トランス脂肪酸を止めたら心臓病・糖尿病が減る

トランス脂肪酸の取りすぎは健康に悪影響を及ぼす

トランス脂肪酸。
聞いたことがある人も多いのではないかと思います。
このトランス脂肪酸の摂取を止めたところ、
心臓発作が減少したといいます。

たとえば、こういったサイトでも解説していますね。

◎トランス脂肪酸とは : トピックス : 食品等の検査 |  一般財団法人 東京顕微鏡院
◎脂質やトランス脂肪酸が健康に与える影響:農林水産省

トランス脂肪酸は、問題のある油脂です。
心臓病や糖尿病などの成人病を誘発しやすいといわれていますね。

農林水産省でも取りすぎに注意するように警告を発しています。
トランス脂肪酸は、手放しでは安心できない油脂なんですね。

ニューヨークでは使用禁止のトランス脂肪酸

事実、トランス脂肪酸は、ニューヨークでは使用禁止
その効果があって、心臓病も減っているといいます。

◎トランス脂肪酸禁止のニューヨークで心臓発作が減少

トランス脂肪酸が健康に与える悪影響は、すでに明らかになっているため、
世界各国でも使用を制限しています。

トランス脂肪酸は代謝時にビタミンとミネラルを大量に消費

トランス脂肪酸は、代謝する際、莫大なビタミンとミネラルを必要とします。
肝臓にものすごい負担をかけます。

◎トランス脂肪酸って何が体に悪いの?

トランス脂肪酸は、コーンシロップと同じように肝臓に負担をかけます。
しかも代謝の際、ビタミンとミネラルを大量に消費。

ですので、トランス脂肪酸が入ったモノを食べると、
肌荒れを起こしたり、気分が滅入ることも出てきているんでしょうね。

肝機能の解毒作用をオーバーしがちな現代の食生活?

現代の食べ物には、人工甘味料や合成保存料が含まれています。
コンビニ弁当や食べ物は、こうした添加物が多く入っているといいますね。

◎コンビニ弁当は死を早める!添加物があなたにもたらす危険性のしくみ

人間の体は、肝臓のお陰で、多少の毒素は解毒できます。
ですが、肝機能を上まったり、肝機能に負担をかけすぎる食材を摂ると、
解毒が間に合わなくなりますね。

現代の食生活は、肝機能の解毒作用をオーバーしがちなのかもしれません。

賢い消費者になって安全な食べ物を見分け選ぶ時代

現代は、一昔前とは違って、肝臓に大変負担をかける食生活になっています。
以前も、こうした食品添加物等の害が言われていました。

しかし昔は、すごく神経過敏といいますか、ヒステリックすぎる感もありましたね。
脅迫観念的で、かえってストレスになるのではないかと。
そんな印象もありました。

ですが、現代では、明らかに肝臓に負担をかけすぎる食生活になっていますし、
健康に悪影響が出てくる食材や添加物の使用が広まっています。

ですから、注意が必要ですね。
賢い消費者になって安全な食べ物を見分け選びたいですね。

ただし、神経質になり過ぎたり、ヒステリックになるのはナンセンスです。
こうしたネガティブなマインドになりますと、かえってストレスから、
健康を悪化させてしまいかねません。
冷静に対処していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です