ハートの瞑想・祈り・ハートのプレゼンスのやり方~マインドフルネスに代わる日本人向けの方法

ハートの瞑想。

とてもパワフルです。
愛と平和に満ちあふれ、自ずと喜びがわき上がる優れた瞑想です。

いくつかやり方があります。
この前の講座では、3種類のやり方をご紹介しました。
参加された方は、そちらの方法のうち、合っているやり方をしていただくと、
よろしいかと思います。

で、今日は、シンプルでありながら効果のあるやり方をご紹介いたします。
この前、ご紹介したやり方を、シンプルにしたやり方です。
この前の講座の補足にもなると思います。
 

【ハートの瞑想のやり方】
1.まず心を「ハート」で満たします。

2.ハートとは、「慈しみの心」でもあります。
  「慈しみの心」とは、幸せを願う気持ち、やさしさ、いたわり、思いやりなどの
  文字通りハートにあふれた思いですね。

3.ハートを抱きやすい具体的な人を思い浮かべます。
  幸せになって欲しい人や、両親、家族を思うとやりやすいでしょう。

4.幸せになって欲しい人にハートを巡らして、
  「しあわせ」を祈り、幸せのハートエネルギーを伝えていきます。

5.それが一通り終わったら、今度はハートを全方位に広げていきます。
  上下左右前後といった具合で、全方位にわーっと広げていきます。

6.自分がいる部屋、家、町、市、県、地方、日本全体・・・
  といった具合で広げていきます。

7.ハートがどんどん広がっていくのを感じていきます。
  ハートエネルギーで満ちあふれた空間にしていきます。

8.全方位にハートを広げたら、再び、自分に戻ってきます。
  戻らないで、全方位に広げっぱなしのほうが気持ち良いと感じれば、
  そのまま広げたままでOKです。

 
このようにいたします。
ブッダも、こうした瞑想を述べています。
パーリ仏典 長部13「三明経」には、
四無量心を広げる瞑想の仕方が伝承されています。

で、大事なことは「感じること」。
ハートが広がっていきながら、
本当にハートのエネルギーが広がることを感じることですね。

これを毎日、朝とか、日中でも、気づいたときに行うといいですね。
いつでも、どこでもできます。
 

そうして日常においては、
広げることができる範囲でいいですので、ハートを広げるようにします。

そうして、出会う人、通りすがりの人、目に留まった人、店員さんに
「しあわせでありますように」と、ハートの気持ちを降り注ぐようにして、
ハートの思いを周囲に広げていきます。

ハートを広げて、散歩するのもいいですね。

ハート系の音楽を聴きながら、ハートを広げて、
世界のしあわせを願い、祈ることは、効果がより高まります。

音楽といっても、ロックやヘビメタ、演歌はダメです。
これらはハートを削ります。
いけませんね^^

ハートを周囲に広げて、毎日の生活を過ごすのは、もっと素晴らしい!
表情が明るくなり、オーラも明るくなって、
すべてが明るく、のびのびとした感じになっていきます。
 

これが、「ハートのプレゼンス」です。
「ハートのプレゼンス」というのがあります。
「ハートの気づき」ともいいます。

で、これが本来の「祈り」です。
祈りとは、願いがかなうことを祈るものじゃあないんですね。
それは、本当の「祈り」ではありません。
世界中をハートにすることが「祈り」なんです。

「ハート」を広げ、降り注ぎ、ハートで受け止め、感じていくようにするんですね。

これが「ハートのプレゼンス」。
「祈り」。

ハートの生き方、有り様なんです。

ものすごくパワフルです。
ええ、ものすごくパワフル。
 

効能は、この前も言いましたが「11の効能」が得られます。
※出典:パーリ仏典 増支部経典 十一集 第二臆念品 十六「慈」

【究極の成功術】無条件の愛・慈しみの心がもたらす驚くべき11の効果


1.熟睡、安眠できるようになる(不眠症にならない、思い悩んだりクヨクヨすることが減る)
2.朝の目覚めがよくなる(朝から気分爽快。明るい気持ちで過ごすことができる)
3.悪夢にうなされることが無くなる(不安、恐怖、怯えが減ってポジティブになる)
4.人から愛され、好まれ、歓迎される(いじめが無くなり、人間関係がよくなる)
5.動物からも愛され、好かれる
6.神様、天人からも愛され、好かれる(守護神、守護霊となる)
7.火・毒・剣の災難に遭わなくなる(火事、中毒、事故、ケガ、病気にあいにくくなる)
8.禅定(初禅)に入ることができる(瞑想が進む、ワンネスを体験できるようになる)
9.顔色が良くなる(表情が明るくなり、オーラも雰囲気よくなって、明朗な性格となる)
10.朦朧(もうろう)としない(集中力が高まり、ミスが減る。認知症にならなくなる)
11.死後、最高の神になる(亡くなった後は神や天人になれる)

ご覧の通りです。
すごいですよ。

ハートの瞑想、ハートのプレゼンス、祈りを続けていますと、
世界中が輝き、明るく、幸せに感じられるようになります。
感極まって、涙するときもあります。

ええ、その涙は「祝福の涙」で、霊性がもたらすしあわせの涙なんですね。
歓喜の涙。
 

「ハートのプレゼンス」。
「ハートの瞑想」。
「祈り」。

日本人はハートの民族であると、亡きフーマンは言っていました。
日本人はアマテラスの子ども達で、生来、ハートとつながっている、と。

しかし、教えやら、仏教やらの影響を受けて、
生来持っているせっかくの「つながり」がわからなくなっている、と。

日本人は、生まれながらにハートにつながり、ハートを発揮できるのに、
分断されている、と。

しかし「ハートの瞑想」で、「ハートのプレゼンス」で、
この感覚を取り戻すことができます。
よりパワフルに取り戻し、ハートで暮らしていくことができます。
 

素晴らしいですね。
素晴らしい日々を過ごすことができます。

うまずたゆまず、ぜひやってみてください^^

ハートにあふれた日々を。
神々の息吹とともに。
 

追記
「ハートの瞑想」。
好評のようです^^
今日も読者さんよりメールをいただきました。

そうなんですよね、紹介した「ハート瞑想」は、いつでもどこでもできます。
で、効果があります。

「ハートのプレゼンス」ができるようになりますのでね。
「ハートのプレゼンス」とは、ハートで、そのまんな味わうやり方です。

で、ハートで、そのまんま感じながら、ハートのやさしい力で、
嫌な物事をも許し溶かしてしまうことができます。

「ハートの瞑想」の仕方は、いくつかありますが、
どの方法であっても、ハート系の方にはピッタリなやり方だったりします。

また日本人ならではの方法になります。
欧米人やインド人には、「ハートの瞑想」はおそらくできません。
だからインドではハート系があまり発達しなかった。

日本人は、生来、霊性に開かれています。
なので、こうした「ハートの瞑想」によってハートが活性しはじめ、
「ハートのプレゼンス」ができるようになります。
 

ぜひとも「ハートの瞑想」をされてみてください^^
実際にやってみて「なんかいい感じ」という方はハート系でしょうね^^

マインドフルネスよりも「ハートのプレゼンス」のほうが
おそらくフィットする方が多いんじゃないかと思います。