超弩級の発見

正念とは瞑想の対象を保持することだった~アーチャン・マハー・ブーワは念仏三昧で阿羅漢になった

とても興味深い発見がありましたね。
それは何かといいますと、「気づき」に関することです。

こちらのブログの記事にあります。
◎Sayalay’s Dhamma book
http://yamaneko.hatenablog.jp/

詳細は追々ご紹介しますが、テーラワーダでは「サティ」を重視していますよね。
で、これを「気づき」といっています。

ところが、この「気づき」は、どうやら違うという話しです。
ああ、やっぱり。

で、結論を先に言えば、
「サティ」とは「日常生活の中で一つのことに集中すること」。
これが「念」。
で、実質「禅定系」なわけです。
動中禅。
カニカ・サマディ。

事実、この方法は阿羅漢になったタイの比丘、「アーチャン・チャー」、
「アーチャン・マハー・ブーワ」が推奨し実習していたやり方だったわけです。

それを示す証拠が出てきた。

で、世間に広まっている「気づきの瞑想」「マインドフルネス」は、
感覚器官を守る「覚知」のやり方であって、悟りの方法では無い。
「悟りの補助」としてのやり方だったわけなんですね。

このことは「マインドフルネスには2種類ある」とか、
「テーラワーダ式は違っている」と書いていましたが、
阿羅漢が証明してくださる証拠が出てきたということなんですね。

超弩級の発見です。
以下に詳しく書いていきます。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

タイ仏教では完全に悟った比丘に、

 ・アーチャン・チャー
 ・アーチャン・マハーブーワ
 ・メーチ・ケーウ

がいらっしゃいます。
で、このお三方は全員つながっています。

アーチャン・マンのお弟子さんが、「アーチャン・チャー」と「アーチャン・マハーブーワ」。
兄弟弟子です。

で、「アーチャン・マハーブーワ」のお弟子さんが「メーチ・ケーウ」。
 

で、このお三方は、全員、禅定を修しています。
で、全員、阿羅漢になっています。

すごいと思いませんか?
で、このお三方のうち、「アーチャン・マハーブーワ」が
ご自身の修行をまとめてテキストとして残されています。

そのテキストが和訳されて、こちらのブログで掲載されています。
http://yamaneko.hatenablog.jp/
 

重要なのは、その修行の方法と解釈。
驚くなかれ、「正念」とは「瞑想の対象を保持すること(忘れないこと)」といいます。

「正念」は「サティ」といわれ、「気づき」と訳されています。
なので「念」といえば「気づき」として解釈されています。

身体の動き、感覚、心などに「気づき」を入れることが「サティ」といわれています。
「マインドフルネス」も同じです。

ところが!これが「違う、間違い」というわけです。
つまり、

(×)従来の念(サティ)・・・日常において、身体、感覚、心に「気づく」
(◎)本当の念(サティ)・・・日常において、仏など一つのことに「集中する」(念仏、念住)

ということ。
え、ホント!?となるわけなのですが、これがホント。
念(サティ)とは、日常生活において何か一つに集中し続けることだったわけです。

って、今まで聞いてきたことや教わってきたことと全然違う
と、なるわけです。

今まで聞いてきたことや教わってきたことは「念(サティ)」ではなく、
感覚器官に気づいて護る「覚知」である
、と。

で、何故一つのことに集中(念住)するかといえば「妄想を断つため」です。
つまり、禅でも言っている通りで「分別を断ち、非思量になる」ためです。

少林窟寺の井上希道老師が昔から指導されている禅のやり方は、まさにこの方法です。
井上老師は「呼吸に常に専念・専心しなさい」と言われて指導されています。
この方法は、まさにテーラワーダの「正念(念仏、念住)」です。
正法。


 

で、「念」は一つのことに専心し集中することをを示す具体的な資料はこちらです。
アーチャン・マハーブーワが残されたテキストと、その解説を
参照して検証してまいりましょう。

引用先は、こちらの素晴らしいブログです。
http://yamaneko.hatenablog.jp/entry/2018/07/13/070907
—————————
<マインドフルネス>が、<よく気が付いている事>と言う風に理解されて、
現今、世間に流布されているのは、少し違うように思います。
<正念>の正確な定義は、<瞑想の対象を忘れない事>です。

今、私は喜んでいる。今、私は悲しんでいる。今、私は妄想している・・・などと、
己の心の動きに気が付いているのを<正念>、すなわち<マインドフルネス>だ、
という風に説明する人がいますが、それは間違いです
(今、私は妄想している、のを知っている事=<覚知>)。

