「ヒューゴの不思議な発明」はつまらない?~映画を楽しむポイントとは?

映画「ヒューゴの不思議な発明」

映画「ヒューゴの不思議な発明」。
日本では2012年に公開された映画ですね。

映画『ヒューゴの不思議な発明』予告編

ブライアン・セルズニックの小説「ユゴーの不思議な発明」が原作。
第84回アカデミー賞で最多の11部門にノミネート。
5部門で受賞。

そういう映画ですね。

映画誕生をリスペクトするオマージュ作品を理解しないとつまらない

で、「ヒューゴの不思議な発明」は、
「運命」とか意味深な番宣になっていて、
ミステリーに思われるかもしれませんが、
それはまったく違います^^;

映画そのものを敬愛する気持ちを「映画化」したものですね。

現代技術では最高峰の映画技術で、
「鮮やかで美しい映像」を見るのが狙いでしょう。

「映像美を愛でる」ための映画です^^;

と、同時に映画が誕生した初期作品へのオマージュです。

「ヒューゴの不思議な発明」は、
いわば映画が誕生したことに
敬意を払った(リスペクト)オマージュですね。

が、この製作意図を理解しませんと、
映画「ヒューゴの不思議な発明」は、
まったく面白くない映画になります。

ええ。
断言していいくらいです。
つまらない映画になります。

「ヒューゴの不思議な発明」は3Dで見ないとつまらない

また「ヒューゴの不思議な発明」は
3Dで見ないと、作品本来の良さが分かりません。

レンタルで借りて2Dで見ても、面白さは半減します。
といいますか、作り手の意図が分からなくなります。

「ヒューゴの不思議な発明」は、
映画そのものへのオマージュです。

20世紀前後に誕生した映画。
最初は無声映画でしたね。

3Dで見ることで、初めて製作の意図が理解できる映画です。

「ヒューゴの不思議な発明」は映画そのものへのリスペクト作品

結局、「ヒューゴの不思議な発明」とは、
映画を愛する人が作り、
映画を愛する人のための、
映画への愛にあふれた映画なんですね^^
映画そのものへのリスペクト作品です。
ここを理解する必要があったりもします。

では、映画へのリスペクトとなっているシーンはどれでしょうか?
それを解説したいと思います。

映画史初のフィルム「リュミエール兄弟の機関車ををリスペクト(1895)」

まず「リュミエール兄弟の機関車」ですね。
wikiにもありますが、これがリュミエール兄弟の機関車の動画です。
世界初の映画です。

「The Lumiere Brothers’ – First films (1895) 」
これですね。

◎リュミエール兄弟
◎リュミエール兄弟の最初の短編ドキュメンタリーフィルム

「ヒューゴの不思議な発明」では、
このリュミエール兄弟の機関車の映画が挿入されています。

まさに「映画を愛し、映画へのリスペクト」が出ている演出です。

月世界旅行 (1902)ををリスペクト

そしてこの直後に出た、誰もが一度はチラっとてでも
見たことのある「月世界旅行」。

「月世界旅行」 (1902)
ジョルジュ・メリエスの代表的な作品ですね。

◎月世界旅行&メリエスの素晴らしき映画魔術オフィシャルHP
◎月世界旅行 (映画) – Wikipedia

で、「ヒューゴの不思議な発明」には、
登場人物として、ジョルジュ・メリエスが登場しています。

いやあ、なんとも温かい設定です。
映画への敬愛、感謝の気持ちがあふれていますね。

ですが、映画史が少しわかっていないと
醍醐味は薄れると思います。
てか意味不明になるはずです。
さっぱりワカラナイといったことにも^^;

しかし「ああ、映画の歴史、映画そのものへのオマージュなのだな」
と気付くと、面白さが倍加します。

旧い映画を3Dにすることで蘇らせる演出がニクイ

「ヒューゴの不思議な発明」は、最先端の3D作品です。
技術的には、映画史の中でも最高の頂点に達しています。

「ヒューゴの不思議な発明」の映画の中には、
20世紀前後に誕生した黎明期の名作が出てきます。
しかも3Dで。

なんともジーンと来ます。

映画が誕生した頃は、当時の技術が世界一でした。
ですが、今から見れば、チープな技術です。
でも当時は最高峰でした。

今から見れば、取るに足らない映画を3Dで再現させて、
新しい息吹きを与えています。

モノクロのあの映画が、とても新鮮です。

今では誰も見向きもしないであろう古き時代の映画作品を、
3Dにして、現代の私たちにも面白く見せようとしています。

なんとも温かい。

制作者の温かい思いやりを感じます。
古きものに新しい命を与える。
過去の名作を3Dで蘇らせています。

このことを、映画の中ではメタファーとして
「壊れた機械仕掛け人形」になぞらえています。

映画では「壊れた機械人形」を修理して、
それが思わぬ展開を見せて、ハッピエンドに導きます。

古き時代の映画を3Dで見せる = 壊れた機械人形を直す

もっと言いますと、

・古き時代の映画を、3Dで見せて、観客を楽しませる。

・壊れた機械仕掛け人形を、少年が直して、映画の草分け的ジョルジュ・メリエスを幸せにする

こういう関係があります。

メタファーですね。
ひっかけています。

うーん、ニクイ演出です。
なんとも奥ゆかしいといいますか。
映画を愛する制作者らの気持ちが伝わってきます。

「ヒューゴの不思議な発明」は、優しさと思いやりに満ちた作品です。
監督の映画への愛情、建設的な考え方がよく表れています。

3Dで見てこそ「ヒューゴの不思議な発明」の良さがわかる

作品の内容も、嫌味がなく、気持ち良いものです。
3Dで見ると、まさに「芸術」でしょう。

素晴らしい色彩感と3Dの見せ方。
「映画は映画館で」と言わんばかりの映像描写ですね。

2Dでは、面白さが半減しますが、
そこは想像で補うと、醍醐味が分かります。

2Dでも、色彩の美しさ、センスの良さが分かるかと思います。

「ヒューゴの不思議な発明」は、
映画を愛する温かい心意気に貫かれた
映画愛好家らしい作品です。

故きを温ねて新しきを知る

それと同時に、伝統を大切にする気持ち。
尊敬し、大切にする気持ち。

先人達の努力や活動に敬意を持つことはとても大切です。
歴史を織りなす中で、私たちもその一コマです。

そして、この一コマを、子孫に渡していきます。
私たちは、一点ではありませんね。
連続した中での存在です。

そして人は亡くなった後も連続していきます。

時間的にも、空間的にも、
人は関連性の中で生きています。

「ヒューゴの不思議な発明」は、
時間的な連続性の中で生きる人間が、
相互に関連していることへの思いを気付かせる内容ですね。

伝統を大切にすることは、決して古くさいことではなく、
むしろ感謝の気持ちの表れであったりします。

「故きを温ねて新しきを知る」。
「ヒューゴの不思議な発明」には、
そんな精神があったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です