山里亮太と蒼井優とが結婚~山ちゃんは容姿コンプレックスを克服した

驚きの山里亮太さんと蒼井優さんが結婚

そういえば、お笑いタレントの「南海キャンディーズ」の
「山里亮太」さんこと「山ちゃん」と、女優の「蒼井優」さんが結婚発表しましたね。

◎山里亮太と蒼井優の惚気エピソードに共演者が悶絶 「待ってる人がいる」
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12160-305651/
◎山里亮太・蒼井優結婚会見が物語った互いの「理想の相手」
https://www.news-postseven.com/archives/20190612_1390408.html

いやあ、驚き。
マジで驚き。
ドウナッテンノ?と。

山ちゃんって、自他ともに認める
イケてない男の代表格。

が、かなりの努力家みたいですね。
しかも、コンプレックスを逆手に利用していると。

ま、イケてないからこそ、内面を磨くようになったんじゃないんですかね。
おそらく、そうだと思います。

で、こーゆーのって素晴らしいですね。

容姿にコンプレックスは誰もが持っている

時々、容姿にコンプレックスを持って、
すんごくひがんでしまって、性格がバッドになってしまう人もいます。

が、実は!誰もが自分の容姿の「ココがいやーん」って
思っているんですよね^^;

どんなちょー美人でも、イケている男でも、
誰もが「容姿コンプレックス」を持っているという事実。

これマジなんです。
だから、容姿コンプレックスを持つのは、ある意味当たり前なんですね。

容姿で悩むのは、ある意味「ナンセンス」だったりします。
てか、自分の本心や動機が充分にできていない表れだったりします。

自己観察は大切なんですね。
中でも動機。
本心。
これを観察することが大事です。

怒りの心が「自分嫌い」を生み、貪りの心が「自分好き」を生み出す

で、人は誰でも「自分のここがイヤーん」って思っているわけなんですね。
が、一方で「自分大好き」。
だから罵られると、ふんがーって怒り心頭になるわけですね。

で、
怒りの心が、「嫌い」「イヤ」という心を生みます。
貪りの心が、「自分大好き」「自分守る」の心を生み出します。

これらの心が、そのまんま自己評価につながっているわけですね。
自己評価は、自分の心のあらわれそのものだったりします。

だから、怒りなり貪りが強いと、
劣等感が強くなったり、反対に、傲慢になってしまうわけですね。

劣等感(コンプレックス)と傲慢さは、常に背中合わせです。
怒りや貪りが強いと、必ず劣等感と傲慢さも途方も無く強くなります。

慈悲とほどこしの心が怒りと貪りの特効薬

で、これらの両方の心を陶太したほうがいいんですね。
そのためには、
・慈悲の心
・ほどこしの心

この2つがおすすめです。
この2つの心が、怒りと、貪りの心を封じる特効薬なんです。

慈悲とほどこしを徹底的に続けていけば、
怒りと貪りの心を軽減していくことができます。

「あるがまま」は怒りと貪りを超越する

さらにいえば、怒りと貪りを超越するのが「あるがまま」
「あるがまま」から生じる慈悲や智慧ですね。
「あるがまま」は最高の特効薬です。
「あるがまま」から開けてくるふくよかな領域があります。

が!仮に、こうした領域に開けても、意識は二重構造。
イヤ、スキ、ふんがー!となったりしながら、
心はとめどもなく動き続けます。

ただ!こうした構造がスグにわかるといいますか、
常に見えているんですね。
ここが違うんですよ。

で、これを「巻き込まれていない」というんですね。
ここがわかるようーになるのが第一歩なんです。
専門用語では「名色分離智」といいます。

山ちゃんのホロスコープには際だった特徴があった

で、なんの話しでしたかな^^;
そうそう、山ちゃん。

山ちゃんって、大金星ですね。
べっぴんさんの「蒼井優」さんをゲットしたんですからね。
大したもんです。
 

で、山ちゃんが気になったので、ホロスコープを見てみました。

生年月日は1977年4月14日 千葉県

で、驚いたことに、金星と太陽が高揚。
スペシャルな輝きを放っています。

金星が高揚っていうのは、配置にもよりますが、
恋愛運がメチャよくなる可能性があるんですね。

しかも太陽も高揚していますので、男気あふれる性格を
している可能性もあります。

で、調べてみると、結構、男気あるんですね。

◎これは惚れるわ…山ちゃんの明かされた「男前対応」が素敵すぎる
https://matome.naver.jp/odai/2155996092564398501

なーるほど。
内面に輝くものがあるんですね。

自分磨きをし続けた山ちゃん

ただ山ちゃん、デビュー当時は、すっごく嫉妬深そうな感じだったものです。
あっしは、このメラメラと地獄で萌えるかのような紅蓮の炎に
抵抗感がありましてね^^;

なんか、こう、一生恨まれそうな執念深さを感じて、
あんまり好きなタイプじゃなかったんですね。

で、たぶん本人も、それを自覚して、嫉妬深い性格を
なんとか転じようと努力したんじゃないかと思います。

が、最近の写真を見ると、以前よりスッキリしています。
かなーり努力とかしたんじゃないかと思います。

自らの内にある「嫉妬心」を軽減し、
内面的にイケている男を目指したんじゃないかと。

たぶん、そんなところだと思います。

で、そういう努力を重ねている中、
モテ期がやってきて、蒼井優さんとゴール。

たぶん、そんな塩梅じゃないかと思います。

努力は恰好いい

もっとも芸能人の結婚って、3年くらい経つと離婚することもありますからね。
また、美人と結婚できることが、単純に素晴らしいというわけでもありません。

が、ただ、こうした一つのラブリー&ハッピーな物語を迎えるにあたって、
山ちゃんの陰ながらの努力といいますか、精進があったんだろうーなー
と思うわけですね。

で、そんな努力って、やっぱり恰好いいじゃん、
ってシンプルに思うわけですね。
いいじゃん(*´∀`*)

ま、この先、どうなるかは別にして、一つの物語として、
いいですね。

おめでとう!
でやんすよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です