<正念>が、<マインドフルネス>と訳され、
またそれが、<己の心の動きに気が付いている事>とされたために、弊害が出ています。
—————————

これは、のっけから強烈な指摘です。

で、「アーチャン・マハー・ブーワ」は、「仏陀、仏陀、仏陀・・・」と念じて、
修行していたといいます。

で、これを「念住」というと。

これはつまり、一つのことに集中し続けることです。
集中する対象は、呼吸であったり、仏陀のイメージであったり、
「仏陀」と唱えること(マントラ)であると。

で、アーチャン・マハーブーワは、「仏陀、仏陀・・・」と唱える修行を続けたと。
 

が、これって、いわゆる「念仏」です。
驚くことに「正念」は「念仏」と本質は同じだったということ。

アーチャン・マハーブーワが一日中「仏陀、仏陀・・・」と唱え続けたことは、
ヨーガでいうところの「マントラ・ヨーガ」ですね。
真言を繰り返して唱えることです。

しかしこれは「南無阿弥陀仏」を唱える「念仏」も本質は同じです。
また「摩無妙法蓮華経」を延々と唱えることも原理的には同じになるでしょう。

これは超インパクトのある話しです。
てか、ほとんどのテーラワーダの「念」は「誤り」ということになってしまいます。
 

で、アーチャン・マハーブーワの修行は、こうもあります。
http://yamaneko.hatenablog.jp/entry/2018/07/14/142138
—————————
”仏陀”ーー仏を憶念する事であった。
私は念誦の詞として決めた ”仏陀” を、唯一の専注の対象とし、
私は、己自身の心内において、繰り返し ”仏陀” と念ずる事を保持するように迫り、
他の一切の事柄は、遠くへ排除した。

—————————

うーむ、これは、ビッグバン級のコペルニクス的転回。
阿羅漢になったアーチャン・マハー・ブーワは、
「念仏三昧」だったという事実。

 

さらに、
http://yamaneko.hatenablog.jp/entry/2018/07/09/191239
—————————
安定的に、念住と覚知を保持し、心念を不断に観察する事を言う。
我々の一切の姿勢と、すべての思惟と情緒・感情の活動において、
念住によって、常に、覚知と省察が出来る時、これを ”正精進” と言う。

—————————

これまた驚いた。
正精進とは、「念仏」を行い続けることであると。

もはや、ぐうの音も出まい。

しかし、これは大激震ですぞ。
一部のテーラワーダ仏教を否定してしまいます。
また、そのテーラワーダ仏教の瞑想を抽出した「マインドフルネス」をも
瓦解させるインパクトです。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 

以上の通りです。
テーラワーダの「念(サティ)」を知っている人なら、
天地がひっくり返る衝撃を受けるはずです。

アーチャン・マハーブーワの修行の仕方は、
一部のテーラワーダ仏教をも否定しています。

今まで知られていた、教わってきたたテーラワーダ式の「念(サティ)」は、違っていたということです。
てか、「念(サティ)」ではなく、瞑想の補助となり前段階となる「覚知(正覚)」だったわけです。

あるいは百歩譲って「念(サティ)」には2種類あるということですね。
 

で、これは以前から私も指摘していたことなんですね。
サティには「2種類ある」と。

一般的に解釈されているサティ(マインドフルネス)は、
感覚器官を守る瞑想の前段階における修行であると。

このことを阿羅漢(仏陀)となったアーチャン・マハー・ブーワの
修行テキストで明らかになったと思います。

サティの本当のやり方は「アーチャン・マハーブーワ」の通りだったわけですね。
念仏。
清浄道論にある「仏随念」というやり方。
マントラに集中するやり方。
集中。
禅定系。
 

ちなみにこちらの記事のコメントには、
兄弟弟子の「アーチャン・チャー」の修行の仕方も紹介されています。
http://yamaneko.hatenablog.jp/entry/2018/07/14/073737
—————————
アチャン・チャーも、弟子に ”仏陀””仏陀” と念じる事で、
妄想を断つ修行を勧めまた。

これは、初心者なら一日中念誦する。
また、中級者であれば、毎回の座禅において、深いサマーディに入る前の、
ウォーミングアップに ”仏陀” を念誦するように指導しているようです。

—————————

これは要するに、まず念仏(仏随念)を四六時中行って、
妄想を出さない「非思量」に至らせるということですね。

で、「非思量」になるためには、並行して一境性(一体性)と集中力を培い、
「禅定」を主体としたやり方を行うということなのでしょう。

まず日常的に、何か一つを「念じ」続けること。
で、これが「正念」。
しかし、これは現代でいうところの「イメトレ」に通じます。
イメトレも一つのイメージなりに集中し続けますのでね。
方法そののものは同じになります。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 

