キラキラネームはおすすめできない~名前は自然な音韻・響きが大切

「キラキラネームはやめて」と救命医が問題提起

キラキラネーム。
今、話題になっています。
というか「キラキラネームはやめて」と批判が殺到しています。

発端は、静岡県立こども病院に勤める救命医のツィートがきっかけとか。

『キラキラネーム狩り』開始か?テレビでも特集され酷い親と批判殺到!
http://www.yukawanet.com/archives/4512739.html

救急医療の現場では、文字通り、緊急に対処します。
一分一秒の世界なのでしょう。
こうした現場では、「読めない名前」は非常に困るのでしょうね。

で、キラキラネームの子どもも増えてきているため「読めない」と。
名前が読めないため、スタッフ間のコミュニケーションが充分取れず、
このため、治療や対応にミスが出る危険性が出てくると。

ごもっともです。
名前が分からない、読めないと、対応に遅れが出たり、
ミスを招きやすくなるのは想像がつきます。

この救命医、よい切り口で問題提起しました。

キラキラネームは読み方・響きも非常識

そもそもキラキラネーム、これは多くの方が指摘する通り、おすすめできません。
批判されて当たり前。
そもそもキラキラネーム、というよりも珍名といったほうが相応しいのですが、

1.「読めない」「読みにくい」。※今回の救命医が言われる通りです。
2.個性と、奇矯・非常識を履き違え、社会性を帯びず実質アウトロー化している。
3.音韻的にも不自然で、発音しにくい。

名前は社会に溶け込む感性を無意識に養う

「名前」には、社会性帯びさせ、常識を踏まえることで、
その子が、社会の一員として育っていける感性を、
無意識のうちに育む働きがあります。

だから、「名前」は大事なんですね。
で、「名前」をを通して、社会に適応もしていく人となりに
なっていくわけなんです。
これが無意識レベルで起きているんですね。

名前では音韻・響きこそが大切

あと名前で大切なのが音韻。響きです。
これは名前だけでなく、企業名やグループ名もそうです。
意味で名称を付けるケースも多いのですが、
音韻を重視したほうがよくなります。

響きは、それ自体、エネルギーを表し、エネルギーを出します。
だから、語感、語呂の良いネーム、響きの良い名称は、
それ自体でよくなり、物事も障礙無く運ぶようになります。
これホント。

響きは、非常に重要です。
ネーミングセンスも必要になりますが、
良い響き、語感、語呂の名前や名称がおすすめです。

キラキラネームは不幸になりやすい?

キラキラネームは、読みにくい上、社会性を育くむ点にも疑問があり、
まして響きが悪いものが多いですね。

偶然が必然なのか分かりませんが、キラキラネームの子どもは
不幸になっているケースが多いといいます。

http://rubik3.seesaa.net/article/253077167.html

「名は体を表す」といいます。
キラキラネームのような奇抜な名前は幸せになりにくいのかもしれません。
お付けになるのはやめたほうがいいでしょうね。

仰天するキラキラネームの例

しかしながら、最近のキラキラネームには、仰天するものもあります。
たとえば、こちらのブログをご覧ください。

キラキラネーム・DQNネーム・珍名まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2131975843759446001
DQN(キラキラ)ネーム わかりやすくまとめてくれたサイトが痛すぎる
http://matome.naver.jp/odai/2134724670794080701
DQNネーム(子供の名前@あー勘違い・子供がカワイソ)
http://dqname.jp/

かなりありますね。
その数の多さに驚きましたが・・・
こうしたキラキラネームで驚いたのをピックアップすると

凸・・・てとりす
晃久・・・コーク ⇒ 親がコカコーラの会社に勤務しているからとか
飛哉亜季・・・ひゃあい
振門体・・・ふるもんてぃ
大男・・・びっぐまん
苺苺苺・・・みるき
愛保・・・らぶほ
未知・・・えっくす
革命・・・れぼる
月夢杏・・・るのあ
月下美人・・・はにー
男・・・あだむ
約書亜紀・・・よしゅあき
本気・・・まじ

・・・
いやはや。
言葉を失いますなあ。
それに全部、読めない^^;

やっぱりキラキラネームはよくない

キラキラネームは、音韻的によろしくありませんね。
名前の響きだけで、いじめの対象になりますって。
名付けられた子どもは、可哀想ですなあ。

そもそも「キラキラネーム」という言い方がよろしくない。
どこか綺麗な言い回しです。
キラキラネームで名前を付けるのは、禁止したらどうですかね。
いろいろと問題があります。
 

県立こども病院の某救命医のツイッターがきっかけで、
キラキラネームを禁止するか自粛する方向に進んでいって欲しいものです。

子どもが可哀想です。

名前は、特に「響き」を重視することですね。
響きがジャストフィットすると、自信、明るさ、バランス感など、
メンタル面で特に良い作用がでるようになります。