天使のノート~あなたのとなりにいる天使のメッセージを聞く方法

そういえば、大掃除をしているときに、5年前に買った本が出てきましてね。
5年前、購入したものの、そのまま放置状態にあったものです。

それは、
「天使のノート~あなたのとなりにいる天使のメッセージを聞く方法」という本。

この本、宇宙人本を翻訳している益子祐司さんが翻訳したもので、
「どういうものかな」と思って購入しましてね。

が、届いて、中身を見ると、天使系のスピ本ということで、
当時は「なーんだ」と思って、置きっぱなしにしていたものです。
 

ところが、この前、大掃除をしたときに、またもや出てきて、
「これ、処分しようかな」と思ったのですが、何気にページをめくると、
「あれ、なんか読んでみよう」という気持ちになりましてね。

で、買って5年経ってから、最近、読み始めているのですが、
意外や意外、ツボっています^^;

いやね、この手の天使系の話しは日本にもあると思います。
もっとも日本では、「神さま」と言われていますね。
本質は同じじゃないかと思います。

が、ま、それでも、なんかこの「天使のノート」がフィットしまして^^

パラパラとみていると、なんか自分が感じていることと似ている。
ポジティブ性が大切なこと、天使(天人、精霊)の感性、いろんなところで、
似たような感じ方をしているなあ、と。

これって、リアルに感じているんじゃないのかな、
と、そんな感じがしてきたわけですね。

しかも後書きに、「子どもの頃に天使と話しをしていたものの、
大人になるに従って論理性が出てくると、これを否定するようになる」
ということが書いてあって、「ああ、これはその通りだ」と思いましてね。

あと、西洋的な感覚が、なんかいいんですよね^^
妖精といいますか。
どことなく、宇宙人の感覚に似ているわけです。
 

ま、宇宙人も、天人的ですからね。
天人としての神さまも、宇宙人も、そう変わりがありません。

ちなみに宇宙人にも、シリウスやアンドロメダ系の善人タイプと、
オリオン系の邪悪系がいるといいますね。

これって、天界における天人と阿修羅の関係に似ています。
てか、同じでしょう^^;

なので、宇宙人でも、シリウスやアンドロメダ系と縁がある人と、
グレイやレプテリアンといったオリオン系と縁がある人に
分かれるんじゃないかと思います。

これはそのまま天人系と阿修羅系になりますね。
 

で、「天使のノート」。
著者は、ジェニー・スメドリー(Jenny Smedley)というイギリス人。
イギリスでは著名な天使のガイドであり、スピリチュアリストであると、
本に書いてあります。

で、実際、どういう人なのかなあ、と思ってネットで検索しますと、
さすがネット時代ですね。
動画が出てきます。

Jenny Smedley talking about angels

なるほど^^
スピ好きな方って感じですね。
霊能力とかはありませんが、天使や妖精を信じて、
精霊とともに一緒に生活しているといった方です。

うん、いいんじゃないんですかね。
いいと思います。

たぶん、この方は、リアルに天使(天人、妖精)の存在を感じていて、
リアルに一緒に生活をされているんじゃないかと思います。

しかも、邪悪な精霊系ではありません。
阿修羅系ではありませんね。
天人系です。
 

ちなみに阿修羅系は、剣(けん)や激しさ、トゲトゲしさがあります。
性格もどう猛だったり、強い。
日本でいえばスサノオ系です。
荒い。

パーリ仏典に出てくる「性質の悪いヤッカ(神霊)」もそうです。
邪悪系。
阿修羅。

で、シュメール文明を作ったというアヌンナキもそうです。
これも性格が荒く、どう猛。
傲慢。
レプテリアンですね。

オリオン系の宇宙人そのものが、性格に問題がありますので、
阿修羅系になるわけですね。
 

で、生命形態には、いろんなのがあるわけですが、
私としては、マイルドでやわらかく、やさしいのがいいですね。

こういうのが合います。

ジェニー・スメドリーの「天使のノート」は、
そんなやわらかくもやさしい、親切な精霊との関わりについて述べられています。
ま、ほとんどが、いろんな人の体験談なんですけどね。

もっとも、その解釈においては、そうなのかなあ、なんてゆーのもあります。
が、全体のトーンがポジティブで明るいのですので、
なんか、いいんですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です