光る身体・細胞~丹田光、梵天の神々、禅定、心の浄化

人間の能力にはまだまだ未知なる部分があって、
実に精妙に出来ているところがあったりします。

中でも「細胞が光を放つ」というのは摩訶不思議なこととして、
眉唾に思われかもしれません。

しかし、細胞が光るというのはまんざらでもなく、
ゆる体操の高岡英夫さんは、
幼少の頃、自分の体が光っていたといっています。
この本に書いてあります。

怪訝に思われるかもしれませんが、
身体は発光し、中でも発光しやすい部位もあったりします。

身体が光る~丹田光、ニミッタ、明けの明星

身体のうち発光する部位で有名なのは「丹田」でしょう。
いわゆる「丹田光」です。

丹田呼吸をしていくと、
丹田の辺りから光が出ていることがわかるようになります。
 

同じように、テーラワーダ仏教では
有名なアーナパーナサティもそうです。

この瞑想を続けていると、
「ニミッタ」といわれる光が目の前に現れます。

「宇宙人の魂を持つ人々」の著者スコット・マンデルカー氏も、
若い頃、タイで長期間、瞑想修行をし、
鼻の先に光りの玉(ニミッタ)が出てくるようになったことを、
その著書で述べていますね。

ワンダラー「宇宙人の魂をもつ人々」スコット・マンデルカー~前世療法と天使・天人の前世が影響を及ぼすケース


 

あと、日本の真言密教の開祖・空海も、
若い頃に、虚空蔵菩薩法を修行していたときに、
その瞑想修行が完成したときに、
「明けの明星」が口の中に飛び込んできたといっています。

おそらく、これもニミッタの一種ではないかと思いますね。

ちなみに、空海が修行していた虚空蔵菩薩法は、
マントラを使った禅定に至る瞑想修行です。
 

身体の発光現象はあります。
決してオカルトではないんですね。

身体の発光現象にはアストラル次元の光もある

丹田光にしても、ニミッタにしてもそうです。
空海の「明けの明星」もそうです。
 

ちなみに、こうした「光」は、
イメージでそれらしいものを想像して生み出すことはできます。

しかし、意念を使った「イメージ光」は、
実は、よろしくなくないんですね。

なぜなら、その光は、マインドで作った産物だからです。
マインドで作った光は、アストラル次元の現象になりますので、
いわゆる「魔境」になります。
後で厄介なことになることも少なくありません。
 

意志(マインド)の力で発光させるのではなく、
長い間、地道に修練していく中で、
次第に、自然に出来てくるのがよろしくなります。

結局、身体の発光現象には、気、エネルギーが関係していて、
その源泉はクンダリニなるのではないかと思います。

梵天という禅定(ジャーナ)に入り四無量心にあふれた色界の神々は光っている

身体が光るということは、実は、興味深いことでもあります。

仏教には梵天(ぼんてん)という神々がいらっしゃいます。
梵天は、「神々を超えた神々」といわれています。

通常の神々は、人間に近い存在だったりします。
オムネク・オネクのような意識の高い金星人らもそうですし、
どこか人間と同じ所があります。
 

しかし梵天になりますと、通常の神垣(天人)とは異なります。
禅定(ジャーナ)といった深い精神統一の状態に入っていて、
「四無量心」といった愛に満ちあふれつつ、
とても浄らかな心の状態のまま存在しています。

いわゆる「ワンネス」とい言われる世界が、この梵天の世界になります。
統一感、境界の無さ、高揚し、愛に満ちあふれた世界です。
 

ちなみに人間が、ワンネスを体験すると、
その後の価値観や物の考え方は一変します。

禅定に入った梵天の神々は、身体より光明を放つ
「少光天」という高貴な神々もいらっしゃいます。

身体が「光」というわけですね。
禅定の世界の梵天は、光輝いているというわけです。
 

ですので、実のところ、人間も心が浄まり、心が発達していきますと、
身体から光が出るようです。

実際、禅定に到達した人は、
身体より高貴な光が出ているといいます。

心を浄めることで身体は発光する~五戒と慚愧の実践が基本

「身体が光る」という話しになると、眉唾のようですが、
心を浄めていくと、発光することがあります。

心浄めることの第一歩は、仏教的にいえば「五戒」という、
シンプルなルールになります。
 

五戒とは、
・生き物を殺さない、
・与えられていないものを取らない(盗まない)、
・嘘を付かない
・不倫をしない
・酒を飲まない

になります。
 

そして、五戒の前提になるのが「慚愧」というもので、これは

・慚(ざん)・・・悪いことは「恥ずかしい」と思う心
・愧(き)・・・・悪いことは「おそろしい」と思う心

この2つであるといいます。
 

慚愧の心があれば、人は悪いことをするのが減り、
必然的に心が浄まっていくようになります。

慚愧というのは、言葉を変えれば「デリカシー」になります。
細かいところにも気が利き、
気配りのできる感性でもあったりします。
 

微細な世界に入っていくためには、
慚愧の心と、
この延長にある五戒の実践、
そして、瞑想修行を続けることで、成し遂げられていくようです。

決して瞑想や気功といった「技術」ではなく、
実に「心を成長させる実践」がポイントであるといいます。
 

慚愧や五戒といいますと、
今の時代の流れに逆行していくかのようでです。

生きづらくなったり、世間を狭めるように
感じることもあるかもしれません。

しかし、意志を強く保ち、道を志していきますと、
いろいろと得られることが出てくるようです。

ストイックにではなく、お気楽に、ゆるりとしたスタンスで、
進んでいくのが良いようです。