名色分離智・プレゼンスの特徴と不安定な性質

名色分離智・プレゼンスの特徴

名色分離智・プレゼンスの特徴は次のようなものがあります。名色分離智(プレゼンス)にひらけると

  • 真我がうっすらとわかりはじめる
  • 瞑想が本当にできるようになる
  • いわゆるマインドフルネス効果が感じられるようになる
  • 真のスピリチュアルの道がはじまる
  • 真我の道と悟りの道の両方に対応できるようになる
  • 五感の刺激によらない自然(じねん)な幸福が感じられるようになる
  • 思考、妄想、刺激から自然な距離が出てくるようになる
  • 一喜一憂することが減り、以前と比べて落ち着きが出てくる
  • 損得勘定での処世、計算高さが減る
  • 人によっては能力の向上が始まる

といったようになってまいります。これらは名色分離智(プレゼンス)がさらに進むことではっきりとしてくる内容もあります。

名色分離智・プレゼンスは不安定

しかし名色分離智(プレゼンス)は揺れ動きます。不安定な性質があります。

ですので名色分離智(プレゼンス)は始まりであって、ここから深まっていく必要があります。

名色分離智は気づきに気づくとか、マインドから自然に距離が出てきている有り様として表現されます。プレゼンスは意識の広がりとして表現され、「いまここ」とも表現されます。

そんな名色分離智・プレゼンスは、固定した有り様でなかったりします。揺れ動いています。不安定。心が常に変わり動いているのと同じです。

そのため「本当に名色分離智なんだろうか?プレゼンスなんだろうか?」と迷いやすくなる性質があります。

名色分離智・プレゼンスを指摘できる指導者が必要

ですのでこれを指摘できる指導者が必要でして。

また着実・堅実な歩み(実習実践)が望ましいと思います。

ちなみにレナード・ジェイコブソンはセッションのときに指摘してくださいます。

マインド体質・スピリチュアル体質は障害

しかしながら、名色分離智・プレゼンスへ進む前に、マインド体質(思考にハマり価値観に強く縛られる体質)やアストラル体質(スピにハマりやす体質)の自覚と解放、離脱が必要になると思います。

実際のところ、ここがハードルとなることが多い印象を受けます。一種の体質改善になりますので、人によっては苦しさをおぼえるかもしれません。

世間的・経済的な成功とは関係がない

ところで、こうした状態が、世間的な成功や経済的な成功、あるいは一般的な幸福に直結するかは別です。

しかし精神的なやすらぎや自然(じねん)の幸福感が出てくるようになります。

ヒーリングを受けても顕著な効果も出てくるようになります。

またこの先に一瞥体験・目覚め体験というのが起き得ます。真我への開眼ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です