土地には陽(プラス)と陰(マイナス)がある

土地には陽(プラス)と陰(マイナス)がある

土地には陽(プラス)と陰(マイナス)があります。ええ。

このことを感じている人もいると思います。どうして、土地には陽(プラス)と陰(マイナス)があるか。

それは

1.霊(アストラル界)からの障りがある
2.風水的に問題がある

というのが理由になります。
しかし厄介なのは霊(アストラル界)からの障りがある場合です。こうした場合、なかなか面倒だったりします。

土地には良いエネルギーと悪いエネルギーとがある

私は東の生まれです。ですので基本的に東の土地が合います。また東のパワースポットが合います。

東の土地というのは、静岡県静岡市を流れている安倍川から東の地域ですね。具体的にいえば関東、東北、北海道ですね。

ですが、良いエネルギーを発している場所ならば西の国でもいいですね。空海が修行した「天川村」は、その一つです。そのことは以前、こちらの「天河神社」の記事に書きましたけどね。ここは素晴らしい。

あと、この辺りでいえば三ヶ日もそうですね。森町もそうです。

残念ながら、市街地、気賀、都田にかけては陰鬱なエネルギーを感じてしまいます。で、どうして陰鬱なのか調べていきますと、意外や意外。

たとえば古墳が多いところだったり。昔、戦乱で多く亡くなっている処なんですね。で、どうやら、そういうのがネガティブなエネルギーを発する原因になっているんじゃないかと。

大勢の人が亡くなった土地はマイナスエネルギーが漂う

で、こういうことを感じ取るようになりますと、不思議な巡り合わせで、然るべき情報がやってきます。

本山博さんの「輪廻転生する秘密」という本を、たまたま購入したのですが、ここに、なんとズバリ答えが書いてあるんですね。

直感していた通りのことが書いてあります。古墳、古戦場など大勢の人が亡くなった土地は殺伐としていると。

で、その殺伐とした空気の正体は、そういう霊がそこにいるからだといいます。アストラルレベルでは、今でも戦い合ったり、墓を守り続けていて、ここに近づく者に害を及ぼすと。

時間というか記憶が、その当時のままで止まっている。当時の記憶と感情のまま、ずーっと戦い続けているといいます。で、そういう念がエネルギーとなって殺伐とした感じを生み出して、マイナスのエネルギーを漂わせるといいます。

さすが本山博さんです。ごもっともです。その通りじゃないかと思います。

アストラル界は無意識のうちに感じている

何年か前から、私もそういうものをよく感じるようになり、アストラル界が実在しているのを感じるようになっています。

と同時に、パワースポットの価値や大切さも感じるようになっています。また神霊が実在し、然るべき人には守護されていることもあったり。「ああ、守護霊や守護神というのは想像の産物でないんだ」と思ったり。

こういうものを感じるようになりますと、世界が広がるんですね。といいますか、世界は複層していて、人は目には見えない世界と深くつながり、ほとんどの人は、それを無意識のうちに感じています。素直な人ほど、そういう世界を感じ取っています。

子どもは霊的な存在を感じやすい

折りしも、今、話題のツィートにこんなのがあります。


まさにこれ。2才という子どもなので、見えたり感じ取るのでしょう。

小さい子どもは、神さまなどの神霊を感じ取ることもありますしね。そういう存在が、ささやいているのを感じ取ったりもします。

しかし成長するに従って、そういうものを否定しはじめます。私も途中からは「そういうのもあるのかもしれない」という含みを持った感慨を抱くようになったものです。

否定することはないけれども、完全に肯定するわけでもない、そんな曖昧な扱いになります。どちらかといえば肯定的でした。しかし実感があまりなかったですね。

でも今では実感があります。知的見解のストッパーが自然に落ち、そういう感性が自然に発達してきた感じもします。

陰の土地はマイナスエネルギーがある

本山博さんが言われていることは、本当だと思いますね。アストラル界と人間界の土地とは関係がある。

古戦場だったり、その土地で陰惨な事件があった場合、そこには陰の気、つまりマイナスのエネルギーが漂うようになる。

これはいわゆる「浮かばれない霊」とか「浮遊霊」とか「自縛霊」と言われるものですね。そういうマイナスのアストラル界の存在の思いが、その土地なりを陰気でよどんだ場所にもしていく。

