スピリチュアルと宗教と原始仏教と宇宙人

ここのところ、宇宙人の話が続いています。
宇宙人やUFOといえば、「そんなもんないだろ」と思われたり、関心を示さない方も少なくありません。

そもそも【証拠】らしい証拠はありませんし。
信じる・信じないの世界といえば、そうなります。

怪しい情報もあって真偽を見抜きにくい。
「自分で確かめられないものは安易に信じない」という仏陀の言葉もあります。

宇宙人情報で着目するのは高度な教えや哲学

しかし自分にとっては、輪廻転生が実在である感じているように、宇宙人やUFOは実在するものですね。
リアリティを感じます。
もちろん、中には怪しすぎる話しもあるので、取捨選択はしていますが。

宇宙人情報で注目すべきポイントは、教えや哲学です。
高度な教えと宇宙哲学
これです。

宇宙人とかの証拠が無くても、ここで説かれている各種の「教え」や「哲学」「物の考え方」「生き方」が大切です。

参考になるのは、こうした教えであり哲学の部分です。
そして、これらの哲学なりの中には、かなり有益な教えがあります。
 

宇宙人関連で大切なのは、そこに崇高な精神性、生き方、哲学があるかどうかだと思っています。
といいますか、これが全てであると思っています。

科学とか、推進原理とか、そういうのも確かに興味はありますが、一番大切なのは「心をどうやって高めていくか」の部分です。

ここに、ハっとさせられる示唆があったり、ヒントがあるので、宇宙人関連に興味を持ちます。

ですので、過去にはジョージ・アダムスキー、ハワード・メンジャー、秋山眞人氏といった辺りの情報を軸にしていたものです。
彼らのもたらす情報には、良き生き方となる教えが数多くあります。

最近では、オムネク・オネクです。
彼女は、90年代にクリスティーナという名前で、UFOコンタクティーという雑誌に少しだけ紹介されていました。

オムネク・オネクがもたらす情報は濃密でしたが、オムネクのように、良い教え、シンプルな実践が説かれていると納得します。

シンプルな教えこそ実践に役に立つ

あと、シンプルさが大切です。
シンプルであることは、実践レベルに落とし込んでいる証拠なのですね。

よくスピリチュアルの本に目立つのですが、著者自身が分かっているんだか、分かっていないのかが曖昧で、説明が中途半端であったり、複雑な言い回しをしているのがあることです。
よくいえば、読者に考えさせる。悪くいえば読者を煙に巻いているといえますが。

しかし複雑な説明というのは、実は「実践向け」ではありません。

一見すると、その難解さが故に、高度で深淵な教えのように見えますが、所詮、表面意識で理解する程度で終わってしまうことが多く、体得するのが難しいことが多いものです。

ここに気がついている方は少ないかもしれません。
教えを習得するということは、実に表面的な思惟・判断を捨てていく必要もあるのです。

頭で理解する教えが、かえって邪魔になるというパラドックスがあったりします。
ですので難解な言い回しの「知識・教養」というのは、実は底が浅いんです。本当は。

こうしたことは実践を続けていくと分かってくると思います。
複雑な教えや概念ほど役に立たないということが。

面白いことに、こういうのは大抵、ビジネス色が大変強くなっています。
いえいえ、お金を取ることが悪いという意味ではないんですね。

中身に対して、あまりにも高額なセミナーやコースが用意されているものがあって、こういうのは、どうなのかな、と思うものですね。
セミナーが決して悪いわけではないのですが、ハマりこませる装置があるのも気になります。

複雑な体系を持つビジネス色の濃いものは深みに欠ける

結局、複雑な体系を持っている難解な教えや、ビジネス色の強いものの本質は、人を縛り付ける「宗教」に似ています。

宗教団体のように退会が困難であったり、人間関係を縛り付けるんはありませんが、心理的に依存させている点で、新手の宗教とえいます。

この手の著者や提唱者は、何らかの体験をしているかもしれませんが、実はそれほどすごいことではなく、意外と想像も含まれていて、中身そのものは浅薄だったりします。言っていることがありきたりで深みがありません。

神智学かその辺りを参考にしているな、という感じもしてきます。
これに気づかれないような書き方もしてあって、深みがあるかのように見せかけている、そんな印象もあります。

しかしこうしたものが役立っている方々もいらっしゃいますので、否定はできませんし、役立っている方には良い教えであるとは思います。

ですが、ビジネスとして巧く利用されているなあ、と思う所があったりします。
この辺りは、人によって受け止め方が違いますし、役立っていることも事実ですので、一応、こうした見方ができるとうことですね。

スピリチュアル・ビジネスはやむを得ないが

スピリチュアル系の中には、読者の期待感や夢想を前提に、雰囲気でバーっとやってしまうところがあったりします。
冷静になって、その中身や内容を吟味することが大切なのですがね。

