驚愕!結婚相手は前世でも無数に結ばれた縁のある人だった!

結婚相手は前世でも無数に結ばれた縁のある人

今日は驚くべき話しをご紹介します。

それは「現世で結婚した相手は、なんと!過去世において、何度も結婚していた」ということです。

先に結論を言っていまいますが、今生で結婚した相手は、無数の過去世において、数え切れない程、何度も結婚していたということです。

ただ単に「前世から縁がある相手」という話しではなく、相当な縁(もはや自分の片割れ)といったレベルです。

このことは最古の仏典である「パーリ仏典」に伝承されているお話しです。今日は、そんな度肝を抜かすような真実のお話です。

生命は無限に近い生まれ変わりをしている

人は、無限に近い生まれ変わりをしています。

霊能者の中には、数百回、輪廻転生しているとか、33回転生しているとか言っていますが、これらは違います。

ブッダは、無限に近い回数を転生していると、何度も言っています。

たとえばパーリ仏典・相応部・無始相応。ここには「生命が輪廻転生する中で流した涙の量は『海よりも多い』」とあります。

あるいは「現世(今の生涯)を指先の「ひとつまみの土」とすれば、輪廻転生の数は大地の全て土のよりもはるかに多い」と述べています。

卒倒しませんか?
でも、ブッダの言う通りで、これが真実だと思います。

同じ両親の元に生まれ変わる回数も無限

輪廻は、そう問屋が卸すものではありません。とにかく無限に近い輪廻転生をしています。

そもそもお釈迦さまは、「今の両親の元に生まれ変わってきた数は大海よりも多い」と言っているくらい。

これね、「現在の両親(カップル)の元に生まれてきている回数」ですよ。別の両親の場合もあるわけです。

が、今のおとーちゃん、おかーちゃんが結婚して、その元に生まれてきている回数が、無限ということ。

どんだけ生まれ変わりをしているよ、ってことですね^^;

今の両親が、カップルになる確率と、その元に生まれてくる確率。この確率の元に生まれてきている回数が、ほぼ無限。

別の両親の元に生まれてきている回数もほぼ無限。その両親だって、ものすごい数です。

人の生まれ変わりって、一体・・・。

卒倒しませんか(笑)
わたしゃ、めまいがするくらいビックリしましたよ^^;

前世から同じ相手と無限に結婚している

しかしですね、「同じ両親の元に生まれてきた回数は無限」は見方を変えると、現世で結婚した相手は、過去世でも無限なくらい夫婦(めおと)になっているとゆーことなんですよね。

そうでしょ?
「同じ両親の元に生まれてきた回数は無限」なので、両親もまた、無限に近いくらい、同じ配偶者と結婚しているわけなんです。

論理的必然です。
しかし、これまたこれまた卒倒しません?^^;

もちろん、他の人とも結婚していますよ。でも、今の配偶者とも気が遠くなるくらいの数、結婚しているわけです。

今の旦那とは来世のどこかで必ず結婚する

で、これ読んで、目がテンになった方がいらっしゃるのでは?口アングリしてしまう方もいらっしゃるのでは^^;?

「えー!ウチの旦那と、前世で、無限なくらい結婚してたんでつかー???」って思うかもしれませんが、

「ハイ、そうですぅぅぅ~^^」

ってなるわけです。

はは(^o^)

「えええ、またウチの旦那と結婚するんでつかー???」

「はぁぁぁーいぃぃぃ~(^o^)」

「もーやめてーーー!ヽ(`Д´)ノ」

なんてゆー奥さまもいらっしゃるかもしれませんね^^;

ソウルメイトとは?5つの種類がある縁の深い関係

前世では超ラブラブの幸せカップルだった

でもね、毎回、毎回、つらい関係だけはーありませんのでね。

ロシアンルーレットの輪廻転生の仕組みは、時には、超ラブラブのハッピーカップルにもしてくれます。

絵に描いたような物語をたどって、周囲からも祝福されて、代々語りぐさになるような伝説を残す、めでたしめでたしなカップルともなりますのでね。

ご安心をば。

数え切れない生涯の中には、そりゃ地球一、有名で、幸福な生涯もありますから^^;

ビルゲイツのような超富裕層な生涯もあります。エリザベス女王のように、絶対的なポジションに就いて影響及ぼしまくる存在にもなっていますから。

でも、そういう生涯を送っても、ぜーんぶ忘れてしまうんでつけどね^^;

ご安心をば。

「って、安心できないんでつけどぉぉ^^;」って思われるなら、ハイ、あなた様も輪廻解脱組でつね^^;

袖振り合うも多生の縁

ま、そんなことがありますので、縁のある人というのは、過去世で無数なほど縁があるわけですね。
まさに「袖振り合うも多生の縁」

結婚したり、兄弟になったり。
友人になったり、恋人になったり。
親子になったり、親戚になったり。
あるいは、敵になったり、鬼上司になったり。

様々な人間ドラマを形続けてまくってきているんですね。

なので、人様には「まいど、おおきに」ではありませんが、いい感じに接し続けるのがおすすめなんですね。

とはいっても、そうとばかりできないのが人間つー性(さが)なんですけどね。

無限の生まれ変わりをしているから慈悲喜捨

でもね、それでもやっぱり基本は、慈愛ですよ。

四無量心、慈悲喜捨ではありませんが、まず縁ある人の間に四無量心、慈悲喜捨の心を持つようにして、みんなハッピー路線を目指すようにしたほうが、断然、お得なんです^^

ええ、火曜特売市以上に、お得なんです^^;

ま、お得なんていいますと、現金な印象を受けるかもしれませんが、崇高な精神であり続けるのが、断然いいわけです。

ま、そんなこともありますが、善き生まれ変わりをしながら、輪廻の流れかた解脱したいと思うのは、輪廻転生を知れば知るほど、理解も深まっていくように思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です