「いまここ」を取り違えているケース

「いまここ」。
ブログでもしょっちゅう書いていますが、
「いまここ」を取り違えているケースがあるみたいですね。

たとえば、

「今を楽しんじゃおう」
「今が良ければオッケー」
「将来のことは考えないで、今を生きよう」
「今に全力投球してやっていこう」

とか。
「意識」を前提にしていれば決して間違いではないのすが、
「意識」を前提にしていなければ、間違いですね^^;

てか、通俗的な解釈の「いまここ」は、いわゆる「刹那主義」です。
あるいは「好き勝手」「わがまま放題」。
「今さえ楽しければいいんだよ」(言葉の通りの意味)として受け止められています。

これは完全な間違いですね。
が、実際は、「いまここ」を、このように理解している人が、結構いる模様。
危ないですね。
 

「いまここ」は、「意識」に根ざしているかどうかが大切なんですね。
「存在」といってもいいでしょう。

「意識」「存在」に根ざしてる、開かれていることを
「いまここ」というわけですね。

が、「いまここ」が体感できていませんと、
ここで言っていることが、さっぱり意味不明になると思います。

それだけ誤解されているということなんですね。
マインドフルネスでもそうです。

マインドフルネスも「いまここ」なのですが、
誤って理解され、使われていることが多いですね。
 

「いまここ」は、

・リラックス
・自然体
・ソフトなやさしさ

といった状態から開きやすくなります。

しかし、リラックスや自然体がわからないという方もいます。
そうした方の為に、様々なテクニックもあります。
 

が、しかし、様々なテクニックを使っても、
サッパリわからない人もいることも事実です。

何故、わからないのか。
いくつか理由があります。

◎思考と感情に振り回されっぱなしだから
◎何らかのイデオロギーや信念に固執しているから
◎自己観察が足りない、していないから
◎思考と感情が充分に見えていないから
◎自分の日頃の状態が客観視できていないから

この辺りですね。
要するに「自分が見えていないから」です。

なので、この状態を突破していく必要があります。

逆にいえば、様々なテクニックは、
こうした状態を突破するための方法だったりします。
 

親しい人に、「いまここ」に取り組んで10年くらい経つ人もいますが、
様子を見ていると、どうも今ひとつなんですね。
わかっていない。

開けている、開けていないは、言葉や心のやり取りや波動でわかります。
「いまここ」は共鳴する現象があり、ある種の感触でわかります。
 

「いまここ」は、とってもシンプルなのですが、イデオロギーや信条に固執していたり、
「これが正しい」と信じているのがあると、なかなか開けないこともあったりします。

「いまここ」に開けても、きちんとした指導なり指針がありませんと、
何かにしがみついたり、強く信じてしまうことも起きるくらいです。

「いまここ」に開けること、
開けた後の歩み方、
これらすべてにおいて、適切なガイド、ガイダンスが、
実は不可欠だったりします。