エーテル・オーラ・雰囲気と人間関係~エネルギーの同化を避け状態を良くする

エーテル体~肉体と同じサイズのエーテルのボディ

エーテル次元というのは、気、プラーナが動いている世界をいいます。
肉体と同じサイズで、肉体にピッタリと重なっている気の体があり、
これをエーテル体といいます。
このエーテル体がある世界をエーテル次元といいますね。

図で示したほうがわかりやすいと思います。
こういう感じですね。

エーテル次元は、視覚で認識できる方もいます。
いわゆる「オーラ」というのがそうです。

良いオーラがおすすめ~雰囲気・空気が良い状態

で、オーラがいいとか、悪いというのは、
これは、ちょっと鋭敏な人なら分かります。
それは、

・明るい、楽しい、さわやか、あたたかい、物静か。
・暗い、いじけている、重たい、冷たい、動揺しやすい、疑い深い。

もし、「運をよくしたい」「しあわせになりたい」とお考えなら、
断然、よいオーラ、雰囲気をまとうようにしたり、
そういう人と交わったり、世界と関わったほうがおすすめです。

この雰囲気、空気、オーラといいのは、とても大切なんですね。
しかし、案外、無頓着な方もいらっしゃいます。

そういう方の中には、こうしたエーテル次元のことが分からない、
鈍い方もいらっしゃいます。

が、鈍感な方は、エーテルの影響も受けにくいんですね。
で、鈍い方は、大抵、タフです^^;
「運鈍根」ではありませんが、まさに「鈍」になります。

なのでエーテル次元が「わからない」という方は、
むしろ人生をエネルギッシュかつタフに生き抜いていくことができます。
肉体という物質次元のみに関心が行きやすかったりします。

エーテルには「同化」というエネルギーの均一化現象がある

しかし、エーテルのことが、なんとなく感じられる方は、
エーテルの「良い悪い」には注意を払ったほうがいいですね。

で、おかしな、雰囲気や空気、オーラを持った人や場所などには、
できるだけ関わらないほうがおすすめです。

こうしたエーテルの世界では、「同化」という現象が起きるからなんですね。
「エネルギーの均一化」といってもいいでしょう。
 

これは、どういうことかといいますと、
たとえば、明るいオーラと、暗いオーラが出会いますと、
明るいオーラから、暗いオーラにエネルギーは流れていくようになります。

で、長時間一緒にいると、やがて「均一化」してしまうようになります。
どちらも同じ色合いになります。

明るいオーラだったほうは、暗ぼったくなります。
で、精神的に少しガクっとした感じを受けます。

暗いオーラだったほうは、明るみを帯びます。
精神的に、なんか元気になった感じになります。

これが「同化」という現象です。
お互い、同じ状態になってしまう。

力が奪われた・何かを受けたという同化を回避するテクニック

で、エーテルに敏感な方は、「力が奪われた感じがする」とか、
「相手から何かを受けた」という感覚になります。

これは、マイナスのエーテルと遭遇したときに感じる
典型的なケースだったりします。

もっとも、同化を引き起こさないためのテクニックもあります。
客商売や接客をされている方は、心得ておくと、本当はいいんですね。

エネルギーの同化を回避するテクニックとは
「感情移入をしない」というやり方があります。
また「グレートスピリッツ(大霊・宇宙)とつながっているようにする」
というのもあります。
どちらも役に立ちます。

要するに、相手とつながらない、グレートスピリッツとつながっている
というのが秘訣になります。

エーテルの同化現象は気功治療などのヒーリングでも起きている

よく「パワーをいただいた」といいますよね。
中には思い込みもあるのですが、
実際にエネルギーの転移が起きている場合があります。

で、エネルギーを得たり、エネルギーを吸い取った人は、
元気になってノリノリに乗っている人が多くなります。

反対に、エネルギーを奪われたり、吸い取られた側は、ガクンとした感じを受けます。
もっとも多少エーテルが吸い取られても、そんなに気にならないこともあります。

こうした「エネルギーが取られる」という現象は、気功治療の現場でも起きています。
気功治療などのヒーリングのほとんどは、マグネティック・ヒーリングです。

マグネティック・ヒーリングとは、肉体の磁気・エーテルを使ったヒーリングですね。
一番多いヒーリングです。

で、マグネティック・ヒーリングをしている方でも、
「宇宙から気を取り入れています」
「私は、媒体・中継点・受け継ぎに過ぎません」
という具合に「外気気功」をしていることを言われている方もいらっしゃいます。

けれども実際は、ご自分のエーテルを使った「内気気功」であることも
少なくなかったりします。

実際、外気気功をうたいながらも、ヒーリングが終わった後に、
トイレに駆け込んで嘔吐をしたり、下痢をするなど、
クライアントと「同化している」ヒーラーもいらっしゃるからです。

で、外気を使った気功治療を闇雲にしますと、おそらく心臓を痛めることになると思います。
若いときはまだいいと思いますが、年齢を重ねると、
ある日、ガクっと来るときが起きるかもしれませんね。

実際、心臓に負担がかかって体調を崩したり、亡くなっていると思しきケースもあります。
寿命を縮めてしまいます。

エーテルの良い人と付き合うのが「友人は選びなさい」の真意

ヒーリングの世界では、気(エーテル)の「同化現象」はよく起きますが、
こうしたことは一般的な日常の生活の中にもみられます。

昔から「友人は選びなさい」といいますが、これは金言です。
きちんと選ぶ必要があります。

性格がいいとか、人間性が良い悪いということの本質は、
気・エーテルの性質です。
エーテルの状態。

エーテルの状態に問題がないことが望ましいですね。
性格的にも、それほど問題がなさそうなら理想的です。

が、そういう人は少ないかもしれませんね^^;
でも、もしいたならラッキーです。

エーテルの状態は様々な要因で決まる

で、エーテルの状態は、誰でも感じられます。
それは雰囲気や空気となって感じられます。

エーテルの状態は、運勢・運期の影響も受けて、
パワフルになったり、良くなることがあります。
エーテルは、

・生まれ持ったエネルギー(これを「運気」「内気」ともいいます)
・家庭環境、人間関係などの環境(これを「外気」といいます)
・日頃の精神状態(これも「内気」になります)
・巡る運勢や運期(これも「外気」の一種となります)
・アストラル界(幽界)からの影響(精神状態と「あの世」における同じレベルが同調
・グレートスピリッツ大霊・宇宙とのつながりからもたらされる根源的な霊的パワー

これらからもたらされたり、影響を受けます。
そうして「エーテルの状態」が形作られてきます。
エーテルの状態は様々な要因で決まってくるということですね。

ですので、これらの状態を良くしていくこと、良くなっていくことが、
エーテルの状態をよくすることになっていきます。

エーテルとは、一般的には目には見えないものですが、
雰囲気や空気となって感じられるエッセンスです。
とても大事な要素なんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です