陽の土地はパワースポット

で、この反対のエネルギースポットがあることも事実です。いわゆる「パワースポット」ですね。高次元のアストラル界とつながっていたり、性質の良い精霊が集まっている場所。

で、こうしたパワースポットにいると、すがすがしくなったり、さわやかになって、気分がよくなってきます。パワースポットは効果があることは確かですね。

で、パワースポットには大概、神社が建てられています。なので大きな神社を巡るのは楽しかったりします。パワースポット巡りにもなりますからね。で、パワースポットには、意外な効果もあります。

そうそう、神社といえば、島田裕巳さんの『「日本人の神」入門』が良かったですなあ。

神道・神社研究本の良書です。天照大神の知られざる真実は驚いた。このことは、またその気になったら記事にしたいくらいです。おすすめの神道・神社本です。

土地には陰と陽がある

そんなこともありますが、土地には陰の気が強いところと、陽の気が強いところがあるということですね。「陰の土地」と「陽の土地」です。

で、「陰の土地」は「呪いの場所」とか「祟りの場所」とか言われている所です。低層アストラル界と結びついているところですね。

浮かばれていない霊、浮遊霊、自縛霊がいるところです。「陰の土地」は、いるだけで生命力が吸い取られて、運も悪くなっていく場所です。

で、「陽の土地」は、清々しい場所や神社などのいわゆるパワースポットですね。高次元の霊界や性質の良い精霊が集っている場所です。いるだけで元気になって、運もアップしていくナイスな場所です。

で、自宅がパワースポットになるのが最強なんですね。で、自宅をパワースポットにする方法もあります。ええ、あります。

それは「風水」なんですね。

実は、風水とは、自宅をパワースポットにする秘術だったりします。そういうことだったりするんですね。

霊性・徳・ハートに開くと陰と陽とを感じ取る

ただ、こうしたことを感じる「感性」は、いわゆる「第五図世界」に開けていませんと、わかりません。霊性や徳を感じる感性ですね。

これがありませんと、霊的次元の良し悪しを感じ取ることはできなかったりします。大概、自分のマインドの延長の感性で、良い悪い、好き嫌いを分別してしまいます。

なので、霊性や徳、ハートといったエッセンスが大事にもなってくるんですね。物事の是々非々を判断することと関連しているからなんですね。

で、つまり
・いまここ、プレゼンス、気づき、自己観察
・陽気、天晴れ、ポジティブ、明朗
・ハート、寛大

といったことが大事になってくるわけですね。

こうしたことを続けていくことで、霊性・徳・ハートも開かれていくようになります。ちゃんとつながっているんですね^^

価値には2面がある~「外側のモノ」と「内側のモノ」

そんなわけでして、お金、権威、人気、ステイタスなどといったものは「外側の価値」になります。

こうした「外側のモノ」に「価値」を置いて、それで人を評価するのは、世間でも多いんですね。てか、こうした評価判断は当たり前になっています。

が、やっぱりこれって違和感があったりするんですね。もっとも、「外側のモノ」に全く価値を置かないというのもアンバランスです。要は「バランス」ですね。

「外側のモノ」と「内側のモノ」の両方を大切にする。つまり、外面と内面の両方ですね。どちらも大事で、要はバランスです。

ただ一般的には「外側のモノ」に価値が置かれやすいってことですね。「外側のモノ」とは、お金、権威、人気、ステイタス、肩書き、地位、勲章などですね。

霊性とパワースポット

で、月並みになりますが、人間性を大切にする姿勢って健全だと思うんですね。で、人間性の向こうには自然を愛で、味わう霊性があったりします。

で、こうした感性がありますと、大抵、目には見えない霊的なものも感じ取ったり、そういうものに重きを置いたりするようにもなります。

空気、雰囲気、高揚するエネルギーって大事なんですよね。こうした雰囲気なりを発する源に「霊性」があったりもします。

パワースポットは、そういう霊的な雰囲気なりエネルギーを発している処ですので、じっくり味わいたいものです。