執着すると苦しみ・不幸になる

執着すると苦しみ・不幸になる

「執着すると苦しむようになって不幸になる」。
このことは、あらゆることに言えます。

いかなる信条・信念・価値観・観念・教えであっても、
それを固持したり、しがみつけば、苦しみを生み出すようになります。

苦しい。
つらい。
居たたまれない。
馴染まない。
嫌だ。
イライラする。
落ち着かない。
不安だ。

こうした感情を引き起こす場合、
何らかの「信条」「信念」「価値観」「観念」を持っていて、
強く握りしめていることが多かったりします。

敬虔な宗教の信者や、何らかのイデオロギーを信奉していたり、
政治信条を持っている方は、案外その信条を強く持っていたりします。

けれども、その「信条」なりと、現実に起きている出来事とを比較すると、
「現実は私の信条と合致していない。嫌だ、認められない、苦しい!」
となってしまいがちです!

おわかりでしょうか?
何かを握りしめれば、現実に対して柔軟に対応できなくなるんです。
苦しみ、悩み、ストレスを生み出すようになります。

現代人にはこれが多い。
何かを強く「信じる」ということは苦しみの原因になりがちなんです。

評価・判断・見解もとらわれると苦しみ不幸になる

これはあらゆることに言えます。
たとえ素晴らしい教えや信条、信念であっても、価値観であっても、
それにしがみつけば必ず苦しむようになります。
聖なる教え、正しいとされている信条のほか、あらゆることが該当します。

「◎◎さんは、ぶっきらぼうだ」
「△△さんは、我が強い」
「□□さんは、さわがしい」
「女房は、だらしないヤツだ」
「夫は、私をかまってくれないつまらない人だ」

こうした「評価」「判断」「見解」もそうです。
こうした評価なりをすること自体、悪くありません。

ただ、問題なのは、こうした「評価」「判断」「見解」なりを、
握りしめてしまうことなんです。
固定した見解を持ってしまうと、途端に現実への対応力が弱くなり、
苦しみを引き起こすようになります。

だから、これらに気づくこと。
を観察すること。
常にチェックし続けていくこと。
そして「いまここ」を行い続けること。
これが大切です。

自分が執着しているものに気づいて手放すことが大切

およそ「苦しい、つらい、居たたまれない、馴染めない、嫌だ」などの
硬く緊張した拒絶の感覚の裏側には、何らかの信条、信念、価値観、観念を
抱き、握りしめていることが多かったりします!

自分が何を握りしめているのか。
これに気づくことは、極めて大切なことですね。

そもそも握りしめていることにすら、気づいていないことが多いものです。
苦しみは自分が何かを握りしめている「サイン」だったりします。

あるがままが大切

宗教やスピリチュアルの教えは有益です。
しかしそれを強く握りしめると、かえって苦しみの原因になります。

だから「あるがまま」なわけなんですね。

手放す。

握っているものを手放す。

そうすると、存在の背後にある不滅の意識に開けて、
感じらるようになってきます。

そこには、やすらぎ感、あたたかさ、至福、エネルギーがあります。
これこそが「本当の自分」。

で、こうなることで、

1.真我・宇宙意識から生じる「善のエネルギー」
・宇宙性の不滅の存在、宇宙意識、大いなる存在から生じる善性、表現
・本来の「善」
・時代に影響を受けない普遍的な善性
・悟りに関係する善

というのが本当の意味で実現されてきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です