コロナ経済対策に対して自民党安藤裕衆議院議員らが批判

コロナ経済対策に対して自民党安藤裕議員らが批判

自民党の安藤裕衆議院議員らが作る「日本の未来を考える勉強会」が、
安倍内閣が発表したコロナ経済対策に対して批判しています。
⇒安倍政権のコロナ経済対策、なんと自民若手たちが「批判」を始めた!

「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」は、
2020年4月7日に発表されました。
事業規模108兆円という触れ込みの経済対策です。

しかし実際は108兆円といっても
——————————————————————
・新規国債(真水)・・・16.8兆円
※既存予算を移動・・・22.7兆円
※民間への貸付融資・・・48.5兆円
※税金・社会保険料の支払猶予・・・20兆円
——————————————————————
ということだったりします。
本当に新たに予算を組んだのは16.8兆円です。
残りの91.2兆円は政府融資などです。
要するに後で返済したり支払うものです。

驚きです。
見た目の数字だけを108兆円にして、実際の中身は16.8兆円という有り様。

ちなみにアメリカでは、新規国債発行が200億ドル(220兆円)です。
日本の13倍です。
おいおい。

で、さすがに16.8兆円は「おかしい」として、
自民党内部からも批判が出たということですね。

で、その批判の急先鋒が安藤裕衆議院議員。
自民党の若手議員で作る議員連盟「日本の未来を考える勉強会」の
まとめ役でもあります。

で、安藤裕さんらが提言するコロナ経済対策はこちらです。
1.粗利補償
2.現金給付
3.消費税ゼロ

以下、説明してまいります。

企業への「粗利補償」を行う

政府は自粛を要請している。
しかし充分な補償がない

雇用調整助成金もある。
が、これは1人あたり一日8330円が上限。
これでは企業は、雇用の維持ができない。
しかも企業は、家賃など固定費の支払いがある。

雇用調整助成金だけでは足りない。
企業を救済する補償が必要。

しかし政府は「無利子の融資を出すから、これを使って乗り超えろ」という。
が、融資は後で返済する必要がある。
この時期、返済能力のある企業はごく少数。

実質、融資を受けることはできない。
そうなると倒産が増える。
連鎖倒産も起きる。
負のスパイラルに陥る。

だから企業の「粗利補償」が必要。
自粛しても不安を持たずに生活できるように補償する。

またこのことはコロナ感染拡大の予防につながる。
活動の自粛が、感染の抑止につながる。

しかし補償をしないと、企業はリスクを背負いながらも営業を続ける。
埼玉のK-1が強行されたように、強引にでも営業を行ってしまう。

が、営業を続けると感染するリスクが出てくる。
ジレンマに陥る。

実際問題として、経済的に死ぬリスクの方が高い。
死者も多くなる。
「企業の粗利補償」は必要。
必須。
これができないと、コロナの感染も、企業倒産も、
自殺者の増加も止めることができない。

国民への「現金給付」を行う

国民への現金給付も必要。
これは早く行う必要がある。

現金給付は「一律10万円」を支給すべき。
収入が激減したり、仕事を失うと、生活ができなくなる。
家賃も払えない、水道代も電気代も払えない。
生活に困る国民が増えてくる。

「外出自粛」を要請しているなら、
政府は「国民の生活を保障する」ことをしないとらなない。

「現金給付」も必要。
必須。

「消費税ゼロ」によって国民の負担を減らす

安藤裕さんらは、消費税ゼロも主張しています。
昨年10月に施行された消費増10%。
消費税アップは、日本経済に対して壊滅的な影響を与えています。
10~12月期の実質GDPは-7.1%。

「コロナショック」云々以前に日本経済は崩壊寸前。
消費税減税は必須です。
しかも今は「コロナショック」。
消費税ゼロは不可欠。

消費税ゼロは給付と同じ効果がある

消費税ゼロは、給付されるのと同じ効果があります。

たとえば年収300万円の世帯
この場合は、ほぼ全額が消費に回っています。
なので単純計算して年間30万円を国から給付されるのと同じになります。

財務省も認めている国債発行で財政破綻はしない

あと日本は自国通貨建で国債を発行している。
なので国債を発行しても返済不能にはならない。

そもそも財務省自身が、公式文書で、そう言っているんですね。
「日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない」
と明言しています。

このことは財務省のHPにも明記されています。
⇒財務省HP

なので財源確保のために、国債を発行しても財政破綻しませんし、
今は国債を発行してしっかりと財源を用意することなんですね。

何故まともな経済対策が行われないのか?

以上のことを安藤裕衆議院議員は提言しています。
ごもっともですね。

1.粗利補償
2.現金給付
3.消費税ゼロ

この3つは今必要です。
緊急なくらい必要です。

しかしながら、何故、こういう「当たり前」のことを
自民党幹部は行わないのか?

このことは藤井聡さんが解説しています。
それは自民党幹部の人達が「甘えている」からだといいます。
⇒コロナ経済対策が不十分な理由は政治家の甘えだった~藤井聡氏かく語りき

藤井聡さんの言う通りで、「甘えている」のは自民党の幹部議員なのでしょう。
で、彼らは、自らの内にある「甘え」の意識を、
国民に投影して国民を責めているのでしょう。

シャドウを自覚しないままにしていると、いつか足下をすくわれます。
なぜならそれが心理の道理だからですね。
自らのシャドウで追い込まれます。

自民党幹部の偏ったマインドを是正しない限り、
まともな経済対策は期待できないでしょう。

で、そんなことができるかどうかもわかりません。
おそらく不可能。

だからこそ、新しい政治理念を持った人たちの登場が待たれるわけですね。
私は政治は好きではありませんが、
今は安藤裕さんらと議員連盟である「日本の未来を考える勉強会」や、
れいわ新撰組の山本太郎さん。
あるいは、こうした人達。
⇒政党を作りました

新しい動きをする人達に期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です