悩んだときには世間一般の常識で考えないこと~常識が苦しみを増す

常識が苦しみをもたらし拍車をかけるときがある

よく思うのが、
「世間一般の常識は当てにならない」
「世間一般の常識に振り回されるな!」
ってことでしてね。

いえね常識は大切です。
大事ですよ。

しかし、悩んだり、苦しんだりしているときは、
この手の常識が障害になることがあるんですね。

端的にいえば、苦しいとき、どうしようもない状況にあるときは、
この手の「一般常識」が、実は、苦しみに拍車をかけるんです。

たとえば、
・学校を卒業したなら就職しなければならない(就職浪人は許せない)
・夫婦は仲よく、よい家庭を作らなければならない(離婚はよくない)
・男は、仕事を持って、家庭を持たねばならない(それが当たり前だ)
・子どもは、まっすぐに育たないのは、すべて親が悪い(昔から言われている)

などなど。
こうしたことは、安定した社会を作り、モラルを守る上でのガイドラインになります。
社会が安定していくためには、望ましいことではあったりします。

しかし常識は絶対ではないんですね。
絶対にそうあることではないんですよね。
人によっては、満たされない場合もあります。

しかも、何か問題が起きたときは、こうした一般常識やガイドラインは、
いたずらに当事者を苦しめてしまうことになりがちなんですね。

世間と比較してしまい、いかに自分がみじめなのかを
確認するだけの作業になってしまいます。

常識という観念が苦しみをもたらし、増してしまう。
で、絶望してしまって命を絶ってしまうことも。
案外、このケースが多かったりします。

困ったり悩んだときは世間一般の常識に振り回されないこと

常識と比較するのは止めたほうがいいんですね。
ムダな作業です。
ムダどころか、自分を痛めつけてしまいます。
こういうのは止めたほうがいいんです。

常識などは、観念に過ぎないとして、
こういうときは、かなぐり捨てる、無視するくらいでいいいんです。
こうしたことの大切さは、意外と知られていません。

ですので、悩みや問題解決の際は、

無闇に常識に照らそうとしない!

というのが大事。
で、とにかく、自分にとって最適な答えを出すことなんです。

その答えは、それこそ世間一般の常識とは違うかもしれません。
が、それでもいいんです!
とにかく、問題を解決させる、答えを出すことなんですね。

自分なりの最適解を出さないのが一番マズい

一番マズイのは、解決しないで、煮え切らないまま
いつまでもグズグズとしていること。
これが一番マズい。

いたずらに時間を費やし、問題を先延ばしにして、
結果的に被害を大きくしていまいます。
人生の損切りができない状態。

悩みや問題は、具体的に解決するための策を講じませんと、
いつまでも苦悩が続きます。
状況によっては心身にダメージを与え続けてしまいます。

DVの場合は離婚が最適解

たとえばDVなんかはそうですからね。
DV夫にしろ、DV妻にしろ、DVは治りませんから。
ええ、治りません。

なので、DVとわかれば、即離婚がおすすめ。
その後の経済的なこと云々といって迷っていたら、
母子ともに苦しみ続けます。
子どもも影響を受けて、思春期になったときに、
グレてしまうことも出てきます。

DVに関しては、問答無用で離婚です。
経済的なことが心配で結婚生活を続けていたいなら、
もうゆっくりと自殺するつもりで腹をくくる覚悟も必要ですからね。
そういう性質なんです。

どうしてこうなってしまったんだろう。
前世の業なのか、
私が悪かったんだろうか・・・

いろんな思いが錯綜すると思いますが、
まずは危険な状況から逃げ出すことが先決ですね。

で、後のことは、逃げた後、考えることですね。

いやいや、先の先まで考えて云々
なっていると、いつまで経っても苦しい状況が続きます。

職場でハラスメントを受けているなら異動・休職・退職がおすすめ

これは仕事も同じです。
職場でハラスメントを受けているなら異動・休職・退職がおすすめです。

が、中には、意地悪されたりして、うつ病になっているにも関わらず、
その仕事にしがみついて辞めようとしない人もいます。
これはマズい。

精神が追い込まれるくらいな場合は、
異動か、休むか、辞めるかのいずれかでしょう。

やせ我慢して、鬱になって病んでしまと大ダメージです。
うつ病は、放置しておくと、精神の回復が難しくなります。
初期の段階であるなら完治できます。
が、放置して長引くと、慢性化してしまう場合があります。

こうなってしまうと、治るのが難しくなります。
で、うつっぽい性格が天性のようになってしまいます。
これじゃあ大変です。
やはり治すときには治す。
初期の段階でしっかり治すことですね。

苦しみ悩みに対していたずらに我慢し続けないこと

いろいろな考えもあると思いますが、
まずは自分をいたわり、痛めつける環境から離れることが大事です。

昭和の「ザ★ど根性」世代に育った人ほど、
こうした考えを受け入れることができない洗脳に染まっています。
が、心身がヤバいときは、すたこらサッサと逃げるが勝ちなんですね。

苦しいとき、困った時は、まず解決策を求めることですね。
・勉強・・・その悩み、問題に対する対策、対応、改善方法を調べる
・相談・・・誰かに聞いてアドバイスをいただく
・決意・・・解決策がみつかったら実行する

で、常識に照らし合わせないで自分なりの答えを見つけることですね。
最適解を見つけ、実行に移すことです。
これが大切なんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です