幸不幸の法則~幸福・不幸というのは「認識」

幸不幸(こうふこう)とは

幸不幸。
「こうふこう」と読みますね。

で、辞書的な意味としては、
「幸福と不幸。しあわせとふしあわせ。」とあります。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/288954/meaning/m0u/
文字通りですね^^;

幸不幸は認識による

けれども、しあわせとか、不幸というのは、
自分の受け止め方次第なところがあるんですね。
ええ。

物事に対して、
・肯定的
・好意的
・プラスに受け止める

という人は悩みや苦労はなくなりがちです。
主観的に感じる悩みが少なくなる。
反対に、ハッピー感が高まります。

第三者的に見て「大変だなあ」と思っても、
本人の自覚の中ではそうでもない。
しあわせだったり、ケロっとしている。
これってハッピーなわけです。
しあわせなんですね。

心の波動が高いと幸福感をおぼえやすい

で、「いまここ」モードにあると、
こうしたことが実現もしやすくなるんですね。

気持ちが「いまここ」にありますので、
・昔のことと
・未来のこと
・「もし~だったら」といった仮定
・空想や想像の世界
・観念や思考の世界

に入り込みにくくなるんですね。
観念や思考の世界で遊びにくくなるんですね。

なので、意識の有り様が、
・ポジティブ
・好意的
・肯定的
・いまここ

の2つにありがちなのは、それ自体がハッピー、しあわせに
なりやすいんですね。
余計なことを考えることがなくなりますので。

一言でいえば心の波動が高くなるんですね。
自分で高めようと思わなくても、自ずと心の波動が高くなる性質があります。

心の波動が低いと不幸をおぼえやすい

これが反対に、
・何をみてもケチばかり付けたり
・ダメ出しばかりしたり
・文句ばっかり言ったり
・粗ばっかり探したり
・思いの反すうを繰り返したり
・いつまで経っても心に蜘蛛の巣が貼っている

こうした状態ならば、ネガティブ街道まっしぐらになってしまいます。

一言でいえば
・感謝が足りない
・自分と他人へのやさしさ・愛情が掛けている
・ネガティブな心に染まりすぎている

ということなんですね。
心の波動が低くなんているんですね。

ですので、些細なことでも気を病み、
いつまでも心の中に蜘蛛の巣が張り、
恨みがましくなって、
美味しいものを食べても美味しくない、
いいことがあっても喜べない、
しあわせな状況になっても幸せでない
二言目には文句と愚痴ばかり
となってしまって、「ド不幸モード」になってしまうんですね。

挙げ句の果てには、「前世のカルマ」だとか「業」だとかといった
超ディープで、誰も説明できない悪夢の無限ループに突入してしまって、
ド不幸モードにどっぷり浸かってしまって、
可哀想な人になってしまいます。

で、こういう状態になれば、大変な目に遭うと、
もう発狂モードになって、うつ病にはなるわで、
しっちゃかめっちゃかになってしまうんですね。

で、いいことがあっても、つまらないとか、
粗探しをしたりとかなってしまって、
結局、自分で不幸を作り上げてしまうんです。

幸不幸の法則~占星術が示す事実

おわかりでしょうかね?
幸福・不幸って、実に、自分で作り出しているのが、
半分以上なんですね。

インド占星術などで見ると、素晴らしい星の組み合わせや配置があっても、
人によっては、そういうしあわせ感を感じにくい人もいたりもするんですね。

反対に、厳しい状態や悪い星の配置であっても、
根がポジティブであれば、たくましくもやっていけるんですね。

わたしゃ占いをやっていますので、そういう事例をいくつも見ていましてね。
最高のダシャー(運勢)にありがなら、文句や不満ばかり言っていて、
目の前のありがたさが感じられない、感謝の気持ちが持てない。
実際にそういう人がいるんです。

なので、「気持ちの有り様が大事」というのが、よーくわかるんです。

星の配置とか、ホロスコープが良いともさることながら、
大事なのは、本当に「気持ちの有り様」のほうなんです。

結局、世の中の幸不幸というのは「認識」なんですね。
認識。
これが「幸不幸の法則」でもあります。

気持ちの有り様と幸不幸の法則

で、大事なことは、常の自分の状態ですね。
いつも、ご機嫌で、上調子で、楽しい気分でいられるのはしあわせです。
「いまここ」をしていると、そういう風にもなりやすいんですね。
いろんなことがあっても、課題や問題があっても、
それはそれとして、でもなーんかご機嫌です。

これってしあわせですよね?

しあわせとは、何かに恵まれたり、うまく運ぶだけじゃあないんですね。
そういう現象面だけのしあわせじゃあないんですね。

恵まれたり、うまくいくことがあっても、
「気持ちの有り様」が悪ければ、幸福感なんか無くなりますので。

「気持ちの有り様」が大事なんですね。

なので、「ポジティブ」とか「明朗」「肯定的」といった傾向が好まれるんですね。
なぜなら、こういう性質そのものが「しあわせ」だからなんです。

人は、本能的に、しあわせが好きなんです。

その「しあわせ」とは、宇宙の性質でもあるんですね。
「赤ちゃん」は何故、笑っているのか?
これこそが宇宙の性質なんです。

赤ちゃん」は何も求めていないから笑っている(天然自然な幸福感)

そうそう、以前「赤ちゃんは笑っている」と言ったところ、
ある人は、「そんなことはない、赤ちゃんは泣いている」と言いましてね。
おもいっきり、ガクっとうなだれそうになりましたが^^;

ま、説明するまでもないんですが、説明しますとね、
赤ちゃんが「泣いている」のは、何かをして欲しい要求のポーズなわけですね。
赤ちゃんは、一人では何もできないので、
周囲の人の協力を求めるために「泣く」という仕草をするわけですね。

しかし「赤ちゃんの笑い」は、別段、何も求めていないんですね。
ただ笑っている。
笑っている。
これこそが宇宙の性質の表れなんです。
何も求めていないけれども、こうして存在していること自体がうれしい、楽しい。
それが「赤ちゃんの笑い」。
 

「いまここ」をやっていって、ただこうしているだけで
ありがたい
うれしい
いいなあ
しあわせだなあ
なんてゆー思いが出てきたらしめたもんですね。
「いまここ」の世界にようこそ!です。

で、赤ちゃんに逆戻りです。
ばぶー^^
 

そういえば、サザエさんに出てくる「イクラ」ちゃんって、
永遠の赤ちゃんですね。

サザエさんの放送が始まって50年は経っているんじゃないんですかね?
すごい設定ですね。

でも、見方を変えれば、「永遠のいまここ」ですよね。
サザエさん、実は、深遠なる教えを内包している、
高次元なスピリチュアルアニメだったのか!?

なんつー妄想は後にして、
つらつらと独り言でやんすよの巻き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です