古書マニアにはネット通販がありがたい

古書マニアという程ではありませんが、時々、古書を買っていましてね。

最近は通販でも購入できます。
この通販がものすごく重宝しています。

地方に住んでいますと、レアな本の入手はできません。
昔は、市内の「泰光堂」「時代舎」などで物色もしていました。

ですが目当ての古書がなく、歯がゆい思いを何度もしていました。
ブックオフが登場したときは嬉しかったものです。

ですが、マニアックな書籍が多いため、ブックオフには全くといっていいほど目当ての書籍はありません。

ネット通販のおかげで世界中から本を購入できる時代

しかしネットが普及してからは欣喜雀躍。
ネットで、古書をふんだんに探すことができて、購入できることができたからです。

ネット通販には感動すら憶えたものです。
インターネットが使えるようになった頃、一番やっていたのが書籍の購入。

アマゾンもふんだんに利用していました(笑)
アマゾンは、海外からも書籍が購入できます。

アメリカからも空輸で購入もしていました。
世界中から書籍の購入ができます。

本当、インターネットのお陰で、古書をはじめ書籍を盛りだくさん購入できたことはうれしかったですね。

通販でありながら某店では顔なじみに

お陰様で、東京の某書店では、顔なじみになっています。
ネット通販なのですが(笑)

数年前、この書店へリアルに伺ったところ、話しのはずみで自己紹介しました。
そうしたところ、「ああ、◎◎さんですか」と。

憶えられています。
といいますか、それくらい古書等を通販で購入しているわけですが。

ネット通販で書籍を購入する際の問題点
ですが、通販にも弱点が一つだけあります。
それは、

購入しないと中身が分からない

ということです。
これが唯一の問題点です。

ですので購入してから「シマッタ」と思うときもあります。

一昨日、それが起きました。
坐禅に関する古書を購入したところ、それが漢文。

シマッタ、ヤッテシモウタ。

さすがにこれは読解が大変です。

古書は、決して安くありませんので、こうした「シマッタ」は、結構痛いものがあります。

ですが、こういうことをしながらも古書等を購入していきますと、レアな情報が豊富になって、専門的知識を有することができるようにもなります。

市井の学者とはいいませんが、今の時代、その気になれば独学で専門的な勉強もできます。学校へ行かなくても独学できる時代が素晴らしいですね。

ネット通販がリアルな店舗を潰すことなく共生であって欲しいが

今は本当に素晴らしい時代だと思います。
ありがたいですね。

一昔前ではできなかったことが、インターネットの登場と、ネット通販のおかげで、とても助かっています。

しかしながらネット通販といいますと、一部の大手企業は、リアルな小売店を逼迫もしています。こうした「行き過ぎた」商行為は関心しませんね。やはり「共生」であって欲しいものです。

自由競争を前提にした商行為であっても、他を潰すような商行為は、できれば避けていただきたい。ネット通販は便利ですが、それでも小売りとしてのリアル店舗、リアルな書店は残っていただきたいものです。

こうした願いは、自由経済の元では、「戯れ言」「きれい事」として足蹴にされるかもしれませんが、それでも「共生」であって欲しいと思います。

ネット通販。
古書の購入においては、大変役立っています。
ありがたいものです。
こうした素晴らしい環境が整っていることに、素直に感謝ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です