アトランティス大陸を大発見か~アフリカのモーリタニア「サハラの目」はプラトン「ティマイオス」の記述と一致

こちらの動画。
よくまとまっていますね。

アトランティス大発見か?!(都市伝説)

素晴らしい。
アトランティス大陸に関する情報です。

プラトンが「ティマイオス」で指摘したアトランティス大陸

そもそも、アトランティスは、哲学者のプラトンが、
著書「ティマイオス」で詳しく言及しています。

プラトンは、紀元前400年頃の哲学者です。
今から約2400年前。

お釈迦さまが生きていらっしゃった頃ですね。
日本では、弥生時代後期。
神武天皇が即位した頃です。
 

で、アトランティスは、今から12,000年前に
海に沈んだ(無くなった)といわれています。

原因は、気候変動だったと考えられています。

アフリカのモーリタニアにある「サハラの目」はアトランティスだった?

で、そんな「アトランティス」が、
実はアフリカの「モーリタニア」の砂漠の中にあったという話しです。
通称、「サハラの目」と言われる場所です。

ここですね(グーグルマップ)
https://www.google.co.jp/maps/

地図の真ん中辺りにある「目」のような形をしたところが、
「サハラの目」ですね。
 

もうちょっと拡大してみましょう。

ご覧の通りです。
まさに「サハラの目」です。
この「サハラの目」が、プラトンの記述と一致するということです。

どういうことか。

「サハラの目」はプラトンの記述と一致する

そもそも、アトランティスは、プラトンの「ティマイオス」によると、
次の特徴を備えた島だったといいます。

・アトランィスは、円形で、陸が二つ、海が3つあった。
 ⇒「サハラの目」は、これを満たす形状になっている。

・アトランィスの大きさは、直径127スタジア(約23㎞)だった。
 ⇒「サハラの目」は、直径約22㎞。

・アトランィスは、北に山があり、西に海があった。
 ⇒「サハラの目」は、この条件を満たしている。

・アトランィスには、ゾウがたくさんいた。
 ⇒「サハラの目」の近くには、ゾウがいた痕跡が残っている。

・アトランィスは、金、銅、鉄が豊富だった。
 ⇒「サハラの目」の近くからはこれらが産出され、主要な輸出品にもなっている。

・アトランティスの初代王は、海洋神ポセイドンの息子である「アトラス」だった。
 ⇒「サハラの目」のあるモーリタニアの初代の王様は「アトラス」だった。

すごい一致ですね^^;
てか、ここまで一致すれば、「サハラの目」はアトランティスじゃん^^;

「サハラの目」がアトランティスを示す証拠はまだまだある

が、さらに、「サハラの目」がアトランティスを示す証拠があります。

・2500年前にヘロドトスが描いた世界地図には、
アフリカ北部は「アトラス(Atlas)」と記載されているんですね。


※引用元:wiki「世界の初期地図」

おっと^^;
確かに、「アトラス(Atlas)」とあります。

で、別の詳細な地図には、「Atlantes(アトランティス)」とあります。
2500年前の地図に。
しかも、アフリカの北部に。
 

で、物証もあります。

・「サハラの目」の周辺には、人工物が見つかっている。

なんと!
 

さらに、・12,000年前に気候変動が起きなかったなら、
「サハラの目」は当時、海抜417mの高さにあった。

で、海抜417mになると、「サハラの目」の辺りは、島になります。

って、これはもう、「アトランティス島」じゃん^^;

モーリタニアの「サハラの目」はアトランティスかな

ここまで証拠?を出されたんじゃ、
モーリタニアの「サハラの目」が、アトランティスでつね^^;

いやはや、すごいですね。
胸アツな情報です。

ま、恣意的に情報がねじ曲げられていなければいいんですけどね。
それにしても、夢の多い話しです。
 

ちなみに、エドガー・ケイシーもアトランティスに言及していますからね。

果たして、エドガー・ケイシーの霊視と、
モーリタニアの「サハラの目」は一致するのか。

興味がありますね。