顔の色つや・気色をよくする方法

顔の色つやがいい~人相は気色が大事

昨日、久しぶりに気功家のN先生とお会いしたとき、開口一番に「いやー顔の色つやがいいですねー!」と。おお、メチャうれしい言葉^^

実のところ、人相では、顔のパーツで見るのは入門レベルなんですね。初心者の鑑法です。

中級者になると「気色(きしょく)」で見ます。気色とは顔に出ている気の状態ですね。端的にいえば顔の色つやです。顔の気の状態、つまり顔の色艶で見るのが気色。

人相では気色と画相こそが奥義になります。パーツの形などで見るのは初級レベルなんですね。

なので顔は、そのパーツの造作よりも、顔の色つや、気のありようが大事だったりするんですね。で、人は、このことを無意識に感じています。

なので整形手術を何度も繰り返す人がいるんですね。

整形手術を何度も繰り返すのは、実は顔の造作よりも、気色のほうが重要なことを、本人は無意識に感じているんですね。けれども、それがわかっていない。なので顔の形をいじくりまくって、整形を繰り返してしまっているんですね。

造作よりも顔の色艶(気色)のほうが大事なんです。

なので、顔の色つやのことを褒められると、まして気功の専門家からお褒めの言葉をいただくと、天にも昇るほど、ものすごくうれしいんですね(^o^) 有頂天になりそうです。

気色・気をよくする方法

そんなこともありますが、気色・気をよくするには、いくつかの方法があります。これらを行うと顔の色つやがよくなると思います。

具体的にいうと

  • 笑う
  • 心をのびやかにする
  • コミュニケーションをとる
  • お布施をする(気前よくおごる、ほどこす)
  • 親切、やさしくする
  • ヒーリングを受ける(天啓気療を受ける)
  • 祝詞を奏上する
  • 祈りを行う
  • 気功を行う
  • 瞑想を行う
  • ヨーガを行う
これらですね。
これらを行うといいですね。
気色・気がよくなり、顔のいろつやもよくなります。

開運術で顔の色つやもよくなる

ちなみにこれは「開運術」でもあります。

上記のことを複数を行うと、相乗効果によって気・エネルギーがよくなっていきます。気・エネルギーの質が変わります。

で、これらのことは気・エネルギーをクリーンにし、善化させていきます。パワフルですよ。実際、私も行っています。太鼓判を押せるほどです。

人は運勢によって気・エネルギーの質も変わります。が、上記の実践は、運勢の影響とは別の気・エネルギーを生み出します。運勢の下支え・底上げ効果もあります。通俗的にいえば開運術ですね。

気・エネルギーの質が善くなると「運が良くなる」という現象が起きます。

私が行っていること

ちなみに私の方法はこちらになります。

・祝詞の奏上
・祈り
・坐禅
・N先生から教わった気功
・天啓気療(ヒーリング)

これらは上記に挙げたことにもありますね。

で、これらを昨年から始めています。
ヒーリング以外は毎日行っています。

中でも祝詞はおすすめ。比較的、即行性があると思います。

ちなみに瞑想は変わりましたね。坐禅に変わりました。この道40年近くになりますが、おそらく最大級の変化です。

気功はおすすめ

ちなみに昨年、N先生より周身過(しゅうしんか)という気功を教わり、ほぼ毎日行っています。これがまたメチャいいんですよね。気持ちいいので、ほぼ毎日行っています。

それまでは、書籍やDVDで見て憶えた気功を続けていましてね。スワイショウなどの基本的な気功です。で、これはこれで効果があります。

が、N先生の気功は、書籍で出回っている気功とは違います。体や気への響きが違うんですね。

で、N先生も「一般的な気功は、気功を知ったり、とっかかりとしてはいいですよね」と。なーるほど。

瞑想、気功、悟りといった精妙な領域を扱うジャンルでは、その道の専門家、しかも飛び抜けた本物の専門家から教わるのがおすすめです。

悟りに関しては、本当に悟った人から教わりませんと、ものすごい勘違いなことが起きてしまいます。世間に出回っている悟り本は、ほぼ全てが間違いです。それがわかったほど。

本当の悟りは違います。スピ本となっている悟り・覚者は、ほぼ全てが悟りではありません。世の中には勘違いな教えや情報のほうが多いんですね。

いえいえこれは悟りに限りません。すべてに言えます。で、本物をみつける目利き・嗅覚は欠かせませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です