インド占星術の木星期でも不遇を感じるケースとその理由の考察

ま、それはさておいて。
インド占星術の話しでも。

インド占星術では、幸運な時期をいくつか設定しています。
が、実際に見てみると、1室、5室、9室の時期がいいような。

木星とか、吉星の時期が良いというのもありますが、
これは必ずしも、そうではない。

木星が10室にあるにも関わらず、大変だったという人もいます。
確かにこの方は、7室と10室のダブル・ケーンドラを支配している木星なんですね。
しかし、本来の星座に入り、力も強い。
アートマカーラカにも相当しています。
ところが、実際は、苦しみとか不自由が多く大変だったといいます。

ちなみに木星という大吉星であっても、たとえばケーンドラを支配すると力が弱くなったり、
ドシュタナを支配すると凶星化したりすると言われています。
が、生来的吉星の木星の恩恵はあると言われていますので、
そうそう苦労ばかりとは言えないと思うわけですね。

ところが、木星期であっても、苦しみとかつらいことの記憶しか無いというわけです。
こういうのに遭遇すると、いろいろと考えてしまうわけなんですね。
 

で、いろいろと検証すると、一つの答えが浮かび上がってくるわけなんです。
それは何か。

それは、感謝の気持ちが足りない。
これです。

いくら幸運期に入っていても、感謝の気持ちが弱いと、
マイナス面ばっかりに気が向いて、幸福が感じられません。
実際に、こういうのがあります。

相当に良い運勢に入っているなら、
さすがにネガティブな人も「しあわせだあ」と感じますが、
まずまずな幸運期ですと、感謝の念がとぼしかったり、
マイナスのことばかりに心が向きがちな人は、
幸福感が感じられにくくなる。

こうした事例を見ていますと、やはり常に気持ちを明朗にすることの大切さを思います。
ポジティブシンキングとか、ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)を行って、
心をウキウキさせたり、フラットで平穏なやわらかさを持つように努めることが大事だなあ、と。

もっとも、悟り系の文脈では、また違った解釈も出てきますね。
悟り系では、幸運期も不運期も関係なく、あるがままでいきますのでね。
幸不幸は関係ないというのは、悟り系における大義名分です。
 

しかし、ほとんど多くの人は、幸不運が気になるものです。
悟り系を実践している人も、本当は、幸不幸が気になっているんです。
それが本音なんです。

それに、現代社会では、幸福であるほうが生きやすいんです。
不幸不運では、ものすごく厳しい。
昔と違って、自給自足で生活することは困難。
山奥に入って、生活することも困難。

だから、人は、幸運な生涯を送るようにしたほうがいいわけです。
で、なので、幸運になるように、布施、ほどこし、心のきよらかさ、浄化に励み、
運がよくなるようにもしながら、悟り行を進めるのが現実的なんです。

で、これこそがブッダが示したアプローチなんですね。
悟り系と幸福系とを合体させているわけなんです。
 

で、話しがそれましたが、インド占星術。
で、どうも、1室、5室、9室支配星の時期で、
ケーンドラ、トリコーナにあるならば、間違いなく幸運期と言えそうな。
確実に、幸運期と言えるのは、この時期ではないかと思いますね。

インド占星術は深い。
その人の普段の有り様によって、ダシャーの感覚も異なってきます。

先に書いたように、感謝の気持ちの強い人は、幸運を感じやすいんです。
ダシャーに関係なく。

反対に、感謝の気持ちが弱い人や乏しい人は、幸運を感じにくい。

なので、占い師は、その人が、感謝の気持ちがある人か、ないかを見極めた上で、
判断を下すことがあります。
 

で、悟り系が入ってくると、この話しが、またややこしくなったりします。
悟り系では、何もしない、あるがままが基本です。

が、これには、どうも落とし穴がありそうな気がしています。
在家が悟り系を実践する場合、気をつけなければならないことがいくつかある。
てか、対応の仕方に工夫が必要。

とまあ、話しがあっちこっちに飛んでの占い独り言。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です