4月PMIが急落、コロナ恐慌か?

コロナ恐慌か?4月PMIが急落

PMI(購買担当者指数)が発表されましたね。
PMIには、製造業サービス業の2つの指標があります。

で、4月発表のPMI(購買担当者指数)が、
製造業とサービス業の両方共に急激に下落しています。

4月の日本の製造業PMIは37.8

◎日本の製造業PMI
4月・・・37.8
急落しています。

製造業PMIは今までずっと50以上をキープ。
まずますな状態。

リーマンショックのときは35に下落。
3・11地震のときは45に下落。

4月のPMIは、3・11地震よりも悪く、
リーマンショックに近い数字です。
気になる動向です。

4月の日本のサービス業PMI・・・22.8

◎日本のサービス業PMI
4月・・・22.8
こちらも急落。

サービス業のPMIは、日本では2013年から取得しています。
ずっと50以上をキープ。

しかし今年4月になって急激に50以下に下落。
暴落です。
22.8。

リーマンショックのときの製造業PMIは35。
他業種のPMIと単純に比較できませんが、
22.8はかなり悪い。
こちらも気になります。

PMI(購買担当者指数)とは何か?

ところでPMI(購買担当者指数)とは何でしょうか。
PMI(購買担当者指数)とは、各企業に問い合わせをして得ているデータです。

ザックリ言いますと「今月はどれだけ売れましたか?」
といったアンケートを取って集めた月毎の景況感を示す生のデータです。
PMIには、製造業とサービス業の2つの指標があります。

サービス業のPMIは2013年から取得しています。
わりと新しい指標だったりします。

PMIは景況感を示す指標

で、PMIは50を超えれば景気が良い状態。
50少し超えればまずまず。

50を少し切れば悪い状態。
50を大きく切ればかなり悪い状態。

PMIとは景況感を示すわけですね。

PMIはGDPと関係がある

で、PMIはGDPと似たような動きをします。
なので、PMIからGDPを予測することができます。

ちなみにPMIは毎月発表されます。
GDPは3ケ毎に発表されます。

で、PMIはアンケートで得られるのですぐに指標が出てきます。
GDPは計算する必要があり、指標が出るまでに時間がかかります。

で、PMIとGDPには相関性がありますので、
PMIの指標から、GDPの予測ができるというわけなんですね。

4月のPMIはアメリカも下落

で、アメリカにおける4月のPMIも急落しています。

◎グローバル製造業のPMI
4月・・・47.5
日本ほどではありませんが、下落しています。

◎米国サービス業PMI
4月・・・27.5
日本と同様に急落しています。

日本の経済はヤバくなっている

このようにPMIを踏まえて、日本とアメリカとを比較すると、
景況感がわかります。

日本のほうが影響が大きいですね。
これは昨年10月に消費税を10%にアップしたことも関係しています。

また安倍内閣になってから7年間、緊縮財政と財政規律により、
新規国債の発行を控え、いわゆる国の借金を減らす政策を続けています。
このため長引くデフレとなり、企業の活力も失われています。

この上での「新型コロナウイルス」の影響です。
大ダメージとなるのも仕方ないでしょう。
アメリカよりも悪くなるのは、消費税と緊縮財政と財政規律があるからです。

日本のサービス業はどうなるか?

新型コロナウイルスは、まずサービス業にダメージを及ぼしています。
旅行・観光業、航空業界がまずダメージ。
続いて、飲食業などの接客業。
バー、キャバレー、クラブ、風俗といった夜の仕事の業界は、
コロナのクラスター源とも言われて大打撃も被っています。

こうした「サービス業」へのダメージが大きかったことは、
4月のPMIを見てもわかります。

日本では22.8。
アメリカでは27.5。
かなり悪いです。

日本の製造業はどうなるか?

製造業では、日本のほうが急落しています。
景気が急に悪化してきています。

製造業では、中国からのサプライチェーンが途絶えて、
たとえば建設業界ではトイレが入荷しないため、
住宅が完成しないとかの問題も起きていました。
マスクが入荷しないもそうですね。

結局、日本では中国に工場を作り、中国に依存していたため、
日本の製造業は大ダメージを受けています。

そのことが4月のPM指標にハッキリと出ています。
日本では、37.8。
アメリカでは、47.5。

明らかに中国に依存している日本のほうが
ダメージが大きくなっていることがわかります。

今後の予想~GDPはマイナス8~14%か?

コロナ禍による経済への影響は、世界中に出ています。
マイナスに作用しています。

中でも日本は、そのマイナスの影響が大きいですね。
コロナの影響はサービス業から始まっていますが、
中国に工場を置く製造業もダメージを受けています。
サービス業も製造業もダメージ。

製造業は、ジワジワとダメージが訪れますので、
5月の製造業PMIは、さらに下落すると思います。

PMIはGDPと同じような動きをしますので、
次のGDPはおおそそ予測ができます。

いろんな人達がGDPの予測をしていますが、
GDPはマイナス8~14%
という予測もあります。
この数字は、PMIを踏まえた予測です。

今こそ国債を発行しての財政出動を

日本の景況感は悪化しているものの、
4月のPMIはリーマンショックまでにはなっていません。

このまま何もしないでいれば、リーマンショックを超え、
コロナ恐慌が起きるのは必至ですね。

しかしながら国債を発行して、企業への補償、個人給付を
もっと大胆に行うならば、大難に陥ることはないでしょう。

「財政破綻するー!」を完全論破 政府の赤字は国民の黒字|MMT国際シンポジウム特別講演|三橋貴明

ちなみに国債を発行しても金利は上がりません。
実際、2008年リーマンショックのとき35兆円の財政赤字を発行しています。
当時は「金利が上がる」「インフレ率は上がる」と騒がれたものの、
実際は金利は下がっていっています。
インフレ率も下がっていったほど。


※画像引用元:財務省のPB・緊縮の欺瞞を打破せよ! | 三橋貴明オフィシャルブログ

100兆円規模の国債を発行しても金利は上がりませんし、インフレにもなりません。
もちろん財政破綻もしません。
自国通貨建の国は財政破綻はしません。

なので今こそ、大胆な財政出動(国債の発行)が必要ですね。
これによって日本は、コロナ恐慌に陥ることを避けられるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です