ヒーラーを選ぶ際の注意点

ヒーラーを選ぶ際の注意点

ヒーラーを選ぶ際には注意点がありますね。

というのもヒーリングを受ける際に、ヒーラーが持っている固有波動の影響を受ける場合があるからです。

そもそもヒーリングは
・マグネティック・ヒーリング(肉体レベル)
・アストラル(霊的レベル)
・スピリチュアル(創造主・宇宙意識・真我レベル)

の3つに分けることができます。
このうち、マグネティック・ヒーリング(肉体レベル)では、ヒーラー固有の波動が伝わってきます。

なのでそのヒーラーが、どういう波動状態なのかが大事になってきます。

ヒーラーの性質はどうなのか?

もし、そのヒーラーが
・暗い
・重たい
・よどんでいる
という方だったら避けましょう^^;

その感じは、そのヒーラーの次元の低さを表しています。低層アストラル界とリンクしている場合もあります。

良いヒーラーは
・明るい
・かるい
・さわやか
というのがおすすめです。

こうした感じのヒーラーは、高次元とつながっていることが多くなります。

創造主・宇宙意識・真我につながったヒーラーか?

また、そのヒーラーが、本当に創造主・宇宙意識・真我につながっているかどうかは大事です。

本当に創造主・宇宙意識・真我につながっている人は、
・悟り体験をしている人
・クンダリニー覚醒している人
・禅定(サマディ)に達している人

こうした人になります。

で、こうした人でありながら、上記の
・明るい
・かるい
・さわやか
という感じのヒーラーがおすすめになりますね。

テクニックを使ったヒーリングもあるが

最近ではいろんなヒーリングがあります。
イメージ、マントラ、シンボルを使ったヒーリングもあります。

数日の講習を受けてできるようになるヒーリングもあります。わりとインスタントです。

またヒーリングにも、
・宇宙や外気からエネルギーを取り入れている。

・創造主・宇宙意識・真我につながってエネルギーを取り入れている。

・天使・神霊につながってエネルギーを取り入れている。

というのもあります。

しかし、そう「思っている」だけで、本当に宇宙や外気、創造主・宇宙意識・真我、天使・神霊につながっていない場合もあります。表面意識でそう思っているだけ。

本当につながっていないヒーラーのヒーリングを受けると、その本人の個我のエネルギーの影響を受けてしまうことも出てきます。

大事なことは、そのヒーラーが、無意識レベルまでに創造主・宇宙意識・真我とつながっていることなんですね。

しかし大概は、無意識レベルまでにつながっていません。

ヒーラーは悟り・クンダリーニ覚醒・禅定レベルがおすすめ

無意識レベルまで創造主・宇宙意識・真我につながるためには、

・悟り体験・真我体験・一瞥体験をしている人
・クンダリニー覚醒している人
・禅定(サマディ)に達している人

こうした人である必要があります。

ですので、悟った人・真我体験・一瞥体験とか、クンダリーニを覚醒した人とか、サマディに達することができるヒーラーがおすすめなんですね。

こうした方は深いヒーリングができますし、ちょっと違います。
宇宙性に深く開けていますので、安全なヒーリングが期待できます。

ちなみに、このレベルのヒーリングでおすすめなのは、時々紹介している北沢勇人先生の天啓気療ですね。
◎天啓気療院北沢勇人 – YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCuom4_TOQ4NgCp75dvoMtRw/

天啓気療はおすすめのヒーリング

清らかで明るい感じのヒーラーを選ぶ

いろんなヒーリングがあって、多くのヒーラーもいます。

で、ヒーラーを選ぶ際の注意点を一言でいいますと「清らかさ」です。清らかさが大事です。

ヒーリングは、よくよく吟味していくことが大切です。

濁った感じ、ドロンとした感じ、暗い感じ、重たい感じ、ツンツンとした感じ、圧倒するような感じなど変な感じを受けるヒーラーは止めたほうがいいですね。

で、ヒーラーであっても「素直さ」「正直さ」は大事ですね。

ヒーリングを受ける側も「素直さ」「正直さ」が大事。

ここには深い意味があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です