結局、テーラワーダのやり方は「禅定」を主体としたやり方だった
ということです。

念(サティ)も、念仏のように「ひたすら集中」し続ける。

だからこそ「禅定」は、後の大乗仏教でも六波羅蜜の項目にも入ったのでしょう。
つまり、ブッダが推奨した方法は「禅定」が主体だったということなわけです。

確かに、ブッダも菩提樹の下で禅定に入って悟っています。

また20世紀に大悟されたアーチャン・チャー、アーチャン・マハーブーワ、メーチ・ケーウも
全員、禅定系です。
禅定を修しています。
しかも預流果としての悟りではなく、完全なる悟りの阿羅漢に達しているわけです。

タイだけでなく、ミャンマーでもそうです。
パオ・セヤドー、クムダ・セヤドー、ディーパンカラ・サヤレー。
ウ・ジョーティカも禅定を軸とされたり取り入れています。

悟っている方々は全員、禅定を行っている。
禅定から悟っている方がほとんど。

大悟したといわれている板橋興宗氏も、
「目を閉じれば一体となる」と言われていて、
日常的にサマディが起きていることがわかります。


 

このブログでも書いていましたが、やはり今まで教わった
テーラワーダ式の「念(サティ)」は違っていると思います。
百歩譲って2種類のやり方がある。

見性体験や覚醒体験、禅定により、涅槃を体験した人でなければ、
「外部の対象物に気づき続ける」ということは困難になります。
で、悟りのアプローチの原理として、どう考えてもおかしいと思うわけです。

瞑想を行う視点・状態・姿勢が定まらないで、移りゆく外部の対象に
気づき続けることは相当に困難であり、初めての人が行うには、
あまりにもハードルが高いとしか言いようがないわけです。
というか、実質、不可能です。

なので瞑想を行う視点・状態・姿勢が曖昧なテーラワーダ式は
欠陥がある、違っているのではないかと思っていたわけです。

けれども本当のテーラワーダ式のやり方は、
「アーチャンチャー」「アーチャン・マハーブーワ」のやり方だったわけです!

これななら納得。
「禅定系」です。
 

これでスッキリした。
今広まっている念(サティ)やマインドフルネスのやり方は必ずしも正しいと限らないわけです。
瞑想の前段階となる「覚知」です。
ウォーミングアップです。

で、サティ(念)のもう一つの正しいやり方としては、
「大いなる存在(真我)」に立脚している必要があります。
でありませんとサティ(念)の効果は出てこなくなります。
サティは得られません。

で、このやり方はアドヴァイタやOSHO、禅の只管打坐でもあるわけですね。
いわゆる「気づき」というのは、
真我(大いなる存在)から行わないと「気づき」にならないわけです。

また外部に気づくというのは、禅定ができているとか、見性体験があるとか、
そういう機根がある人に限られてくるやり方なのでしょう。
で、自ずと一境性(カニカ・サマディ)になります。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 

で、結局、悟りの方法とは、
悟りがもたらすエッセンスを切り口に、その真似をしていくことだったりします。

悟りがもたらすエッセンスとは、

・本当の自分(大いなる存在、純粋意識、真我、宇宙意識)
・気づき(明晰性)
・ある(ただ在る、「いまここ」)
・無分別(あるがまま)
・愛・ハート(四無量心、慈悲喜捨)
・禅定(サマディ)
・空・・・禅、大乗仏教中観派
・エネルギー(生命力)

ですね。
悟りとは、これらのエッセンスを真似て、切り口にして達するものでしょう。
もっとも「達する」というのは表現上のアヤです。
 

で、「気づき」といわれているのは「大いなる存在(真我)」が本来有している
知性(智慧)をいい、宇宙性の「認識」としての「意識」です。
通常の状態での「気づきは、別ものです。
こうした通常の意識で「気づき」とやっても悟りには至れないわけなんです。

原理的にいっても当然です。

ところが、このおかしなやり方を、ほとんどのテーラワーダでは教えています。
マインドフルネスではもちろんです。

もし、「気づき」を行うなら、

 ・アドヴァイタのように「真我」に気づく
 ・真我(禅定)から気づく状態にする

としなければ、悟りには至れません。
原理的にいって。
 

ちなみに各流派でのやり方をまとめると、

◎テーラワーダ
 ・禅定(サマディ)
 ・随念(念じ続けること)
 ・愛・ハート(四無量心、慈悲喜捨)
 ・気づき(明晰性)・・・※これは近年、広まっているやり方ですが間違い(瞑想の前段階としての訓練)

◎禅
 ・ある(ただ在る、「いまここ」、「只管打坐」)
 ・無分別(あるがまま)

