戦前の霊術・催眠術・ヒーリング~神霊術講義録:星天学が昭和7年に著したムック本

明治から昭和の戦前にかけて、
日本では、各種の霊術がものすごく盛んだったんですね。

今でいうところの「スピリチュアル」が大ブーム。
戦後の昭和の言葉でいえば「オカルト」大ブーム。

こうした霊術、オカルト、スピリチュアルは、アストラル界の産物になるのですが、
周期的にブームになっているんですね。
 

で、昭和7年に、「神霊術講義録」というのが出ます。
これは、明治から昭和にかけて登場した霊術の各種を、
ダイジェストでまとめた冊子なんですね。

ま、今でいう「ムック本」ですね^^;
総解説書。

今でも、この手の総解説本はありますね。
山川鉱矢さんがまとめたものもあります。

あと、成功哲学本でも、まとめ本がありますね^^;


 

こんな具合で、昭和の初期にも、当時のオカルトな類を
全て集めて紹介したのが「神霊術講義録」なわけです。

で、このムック本は、全5巻からなります。
それは、

1.精神統一及気合術
2.最新催眠術
3.全国霊界秘術大観
4.新式霊動法
5.神霊治療秘伝

という5巻ですね。

で、著者は、「星天学」という人。

帝國神靈學研究會(帝国神霊学研究会)を主催していた人です。
で、東京の人かと思いきや、そうではなく、なんと岐阜県人であると。
岐阜県加茂郡八百津町に、この「帝國神靈學研究會」があったみたいですね。

で、岐阜県は、マイナーな県に思われがちなのですが、
意外と、霊術の大物を生み出しています。

たとえば、ヒーリングでは超有名なレイキ。
これを発案した「臼井甕男(うすい-みかお)」。
岐阜県出身です。

また、これまたヒーリングの外気功の原型であり、
中国にも、この外気功を逆に伝えた大霊道の「田中守平」。
岐阜県出身です。

で、昭和の初期に、当時、日本にあふれていた各種のオカルトを
実際に体験し、それを小冊子にしたのが、星天学。
「神霊術講義録」なわけですね。


 

で、「神霊術講義録」の第三巻は、ネットでも見ることができます。
デジタル国会図書館にありますね。

神霊術講義録. 第3巻 (全国霊界秘術大観) – 国立国会図書館デジタルコレクション
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1107174?tocOpened=1

ざざっと項目を拾ってみると、

第1篇 各種呼吸法及統1法
第1章 概論
第2章 各種靈術
1.藤田式呼吸法
2.岡田式靜座法
3.横井式精神統一法
4.二木式呼吸法
5.森田式調整術
6.檜山式能力發現法
7.法運術
8.心力波及術
9.鎭魂歸神法
10.白隱禪師の禪法
11.神仙術

第2篇 各種靈術及其の療法
第1章 概論
第2章 各種靈術
1.國民自健術
2.江間式心身鍛錬法
3.太靈道靈子術
4.清水式療法
5.晃道教會精神療法
6.渡邊式治療法
7.動律回元術
8.自動療法
9.松本式人体ラヂウム療法
10.木村式生氣療法
11.林式健体術
12.交靈感應氣合術
13.身心改造靈動氣合術
14.溝田式靈波療法
15.高野式抵抗療法
16.桑田式靈術
17.洗心流靈術
18.基督教的科學療法
19.セオソフイオツカルチズム療法
20.プラナ療法

第3篇 諸流催眠術
第1章 概論
第2章 各種催眠術
1.メスメル派催眠術
2.ブレードの催眠法
3.フアリヤの催眠術
4.フロワー催眠法
5.ナンシー催眠法
6.ヘルンハイムの催眠法
7.小野式催眠術
8.勝永式催眠術
9.神秘流催眠術
10.清水式催眠術
11.横井式催眠術
12.相馬式催眠術
13.古屋式催眠術
14.村上式注意術

外篇 面白い實驗法
1.9字を切る秘法
2.居合斬り
3.合掌棒拔きの法
4.コツクリ術
5.稻荷降しの神法
6.二指を以て大男を上る法
7.破ガラスの上に裸体でねる法
8.金魚に氣合を掛ける法
9.平手にて石を割る法
10.全身繩拔の法

見出しだけを見ていると、おもしろそうですね^^;
でも、実際の紹介文をみると、ささっと書いただけで、
あんまり深くはありません。
ちょっとやってみた程度の書き方です^^;
ほとんど参考にならないんですね^^;

ただ、当時、どういうのが流行っていたのかがわかります。
そういう意味で、当時の雰囲気がわかるわけですね。
 

で、おもしろいですね。
霊術と称しながら、呼吸法があったり、心身鍛練術があったり、
催眠術も含まれています^^;

あと、コックリさんとかもありますね^^;

また、居合い術とか、大道芸も含まれていて、なんだかごった煮状態ですね^^;
今でいうところの「ムー」みたいなものかもしれません^^;

ただ「プラナ療法」というのもあって、
当時、既にインドのプラーナの概念があったことがわかります。

日本で、ヨーガを最初に取り入れたのは三浦関造氏かもしれませんね。
三浦関造氏は、総合ヨガと銘打っていましたが、
三浦氏がヨガを打ち出したのは戦後でしたからね。

ということは、すでに昭和の初期の段階で、
誰かがインドからヨガを導入していたってことになりますね。
 

神霊術講義録。
軽いノリで書かれた感じもしますが、
当時のスピリチュアル界隈のことがわかる貴重な情報誌でもありますね。

それにしても、今も昔も、そう変わりがありませんね^^;