波動レベル(高い・低い)をキャッチする観察視点は欠かせない

それにしても「観察の視点」は大事だなあ、と。
つくづく思います。

自分がどう感じるか、どう思うか、何を好むか。
それが、どこから来ているのか、というところまで観察できると、
いいんですね。

存在の波動レベルでいいますと、
上辺の言葉で語っていることもさることながら、
その発言者が、どういう波動状態なのかが、すごく重要なわけですね。

わかりやすくいいますと、たとえば
「これやって」とお願いするときでも、
緊張して怒りに満ちて言う場合と、
やんわりと言う場合とでは違うわけです。

表面的な言葉は同じなのですが、
両者は、まったく受け止められ方が違う。

こういうのは誰でもわかりますが、
しかし、これこそが、存在の波動の世界になってくるわけですね。
実際は、もっと精妙になってきます。
 

で、波動レベルは、実に、無意識の領域になります。
で、修行にしても、自己練磨、改善にしても、
まずは、無意識の領域をどうするかということになってきます。

そのために、善行、積徳、瞑想、アファメーションファ、ボディワークなど
様々な方法があるわけですね。

で、こうしたことを、実に10年とか15年くらいかけて行うと、
無意識の領域がクリヤーになってきます。
 

ところが、裏技があることがわかってきたわけですね。
それが、天啓気療です。

◎天啓気療院
http://www.tenkeikiryoin.jp/new_page_4.htm
https://www.youtube.com/channel/UCuom4_TOQ4NgCp75dvoMtRw/videos

単に病気治しとか、問題の改善じゃあないんですね。
わかりやすくいえば、無意識の領域をクリヤーにするヒーリングです。
で、これができる人は、そう多くはないと思います。

1回や3回で終わるのではなく、
人によっては、10回、20回と受けてみるのも
必要になるんじゃないかと思います。

しかし、無意識の領域のクリーンには、
まあ、熱心に行って10年はかかりますね。
人によっては、20年かかると思いますね。

時間をかけて行うのか、それとも天啓気療でショートカットで行うのか。

今は、信じがたい福音となる方法も登場しているってことです。
それだけ、時代はハートのエネルギーが高まり、
恩寵にあずかりやすくなっていっるんだと思います。
 

苦しくても、ブスっとすることなく、人を思いやり、
いたわり、感謝の気持つ、その姿勢が大事だったりします。

最近では、「無理しないで」といった言い方も多くなっていますが、
やっぱり、無理を押し通すことも大事なときもあるわけですね。

苦しくても、善に向かっていけるかどうか。
人前で、苦しいとか、愚痴や暗いことを言ってこぼし、
周囲を暗くさせることがあれば、それは注意したほうがいいでしょう。
こうした行為そのものが、自らの成長の足をひっぱるだけでなく、
周囲に苦しみと槍を放つことになり、
巡り巡って再び、自分を苦しめ、成長をはばむことになります。
 

その精妙さなの中に、様々な感情(エネルギー)が渦巻いているのが
わかるわけです。

なので、何も言わなくても、楽しい感じ、明るい感じ、暗い感じ、怒っている感じ、
迷っている感じ、気持ちが散乱している感じというのがあって、
ある程度、固有振動数を発しているわけですね。

で、こうした波動をキャッチすることに長けてきますと、
どこに問題があって、どういう問題を抱えるのかが瞬間的にわかるわけですね。

これは絵画を見ているようなものです。

で、社会生活を送っているならば、明るい感じ、楽しい感じ、軽い感じ
のほうがいいわけですね。
で、これが天界的でもあるわけなんです。

ちなみに天人の生まれ変わりは、芸能人やタレントにも多いですからね。

存在の波動がよろしくないと、やはり問題が起きがちかなあ、というのは感じます。
自分も他人も周囲をも傷つけている状態で、
いわば自分にナイフを突き立て、周囲に槍を放っている状態です。

存在波動は、よくしていったほうがいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です