真正のインディゴチルドレン・クリスタルチルドレンと、偽物のケースとは区別する必要がある

スピリチュアルでは、
・インディゴチルドレン
・クリスタルチルドレン
とか、そういう言い方をしていますね。
「新時代を開く子ども達」であると。

が、この概念は、アメリカのスピリチュアリストであり、心理学者でもある
ドリーン・バーチューが提唱したものなんですね。

ええ、昨年、引退したドリーン・バーチューです。
この前も書いたドリーン・バーチュー。

しかし彼女は、別段、能力者でも何でもないんですね。
スピ好きな人だったようですね。
 

で、インディゴチルドレンやクリスタルチルドレンとは、
その本質は、天人や天女のことなんですね。

が、インディゴチルドレンやクリスタルチルドレンは、
かなり歪曲された意味で使われています。

中には、使命を帯びて地球に転生してきているインディゴチルドレンや、
クリスタルチルドレンもいるとは思います。
 

しかしスピの界隈では、不遇な自分を正当化するための口実として使われている向きもあります。
もっと言いますと、不健康な精神状態にある方が、「言い訳」として使っている節もあります。

どこかズレていることがあるんですね。
いわゆる真正の乖離(かいり)状態になっているケースです。

◎無自覚のまま乖離して逃避・耽溺・夢中になることの危険性
◎瞑想ができない理由は「乖離(かいり)」
◎間違ったやり方のマインドフルネス~視点を他に置く分離意識は危険

精神的に傷つき、病的になっている状態を、
インディゴチルドレンやクリスタルチルドレンであると言うことで、
自己のアイデンティティを確立していたりもします。
コンプレックスを慰める都合のよい概念として使われていることが多いんですね。
 

少々手厳しい言い方になってしまっていますが、
こういう状態を続けていますと、ますます魂が劣化していくようになりますのでね。

事実に向き合うことが苦しいとしても、妄想を抱き続けることは、
お止めになるほうが、長い目で見れば魂の成長につながります。

重篤な乖離した状態が続けば続くほど、それが習慣となって、
軌道修正が大変困難になってしまいます。

実際、そういうケースを見ていますし、
そうなってしまいますと、とにかく改善や修正が困難になります。

実質、不可能になることもあります。
 

インディゴチルドレンやクリスタルチルドレンといった概念は、
もっと健全な人が言うならばわかります。
もし逃避のツールとして使っているならば、
それはお止めになったほうがいいですね。

きちんと自己観察をして、自分の心を見つめ、
その本心に気づくことが大切ですね。
 

ちなみにインディゴチルドレンやクリスタルチルドレンに該当する
天人・天女の生まれ変わりは、YouTubeに上がっている子ども達にも見らます。

◎胎内記憶と天人から生まれ変わる記憶を持った女の子の動画
◎天人の生まれ変わりの特徴

こうした子どもは、もっとノーマルで、やさしく、思いやりのある明るい存在です。
地に足の付いたリアルなことでもありますね。

浮き世離れし、どこか上の空のような状態になったケースとは
まったく異なりますね。

真正のインディゴチルドレンやクリスタルチルドレンもいらっしゃいますが、
そういうケースと、精神を病んだ状態とは違うことは区別しないとなりませんね。