コロナウイルスがアセンションを引き起こす?

コロナウイルスがアセンションを引き起こす

新型コロナウイルスが蔓延しています。感染者も増え、医療崩壊も起き、経済はストップ。世界中でロックダウンが行われ大惨事となっています。

けれども新型コロナウイルスによってアセンションが起きるのでは?といった見方をしている向きもあるようです。

確かに見方を変えると、コロナによって人々の精神性が向上するともいえます。そのことはこちらで書きました。⇒コロナ・マインドフルネスとコロナ戒律~世界中がコロナ・リトリート

半分冗談ではありますが、確かに、コロナの拡大によって、行動が自粛されています。

自粛が広まり、外出が控えられると、自宅での生活が多いなります。こうなると人は内省的になります。意識が、自分の内面に向かいやすくなる。

で、これは「瞑想」です。
自分の心を見つめる。
そんな人が多くなる。

アセンション(次元上昇)というスピリチュアルな言葉を使わなくても、コロナによって、人々の生活仕様は変わり、自分を見つめることが多くなります。

で、瞑想的になっていくようになります。で、結果的に人々の意識の向上が起き得ます。精神性が高まりますね。

コロナによって戒律・マインドフルネス・リトリート・瞑想的な生活に

実際、コロナによって「バー、キャバレー、クラブ、風俗、居酒屋」へ行く人が減っています。というか行かないでしょう。

なぜならクラスターになる感染源と言われているからです。コロナに感染した人の多くが、こうした場所へ行っています。

バー、キャバレー、クラブ、風俗へ行かなくなると、生活が正しくなります。精神状態もよくなります。

しかもコロナに感染しないための「コロナ戒律」を守ります。外出時には「顔を触らない」といった「コロナ・マインドフルネス」を実践することになります。

さらに世界中がロックダウン。「コロナ・リトリート」です。

戒律を守り、マインドフルネスを行い、リトリートを行う。もうこれらは瞑想です。精神を向上させる実践です^^;

コロナによって自己観察する人が多くなる

この生活が長くなると、自ずと自分を向き合うようになります。今までの生活を見直します。物質主義になっていた人は、なおさらです。

自分見つめ自分を観察します。自ずと「瞑想的」になります。

世界中で、多くの人が瞑想的になります。これはそのまま「意識の向上」となります。

人類全体の意識が向上しそうですね。

リアル・アセンションか!?
次元上昇!?

アセンションは別にして、コロナによって自己観察する人が多くなることは確かです。

で、自己観察は覚醒をうながします。自分を見つめること、内観によって、悟りもしやすくなります。

新型コロナウイルスは神の使い?

コロナ収束は時間がかかると言われています。長期化すると言われています。

自宅に引きもり、内省化するコロナな生活は、長期化するかもしれません。しかし、これによって人々の生活習慣は改まります。

もしかすると「コロナは人類の意識向上のために登場した神の使い?」なのかもしれませんね。

コロナに感染すると大変ですので、不謹慎と思われるかもしれませんが、コロナは決してデメリットばかりではありませんね。

コロナによって強欲資本主義とグローバリズムの問題が明らかになった

コロナによって、政治や経済の問題が誰の目にも明らかになってきています。

政治においては、政治家や官僚達の保身や利権への執着が誰の目にも明らかになっています。

経済においては、強欲資本主義とグローバリズムの問題が明らかになっています。

たとえば、

何故、政府は国民のためにお金を出さないの?
⇒財務省が緊縮財政(ケチな政策)をしているから。国民の命や生活よりも、国家の財政のほうが大事と考えているから。

では何故、財務省は国民のためにお金を出してくれないの?
⇒財務省官僚は自分の出世と保身のほうが大事だから。国民の命と生活よりも我が身が大事だから。

でも何故、国会議員は財務省に反対意見が言えないの?
⇒財務省が怖いから。財務省は国税庁を配下に従えていて、国会議員はビビっているから。※藤井聡さんによる国会議員の真実⇒

何故、パンデミックになったの?
⇒グローバリズムで人の移動が自由になっているから。疫病もすぐに広まってしまう。イタリアは人口の20%が中国人。だから感染爆発が起きてしまった。

何故、安倍首相は1月の時点で感染源の中国からの入国禁止しなかったの?
⇒習近平主席を日本に迎える予定があったから。安倍首相は日本国民の命よりも、中国を大事にした。

何故、マスクが手に入らないの?
⇒マスクは中国で生産していたから。中国が止まっているので、マスクが手に入らない。グローバリズムって困ったもんだ。

何故、医療崩壊を引き起こしているの?
⇒2000年頃から財務省の緊縮財政により、非常自体や緊急時に必要なモノは、ムダとされるようになった。医療費削減の理由から、医師、看護士、ベッド数もすべて減らされてきた。だからコロナのような緊急時に、充分な対応できなくなった。医療崩壊を引き起こす。

こうしたことは他でも言っていますね。
⇒日本の防疫体制が台湾・韓国に格段に劣るワケ

コロナ禍によって、政治と経済の様々な問題が一気に浮上し、問題が明らかになってきています。

Nocturno – Felt Piano and Fates (DIY Monome Norms)

新しい時代の幕開け~コロナは破壊と創造をもたらす

こうしたコロナの騒動に乗じて、ショックドクトリンを仕掛けたり、強権政治全体主義に走ろうとする政治家が出てきたりする、そんな懸念もあります。⇒【堤未果】コロナウイルス・ショックドクトリン「月刊アンダーワールド」

けれども今までの有り様を見直して、新しい仕組みを生み出すこともできます。実際、そういうチャンスとして動いている人達もいます。

未来は明るい。
ええ。
未来は明るいです。

天使や天人から生まれ変わってきている子どもも多くなっています。これ自体、世の中がよくなる兆しです。

今回のコロナによって、今までのグローバリズムと、一部の富裕層がうるおう資本主義の膿が一気にあふれ出しています。

コロナが、これらを明らかにしてくれた。誰の目にわかるように明らかにしてくれた。

今はまさに「破壊と創造」がリアルで起き続けています。しかし未来は、共生の社会となることでしょう。その大掃除が今起きています。

未来は明るい。
希望に満ちた社会が間もなくやってきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です