識字率と文字文化〜日本とイタリア(西洋)の本を巡っての大きな違い

イタリアの出版事情~本を読まないイタリア人

いやあ面白い話しです。
以前、読んでいたイタリア在住の方のブログに
「イタリアの出版事情」という記事がありましてね。
これが面白かっ。

何が面白いかといえば、

1.イタリアには書店が少ない
2.イタリアでは、著者自ら販売活動を行う
3.著者自らの販売活動による売上の一部を出版社が「上がり」として頂戴する。
  要するに「ピンハネ」ですな。
4.イタリア人は本を読まない
5.イタリア本は、8センチの厚さの「レンガ本」「ブロック本」もザラにあるとか。

このように、日本とは「真逆」な出版事情と読書事情。
驚きますね。
信じがたいような現実といいますか^^;

イタリアでは著者自らが販売活動・営業を行う

イタリアでは、著者自らが必死になって本の販売に勤む必要があるようです。
びっくりなのですが、なんとも悲しいといいますか、
そこまでしないとやれないの?といった感じです。

しかも一生懸命売った挙げ句、その売り上げの一部を
出版社がピンハネ。

なんともサバイバルな出版業界といいますか、
これがイタリアンな世界なんでしょうね。
プチ・マフィアに映るのは気のせいでしょうか^^;

で、イタリア人は本を読まない。
過半数が、年に1冊も読まないといいます。
こ、これは信じられない^^;
とゆーか、正確な情報とか、知的好奇心といいますか、
そういうのはどうなっているのかな、と素朴に???と思ったりもします。
ふーむ、恐るべしイタリア人といいますか。

こういう文化があるからでしょう、本もブロックのように厚さ8センチで
ドドンと出版する^^;
重しに使えますね。

日本では出版社が販売活動・営業を行う

ちなみに日本では真逆ですね。
書店は多いです。
今ではアマゾンの破竹の勢いで、リアルショップは潰れているくらいです。

本の販促は書店やアマゾンがガシガシやります。
アマゾンに至っては「この本を買った人は、こんな本に興味があります」
みたいな、射幸心を煽っての巧みなマーケティングも仕掛けているほどです。

著者自ら「販促」するのは、出版記念講演くらいでしょう。
あと超マイナーな人で有名になろうと、必死になって行商しまくるとか。

日本では著者自ら営業することは稀ですね。
数多くの書店がやってくれます。

それに昔は、古本屋なんかも結構あったものです。
珍しい古書を見つけてはワクワクしてみたり。

そんな「書の文化」が、日本には深く定着している感があります。

ヨーロッパ人は聖書の読み方はイスラムから教わった

ですが、こうした「現象」を見ますと、民族の意識の違い、
深層意識の違いが見て取れて大変面白いです。
こういう「現実」を見聞することこそ「学び」になります。

イタリアでの出版&読書事情は、2000年以上にわたる
ヨーロッパ特有の文化的影響が根底にあると思います。

実のところヨーロッパでは、文字文化(識字率)はそれほど盛んではなく、
中世の頃は、教会関係者ですら「聖書が読めなかった・読んでいなかった」
という仰天事実もあるくらいです。
そのため、勝手な「なんちゃってキリスト教」的な宗教儀式も出てきいたりします。
実はそんなもんだったりします。

ですがまあ、後に聖書を読むようになるのですが、実は、
イスラム圏の人々から聖書の読み方を教わっているんですね。
まあ、欧米人の多くが聖書を理解できるようになったのは、
イスラム人のお陰だったりします。
しかし、今ではイスラム圏の人々を攻撃したり爆撃していますがね。

ヨーロッパ人は識字率が低かった

ヨーロッパ人は、文字を読んだり、文字から情報を得ることが苦手な様子です。
この傾向は近代になってもそうです。
18世紀になっても、文字が読める人がとても少なかったと。
当時、イギリスでは約3割
30%の人しか字が読めなかったと。
で、パリなんかは約1割
たった10%の人しか字が読めなかったといいます。

ヨーロッパ人は文字を嫌う・苦手な所があり、
こうした文化的背景といいますか、民族的背景がある感じです。

イタリアも同じで、イタリアは根っこの部分にも
「文字文化に疎い」というのがあるのではないかと。
それで現在のような出版&読書現象が起きているのではないかと。

日本は識字率が高く江戸時代でも8割以上が文字を読めた

一方、日本といえば、同じ18世紀の江戸時代であっても、
すでに8割以上の日本人が文字を読めています
日本人は識字率が高かったため、知的にも教養的にも
レベルの高い民族性となったことは疑問の予知がありません。

日本の場合、昔から「文字を読み、文字から学ぶ」という風習や伝統があり、
「書を読む」ことが知的であり素晴らしいこととされてきていますので、
現代でも「活字を追って読む」ということが盛んなのだと思います。

ちなみに、現在、世界で最もブログ数が多い国はどこかご存じでしょうか?
それは日本です。
日本は世界最大のブログ数を誇る国だったりします。

日本の「文字文化」「読書文化」は、
もしかすると世界最高なのかもしれません。

「文字を読んで脳内で変換し理解する」という、脳内活動そのものが、
実は計り知れない脳力アップになっていますね。
また、書籍はまとまった情報や知識の宝庫であり、最高の情報源の一つです。

「読書」「活字を読む」という習慣は身に付けたほうがいいかな、と思います。

イタリア本「シャンタラム」は厚さ8センチのあるレンガのような本

ちなみに、ブログで紹介のあった「シャンタラム」。
確かに、日本では「上中下」の三巻に分かれています。
日本では8センチ級の「レンガ仕様」にはなっていませんね^^;

ちなみにこの「シャンタラム」は「実話」のようです。

著者は1952年、メルボルン生れ。
10代から無政府主義運動に身を投じ、ヘロイン中毒にも。
1977年、カネ欲しさに武装強盗。逮捕、服役。
1980年、刑務所から脱走。
1982年、ボンベイに渡って、無資格・無料診療所を開設。ブラックジャックか(笑)
その後、マフィアと連んで、アフガン・ゲリラにも従軍。
さらにその後、タレント事務所設立。ロックバンド結成。旅行代理店経営。
で、薬物密輸の後に再逮捕。
年貢の納めと悟ってか、刑務所で服役をまっとうす、と。

著者は凄まじいといいますか、
破天荒な歩みをしている人なんですね^^;
本の内容も大体察しが付きそうです。
 

しかし、こういう波瀾万丈といいますか、ハチャメチャな人生であっても、
「ふむふむ、そういうのもあり得るよな」「でもふつーはやらんよな」
という理解できる範囲の生き様や行動であるなら、
まだ共鳴や共感も得やすいですね。

これが「宇宙人に遭遇した」「他の惑星に行った」という体験談になると、
とたんに「トンデモ」な烙印をおされがちになります。
で、こんな本に掲載されるリスクも出てきます。

同じハチャメチャな人生であっても、共感共鳴が得られるかどうかが
天国と地獄の境目のような気もします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です