OSHOのオレンジブックがいい~優れたタントラ系の瞑想と解放

OSHOのオレンジブック。
これが予想外にツボ。

昔の本で、古書でしか入手できない代物です。
荒削りな説明の中に、OSHOが実際に行ったであろう体感が述べられています。
それがツボ。
ビシバシと伝わってくるものがあります。

OSHOが書いた瞑想本で、「新瞑想法入門」というのもあります。
が、こちらは洗練されています。

私的には、OSHOの「オレンジブック」がおすすめ。

タントラが主体の瞑想と解放ですね。
タントラといっても、体を動かす瞑想です。
セックスではありません^^;

自発功、ラティハン、体の揺れ、ダンス、ハミング、歌、音楽を多用した
アクション系の瞑想や解放です。

で、なにかが伝わってくる、その描写がいいんですね。
ええ。

で、伝わってくるといえば、佐藤愛子さんのような魔界の霊的存在を述べた本は、
止めたほうがいいですね。
こういうのは変なモノが伝染します。

反対に、天使や天界、天人の話しはできるだけ触れたほうがいいですね。
天使、天界、天人のエネルギーが伝わってきます。

同様に、本当に覚醒した覚者の手記や本。
こういうのも伝わってきます。

一番マズいのは、学者のような体験のない物知りが書いた本。
こういうのは、歴史を調べるには役立ちますが、
実際に活用しようとすると、ズッコケます。

昔の文書がどういうものかを調べること以外、あまり役に立ちませんね。
用途を間違えないことだと思いますね。

とまあ、そんなこともありますが、OSHOが初期に出した
「オレンジ・ブック」は、予想外にいいですね。
これはいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です