意識が自ずと形成されていくようになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です