原始キリスト教とダスカロス

ダスカロスの教えの中核は「原始キリスト教」でないかと思います。
というのも、ダスカロスは、過去生の記憶や指導的存在のヨハネスより、
本来のキリストの教えと実践を知っていた節があるからです。

事実、ダスカロスの一連の書を読むと、
それが「原始キリスト教(本来のキリスト教)」として
説明されていることが分かります。

ダスカロスが「原始キリスト教」であることは、
ご自身が書かれた一連の著作物の
ライイナップを見れば明らかです。

「真理の言葉」

「エソテリック・プラクティス」

「キリストのたとえ話」
新訳版 キリストのたとえ話 (ダスカロスによる註解書)

これらは「本当のジョシュア(キリスト)の教え」として説明されています。
しかも、前世の記憶や、指導霊ヨハネスによって教えられたとあります。

通常の感性ですと、上記のことはにわかに信じられませんし、
第三者が確かめることができない話しになります。

こうしたケースは、とかく厄介です。
「信じる・信じない」の世界になるからです。
 

しかし、ダスカロスの一連の書を読みますと、
そこには首尾一貫した矛盾の無い説明があることが分かってまいります。

そして、この理屈や説明の上に、ダスカロス自身が成し遂げた
各種の奇瑞があります。
 

ダスカロスが行った奇跡的なヒーリングは実際に認められています。
そして、ダスカロスのこの奇跡的なヒーリングの理由が、上記の書にあります。
この上記の書が、「原始キリスト教」といいます。

三段論法として、ダスカロスが言っていることは「本当かもしれない」と
納得する所以です。
 

私は、ダスカロスの説明は「原始キリスト教」であると思っています。
輪廻転生を前提にし、多次元世界に関する言及、心と思考によるエレメンタル等々、
現在のキリスト教とは全くといってよいほど異なる教えから成り立っています。

ダスカロスはいいます。
原始キリスト教は、日本の禅宗のようでもあると。

これは驚きですね。
禅宗に似ているとなれば、そのルーツである原始仏教でしょう。

原始キリスト教は原始仏教に通じるところがあったと考えて良さそうです。
 

原始仏教も、原始キリスト教も、実は「同じところを見ていた」
のではないかと考えています。

原始仏教では、涅槃(ニルヴァーナ)、原始キリスト教では、絶対(父・創造主)
実は、どちらも同じもので「永遠」としての世界。
 

原始仏教では、涅槃に至る方法を明確に説き、それを「無明を滅ぼす」
あるいは「渇愛を断つ」といった「煩悩断滅」として説きます。

この方法の具体的実践となるのが、カラーパレベルでの無常・苦・無我の観察であり、
あるいは、「今ここに」を絶え間なく実践するヴィパッサナ瞑想になります。
原始仏教では、方法論が明確です。
 

一方、原始キリスト教では、愛の実践を通して、
絶対(父・創造主)と一体となると説き、
方向性のみ示しています。

方法論が曖昧です。
しかも厳密にいえば誤謬を含んでいます。

ダスカロスの説く原始キリスト教的方法は、
2500年前の仏陀在世の時代にバラモン教でも説かれています。
しかしこの方法には不備があることが分かっています。

一体を目指しては、ゴールは得られず、
一体を目指さないで、「執着をしない」連続性によって、絶対・父・創造主・永遠・涅槃と
いった「状態になる」ことが、原始仏典から読み取れます。

厳密にいえば、ダスカロスの方法には不備な点もあると思われますが、
しかしアストラル界やメンタル界、コザール界の「歩き方」が分かります。
しかも、実生活に役立つ方法も多いため、原始仏教を補完できる内容として
使用できるのではないかと考えています。

そんなダスカロスの入門書としては、こちらが分かりやすいですね。

この書は、定番になりますね。
またダスカロス入門書にもなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です