自分を知り自分を磨くためには「異熟」を知る

「異熟」とは、前世における死の刹那に形成された「来世の種(因子)」であり、
その人を形作る重要なファクターとなっていきます。

そんな「異熟」ですが、実は、その生涯における
幸福感につながる心でもあったりします。

簡単かつ、わかりやすく言ってしまいますと、
自分の「異熟」に沿い、「異熟」を活かした生き方が、「幸福感」につながっていきます。

逆に、自分の「異熟」を抑え込んだり、無いものを求めたりすることは、
大変なストレスになったりもします。

ですから、世間での価値観、ものさし、常識で判断する以前に、
自分の「異熟」に合致する生き方がおすすめになるわけです。
なぜなら、その人自身の幸福感につながっていくからです。
簡単明瞭な原理原則です。

よくスピリチュアルの世界では「自分探し」といっていますが、
これが真我探求なら別ですが、「自分」というのが「異熟」であることが、
案外多かったりします。

ですので、通俗的にいえば、
自分の「異熟」を知ることこそ、自分を知ることにもなったりします。
このことは、そんなに難しいことでもなかったりします。
自分の幼少期をふり返れば、見えてくるからです。
 

常々、「世間での価値観や常識なんぞにや、振り回されるな」と
周囲にも言っていますが、これなんぞは、まさに「異熟」的発想があるからです。

もっとも、世間の価値観や常識と、自分の「異熟」が一致している方もいます。
こうした方の場合は、世間の価値観や常識を云々することはあまり無いのか、
あるいは、こだわりそのものが少ないこともあります。

ただ、いずにせよ、自然であることが望ましくなります。
ゴチャゴチャとした余計なことを考えたりしなかったり、
要らない望みを多く抱えないことですね。
 

ところで、周囲と軋轢(あつれき)を生み出す趣味や嗜好、
あるいは犯罪につながるような「異熟」を持っているケースは厄介です。

これは陶冶(とうや)する必要がでてきます。
それこそ、スパルタ式ではありませんが、矯正するとか、
そのエネルギーを社会問題とならない方向に仕向ける必要も出てきます。

しかし、ほとんど多くの場合は、問題の無い「異熟」ですので、
その人なりに、素直に生きていけば、それでよかったりします。
基本的には。
 

良き「異熟」とし続けるためには、良き行為、良き考え、良き言葉を
続けていくことになります。

このことは、仏教で言うところの「五戒・十善戒」だったりします。
だからこそ、「五戒・十善戒」が重視もされていくわけですね。

平たく言えば、「五戒・十善戒」を何故、守るかといえば、
「よき状態の異熟を形成するため」ということであって、
これがそのまま、自分の幸福や幸福感につながるからです。

「五戒・十善戒」は、幸福を感じやすい、また幸福となる
長期視点に立った、シンプルかつ核心的な実践行だったりします。

決して道徳的云々というような、
訓戒的な意味合いではなかったりします。