◎大乗仏教(中観派、唯識派)
 ・愛・ハート(四無量心、慈悲喜捨)
 ・空

◎アドヴァイタ、非二元
 ・本当の自分(大いなる存在、純粋意識、真我、宇宙意識)/自己探索
 ・ある(ただ在る、「いまここ」)
 ・自己観察
 ・気づき(明晰性)・・・大いなる存在(真我)からの気づき
 ・愛・ハート(四無量心、慈悲喜捨)
 ・無分別(あるがまま)

◎ヨーガ
 ・禅定・サマディ(ラージャ・ヨーガ)
 ・自己観察(ギャナ・ヨーガ)
 ・愛・ハート(カルマヨーガ)
 ・善行(カルマヨーガ)
 ・神への献身(バクティヨーガ)
 ・エネルギー・生命力(ハタ・ヨガ、クリア・ヨーガ)

となります。
こうして見ますと、テーラワーダで広まっている「外部の対象物に気づく」というのは、
異質なやり方であることが浮かび上がってきます。
ほぼ全てが「自己の内面」に意識は向かっていきます。
また真我(大いなる存在)に啓(ひら)かれ、ここから瞑想などを行います。

外側の対象に意識を向け、真我(大いなる存在)を曖昧にしているテーラワーダ式は、
完全に間違いとは言えないにしても、方法論としては曖昧な点があって、
実習者を迷わせるようにできていると思います。
 

で、それで、

・テーラワーダ式の「念(サティ)」は間違っている(本当のサティではない)
・マインドフルネスには2種類ある。
 1.感覚器官を守るマインドフルネス(覚知)
 2.本当の気づきとしてのマインドフルネス(念:サティ)

となるのでしょう。

で、今回、「アーチャン・マハーブーワ」が残された修行テキストで、
これらが明確になったということですね。
阿羅漢のお墨付きということです。

 

だから、
超弩級
なんですね。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 

しかし、何故こういうことが起きてしまったのか。
誤りに気づかずに継承されているのか。
どこで「念(サティ)」の解釈が違ってしまうようになったのか。

あと、本当に今までの「気づき」としての「念(サティ)」は、
瞑想として意味をなさないのか。
覚知(感覚器官を守る)だけの方法なのか。

この辺りはもう少し検証も必要です。

というのも従来の「気づき」としての「念(サティ)」は、「真我、大いなる存在、
宇宙意識、純粋意識」と呼ばれる状態から行えば効果はあるからですね。

で、テーラワーダの実習者も、ここに気がついて実習している形跡があります。
言語化はしませんが、いやテーラワーダの文脈では言語化はしにくいため、
あえて言葉にして表現しないんだと思います。

しかし、真我を踏まえるやり方はアドヴァイタのやり方です。
そもそも「真我」を踏まえたやり方は、テーラワーダにはありません。
てか、テーラワーダでは真我はタブーです。

この真我に関しては、テーラワーダでは、これまた勘違いといいますか、
パーリ仏典の読み違いをしているといいますか、
お釈迦さまの「無記」の背景をちゃんと理解していないとも思います。

仏教は、真我をも超越して涅槃に至りますので、
途中経過の真我にはあまり言及していないことと、
2500年前の当時は、真我を観念で理解したがるバラモン教徒が多く、
それで真我への言及を避けたのだと思われます。

こうした歴史的な背景を鑑みること無く、
文言通りに「ブッダは真我を否定した」と受け止めることは、
表層的過ぎるではないかと思います。
修行上における勘違いを招くことが実際、起きます。

が、結局、どのみち現在のテーラワーダでの文脈では
「本当の気づき」というのは成立しにくくなるわけです。

テーラワーダでは、アドヴァイタや禅的な「オープン系の気づき」は成立しません。
百歩譲って、成立しにくくなっています。
間違いや勘違いが起きやすい。
実習者を混乱させ、瞑想難民化させます。

テーラワーダでは、アーチャン・マハーブーワー式の「念仏」「念住」といった
禅定系の念(サティ)が正しくなります。
間違いや勘違いが起きにくくなります。
 

ものすごいショッキングな話しでもありましょう。

しかし、一体どうして、こんな「錯誤」が起き、
これへの疑問や違和感を抱くこと無く、まかり通ることになったのか。

この点も極めて謎であり不思議です。
想像するに、伝統と思われている力に抗うことができなかったのか、
出家という文化をキープすることにウェイトが置かれていたのか、
あるいは、よくわからないで行っていたのではないかと思います。

謎がありますが、しかしアーチャン・マハーブーワの念が「正念」であり、
それは集中し禅定に至るやり方だったということは明らかになったと思います。
 

それにしても、今回大変参考になり、引用もさせていただいて
こちらのブログは秀逸です。

◎Sayalay’s Dhamma book
http://yamaneko.hatenablog.jp/

テーラワーダの深さを垣間見ます。