一瞥体験は真理のチラ見で終わらない

一瞥体験は真理のチラ見で終わらない

一瞥体験。
意識の高い人であるなら一瞥体験を求めると思います。
あるいは瞑想に興味のある人。
真理・真我に興味がある人もでそうです。
きっと「一瞥体験」「悟り体験」を求めていると思います。

一瞥体験は真理のチラ見で終わると言われています。
けれども実際は真理のチラ見で終わりません。

一般的には「一瞥体験」とは、一時的に真理をチラ見すると言われています。
要するに「一時的に悟りを体験する」こと。
だから「気にするな」といった言い方もされます。

けれどもこれは少々違ったりもします。
本当の一瞥体験は意識の変容を引き起こすからです。

が、その体験にこだわると、いろいろと支障が出てきますので、
それで「その体験にこだわるな」「気にするな」という言い方がされるわけですね。
空の感覚とエゴが混在し、知らぬ間にエゴが増大してしまうこともあります。
「魂のリフレーション」「スピリチュアルエゴ」化ですね。

けれども本当の「一瞥体験」は、意識の変容が起きますので
大事なステップになります。

一瞥体験をすると本当の自分を知る

一瞥体験では、どういう意識の変容が起きるかといえば、
「この肉体に包まれている自分は本当の自分では無かった」
「本当の自分を知る」
「自分はいなかった」
という感覚です。
自覚。

これを仏教では「有身見が断たれる」といっています。
有身見とは、普通に感じている「自分」という存在の感覚です。
が、一瞥体験をすると、この感覚が虚妄であったことを全身全霊で自覚します。

で、ここから人によっては、副産物として、
様々なエッセンスが生じるようになります。

一瞥体験の体感もいろいろある

また、一瞥体験の体験も、
・爆発的な衝撃
・急な拡大感
・空になる
・周囲が流れる感じになる
・自分がどこにいるのかわからない(自分がいない)
・この世界は虚妄だ
などなど、様々な体感を伴います。

またその体験には深浅もあります。
文字通りのチラ見で終わってしまい、後に何も残らないかにみえる体験もあります。
(本当は無意識で変容が起きている)
しかし後にしっかりと何かが残る体験もあります。
あるいは大悟(完全に悟り)ケースもあります。

一瞥体験は、その体感や深さに違いがあります。
実はバラエティに富んでいたりもします。

一瞥体験紛いの体験もある~アストラル的な変性意識体験

けれども一瞥体験紛いの体験もあります。
アストラル的な体験ですね。
いわゆる変性意識です。
薬物でもなります。

で、これらは一瞥体験とは異なります。
後に何も残りません。
ただ「体験だけがあった」という感覚しか残りません。

後に意識の変容が起きるなど何も残りません。
ただ体験だけで終わります。

これらは一瞥体験ではないんですね。
一瞥体験紛いのアストラル的な体験です。
アストラル的な体験・変性意識による一瞥体験紛いは結構あったりします。

一瞥体験は自己に対する認識が変わるきっかけ

一瞥体験は、自己に対する認識が変わるきっかけになります。
「本当の自分」というのを体験する。

これによって自己に対する認識が変わり、
「本当の自分」というのが感じられるようになります。

このことを古来より「真我」「宇宙意識」「純粋意識」「大いなる存在」「創造主」
などの言い方がされてきています。

これが共通した感覚になります。
無意識における変容が起きるのでしょう。

原始仏教に一瞥体験はありのか?

ところで一瞥体験に相当することが
原始仏教(原始仏典)にあるのかどうか。
実は長年、これを探していました。

で、どうやら相当するのがありました。
分別説部(テーラワーダ)では「清浄道論」にあります。
「道心」がそうですね。
「道心」は悟りの体験ですが、一瞬で終わります。
まさに一瞥体験です。

あと説一切有部では「見道」といっています。
「見道」も一瞬で体験します。
一瞬で終わります。
まさに「見道」も一瞥体験。

このように原始仏教にも、一瞥体験に似ているか
同じでな体験が伝承されています。

一瞥体験すると預流果になるのか?

ちなみに原始仏教では最初の一瞥体験をすると「預流果」になるといっています。
けれども、伝承されている預流果の状態と、
一瞥体験をした人の状態は、必ずしも一致していません。

たとえば預流果になると「五戒」を必ず守るとされています。
殺生、窃盗、不倫、嘘、飲酒はしないといわれています。

けれどもこれがちゃんと満たされていない可能性のある覚者もいます。
たとえばクリシュナムルティ
クリシュナムルティは預流果になったと言われています。
スマナサーラ長老も「クリシュナムルティは預流果だった」と
著書で述べているほどです。
しかしクリシュナムルティは不倫をし続けていました。

ニサルガダッタ・マハラジは、飲酒はしないものの喫煙の習慣がありました。
ラマナ・マハルシも喫煙の習慣がありました。

覚者といわれる人の中には、五戒を守れていない人もいます。
ここは謎です。

果たして仏教で言うところの預流果とはどういう状態なのか。
一瞥体験=預流果
なのか。
疑問が残ります。

一瞥体験をすれば真理に啓(ひら)ける

しかし預流果であるとかはどうでもいいことでして、
一瞥体験をすれば真理に啓(ひら)かれます。

そのこと自体は事実です。

原始仏教の記述が気になる、ひっかかるところがありますが、
預流果とかは言わないで、
真理を歩んでいくことが大事じゃないかと思いますね。

そもそも一瞥体験とか、悟り体験というのは、
アドヴァイタでは話しがしやすくても、
テーラワーダや禅では話しにくい話題です。

一瞥体験の話しは、テーラワーダや禅では、とかく喧々囂々しやすく、
真我と同じか、それ以上に騒然となる話題です。

なので、ややこしい界隈では話題にすることなく、
ひたすら歩みを続けていくことでいいんじゃないかと思います。
でも、一瞥体験をする人を増やしたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です