ただ、今の世の中が「お金」が無いと生きていけません。
ですので、商売としてのスピリチュアルも仕方ないと思います。

自分も同じ立場になったら、やはり同じようにすると思います^^;
こういう仕組みを知っていますので、たぶん上手にやるだろうなと^^;
やっぱり食べて生きていかないとなりません。

ですのでスピリチュアルをビジネスにすることは、今では認めるようになってきました。
ですが、利用する方は、こうした部分を見抜いて下さいね^^;

スピリチュアルの中には役立つ教えがあるのも事実です。
これは素晴らしいと思います。
ですので、上手に吸収していくのがいいですね。

宗教には迷信や政治意図が組み込まれているものもある

あと現在、地球に残る宗教の多くは、迷信が含まれているのがほとんどです。
仏教でも迷信や儀式めいたものがてんこ盛りな派もあります。

宗教の中には、支配者や体制側に有利となるように改ざんされているものもあります。
キリスト教は、ニケア公会議で端的に示されているように、政治体制、つまり大衆の支配のための「道具」に様変わりしています。

新興系の宗教においては、完全にビジネスに組み込まれています。
信じている人は搾取の対象になっています。

こういうのが圧倒的に多い。
玉石混淆なんですね。

20世紀のテーラワーダ仏教でも政治の影響を受けている

ちなみに、こうした傾向は近代の宗教でも起きています。
最近では、テーラワーダ仏教が、仏教界で注目されています。
しかし、ものテーラワーダ仏教では、タイとミャンマーにおいて、20世紀には大きな改変が行われています。

タイでは、20世紀に「サンガ統制法」が施行され、パーリ仏典にある仏教が改変されています。
天界や餓鬼界といった異次元の世界を否定し、生まれ変わりとしての輪廻転生も否定し、神通力も否定します。

さらに修行方法にいたっても、禅定を否定し、念(サティ)を主とします。
これらを、国が率先して改変しているわけです。

ミャンマーでも似たことが起きています。
ミャンマーでは、タイほど改ざんはしていませんが、瞑想の仕方が、念(サティ)を主とします。
その結果、マハシ式や、ゴエンカ式といった、サティ主体の方法が席巻するようになります。

原始仏教と宇宙人的なものが役に立つ

こうしたのは政治的な影響も受けて偏向していることも多かったりします。
また、ややこしく面倒であり、時にカルト化するため、あまり関わらないのがいいかなと思います。

そうではなく、自分で模索しながらのほうが良いと思います。

こうした模索をしていくと、最も役に立つのが「原始仏教」。
それと「宇宙人的なもの」。
この二つは、昔から自分の軸になっているものです。

しかし宇宙人的なことは、かれこれ10年くらいご無沙汰でした。
その理由は、日本GAPというのが無くなり、情報の取捨選択が難しくなった感じが出てきたからです。

2000年頃から続いているグリア博士のディスクロージャーもありましたが、ここには、「生き方」、目を見開くような「哲学」や「教え」はほとんどなく、宇宙人が存在する証拠を出したり、軍産複合体が関与しているなどショッキングな事実が多く、自分にとってあまり関係無いという印象があったためスルーしていた状態でした。

ちょうどこの頃、原始仏教の情報が多くなり、スマナサーラ師の精力的な執筆活動のお陰で、原始仏教の世界を深く探求するようになります。

宇宙人的な情報への回帰

こうしたことが10年以上続き、そして今年。
今年に入って、急速に宇宙的な方向への再起動。
今まで眠っていた宇宙人関連のことが再びよみがえってきた感じです。

宇宙的な事に関して、いろいろな情報もひっかかるようになってきていますし。
やがて、宇宙人的な方面の方との接点などが出てくるのではないかと。
もしかして、宇宙人そのものであったり、転生して来た方とのコンタクトがあったりして^^

あんまりこういうことを言ったりすると「何、妄想してるの」とか言われそうなので、つい自粛してしまいますが。
それでも本音をいえば、何か高揚感や期待感があったりします。
単なる勘違い、錯誤で終わるかもしれませんが。

しかし。
原始仏教に宇宙的なものを取り入れると、これがまた新しい発見や気付きも出てきたりもします。
実は、宇宙人的な視点から原始仏教を見たときの再発見がまた大きかったりします。
このことは、原始仏教HPでもいずれ掲載していこうかとも考えています。

10年以上、眠っていた宇宙人関連。
それが突如、再起動。

戸惑いを憶えつつも、流れのままに、
なんて思ったりもしています。

ちなみにこの本は、ありがちなベタなスピリチュアル系の書名になっていますが、
シンプスで分かりやすく、
実践者ならではの内容です。

机上の空論、自己陶酔の世界、分かっているんだか分かっていないのかが微妙な、
ナンチャッてスピリチュアルとは違います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です