橘逸勢神社(浜松市三ヶ日)~平安時代の三筆の一人を祀る神社

橘逸勢神社~三筆の一人を祀る神社

浜松市三ヶ日の探訪は続きます。
三ヶ日って意外なものがあります。

この前、紹介した元伊勢の「濱名惣社神明宮」もそうです。まさか、元伊勢が地元にあっただなんて、すわ驚き。

それに続いて、驚いたのが、平安時代に「三筆」で著名だった「橘逸勢(たちばなの – はやなり)」を祀る神社があったと。

それが「橘逸勢神社」


道沿いに目立つ看板。
これなら、道路を走っていれば誰でもわかります。


簡素な社です。

三筆の一人の橘逸勢

橘逸勢神社は、道を走っていてたまたま見つけたのですが、まさか地元、三ヶ日に、三筆の一人を祀る神社があったとは、まったく知りませんでした。

ちなみに「三筆」とは、「弘法大師空海」「嵯峨天皇」「橘逸勢」ですね。蒼々たる顔ぶれです。

橘逸勢は、空海と一緒に唐へわたっています。ま、国家の要人ですね。

で、濱名惣社神明宮もそうですが、橘逸勢神社があることは、郷土史で教えたほうがいいでしょう。

こういうのは入試には関係の無い「教養」になりますが、地元の地理・歴史を知っておくことは、必要じゃないですかね。結構、役立ちますし。

非業の死を遂げた橘逸勢

で、「橘逸勢神社」ですが、なんでこんな僻地に神社があるかといえば、橘逸勢は、この近辺の「遠江国板築駅(とおとうみのくに – ほうづきえき)」で亡くなっているからです。

なんでも橘逸勢は、承和9年(842年)に、嵯峨上皇亡くなった直後に、皇太子を東国に移してしまおうと画策し、それがバレてしまって逮捕。

で、謀反を企てたということで拷問を受けます。
厳しい拷問を受けたとか。

しかしそれでも罪を吐かなかったということで、流罪の刑と非人の刑という重罰。

橘逸勢は死後、神社に祀られる

かつては空海とともに唐へ渡った国家の要人だった橘逸勢が、島流しの刑と非人という重罪に。

で、伊豆へ島流しされます。
ところが伊豆へ移動する途中、この板築駅(ほうづきえき)で亡くなったと。

病気で亡くなったみたいですね。
享年60数才。

で、そのまんま、ここで弔ったと。
で、神社を建てたと。
そんな歴史があるようです。

伊豆に島流しされていたら、こんな感じで神社を建てて、神として祀られることもなかったかもしれませんね。橘逸勢としては、不幸中の幸いだったのかもしれません。

で、「板築駅(ほうづきえき)」は、現在の浜松市北区三ヶ日町日比沢辺りであるとか。立て札も出ているみたいですね。

【参考サイト】
◎橘逸勢を祀る浜松「橘逸勢神社」
http://guide.travel.co.jp/article/12176/
◎橘逸勢
https://ja.wikipedia.org/wiki/
◎橘逸勢死した板築駅は
http://yoyoryuu.dosugoi.net/e949635.html

橘逸勢神社の境内

境内は、とても狭いのですが、その中に珍しいものもあったりします。


これは、逸勢の一人娘「妙仲尼(みょうちゅに)」の孝行をたたえた旌孝碑(せいこうひ)。

妙仲は、お父さんが流罪になったと聞いて、後を追ったそうです。が、亡くなったことを知って、悲しみに暮れたそうです。

で、娘は父を埋葬し、尼となって、名を「妙仲」と改めたと。そうしてお父さんの墓の近くの庵で生活し、お父さんの菩提を弔い続けたといいます。

そのことが旌孝碑(せいこうひ)となって祀られています。

三筆の橘逸勢の徳にあやかりたいためか、「日本書道芸術学院」でも碑を建てています。

それにしても、三ヶ日に、三筆の一人だった橘逸勢(たちばなの はやなり)を祀った神社があったとは知りませんでしたなあ^^;

もう、この日、カルチャーショックといいますか、地元にいながら初めて知る郷土史に、なんとも初々し新鮮な気持ちになったものです。

三ヶ日はいいですなあ、
こんなに良いところだったりは知りませんでした。

また行ってみるべ、って気持ちになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です