守破離〜徹底的な「守」ができないと破・離はできない

守破離。
時々聞きますね。

守・破・離(しゅ・は・り)。
伝統芸能や武道の世界でよく言われることで、
文字通り、「守って、破って、離れる」ことですね。

まずは、伝統にのっとって、外れることなく、みっちりと行う。
これが「守」。

で、伝統の型なり、教えなり、作法なりが、しっかりと身についてくると、
次第に、我流ではない、自分にあった要素が入ってくる。
伝統に立脚しながらも、オリジナリティが加わる段階。
これが「破」の段階。

そうして、自分らしい個性がが、さらに深化していき、
表面的には、伝統とは微妙に異なりながらも、本質は据えているという
深みを帯び、そうして独自の道を歩む。
これが「離」。

「守破離」とは、いろいろな説明もありますが、
おおよそ、こういうところではないかと思います。

このことは、様々な方面でも当てはまると思います。
「守破離」はいろいろな所で当てはまりますね。
 

どれも大事な段階ですが、「守」は最も大切だと思いますね。
まずは先人達が残した教えなり、約束に従って、
徹底的に真似をしていく。

この段階で、いきなり、自分の判断や見解などは入れない。
ただ愚直になって、ひたすら教えや伝統に則って行っていく。
実践をしていく。
ただひたすら。
言われた通り。

自分の見解は入れない。
入れたいと思っても、教えや伝統を優先する、重んじる。
工夫を凝らすが、伝統を優先する。
とにかく、伝統を重視し、ここから外れない。

これを、自分が納得するまで、身につくまで、
腑に落ちて、自然になるまで、とにかく続ける。
続ける。
続けまくる。
徹底的に、これにしがみつき、ひたすら教えや伝統に則る。

端から見れば、頑固で、融通が効かず、愚か者に見えるかもしれない。
それでも愚直に従う。
 

これをずっと続けていきますと、
次第に、伝統的な教えや型、実践方法が、
「何をいわんとしているか」が、自ずと判ってくるようになります。

ここに来て、ようやく、オリジナルを入れることができるようになります。
創意工夫の始まりです。
創意工夫といっても、伝統に則ったかたちになっています。
試行錯誤の連続になっていきます。
これが「破」。
 

そうして、この試行錯誤を続けていくと、
ようやく自分なりの答え、やり方が見えてくる場合があります。

そうして、その答えなりを、さらに深化させていきます。
身に付けていきます。
修習を繰り返していきます。

ここに到って、独自の道を歩むようになる。
「離」。
 

おそらく、こういうものではないかと思います。

しかし、「守破離」の「守」ができていないと、
とにかく、誤解もしやすい。

たとえば、「守」が充分にに出来ていない人は、
「破」や「離」の段階に入った人を見ると
「な、何、勝手なことをやっているよ!」と
激怒することもでてきます。

または、その逆で、「守」をやっている最中なので、
「破」「離」の人が理解できない。

で、ここで批判や中傷も起きやすくなります。
こうしたことは、伝統を重んじる世界では、時々見られます。

もちろん、本当に勝手にやっている場合もあるでしょう。
ですが、多くは、よく分からない「守」の人の浅はかな見解だったりします。
 

ですから、中途半端な知識や経験が無い「守」の段階では、
あんまり、あれこれと言ってはならんわけでもあります。

封建的に聞こえるかもしれませんが、
「守」の段階にあり、よく分かっていないときは、
余計なことは言ってはならない。

まずは、黙って、伝統に則って、実践すること。
そうして、深めていくことです。
 

これは、独学で、書籍やテキストを相手にして学ぶ時も同じです。
まずは、書いてある通りのことを覚える。
やってみる。

一回やっただけで「ああ、こんなものか」ではダメ。
これでは、お話しになりません。
「小賢しい」だけです。

何度も、何度も。
繰り返し、繰り返し。
ただひたすらに。

そうやって繰り返し憶え、練行することによって
初めて工夫の仕方や、オリジナリティなどが見えて来ます。
 

「守破離」のやり方は、時代遅れの感があるかもしれません。
封建的で、高圧的、上から目線に感じることも多いかもしれません。
今なら、もっとまとまって、ノウハウ、ハウツーになっていたり。
講師の先生も丁寧に教えてくれたり。

しかし、守破離に従っていくことが、
実は、己の知見や技能などを深め、広げる、
効率の良いやり方でもあったりします。
遠回りに見えて、実は近道。

まずは、型なり、教えなり、伝統なりを学び、知り、身に付けていくやり方が
物事を憶えたり、身に付ける道を歩む上においては、
真っ当なことが多かったりします。

2014/08/12 11:09:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です