ダブルスタンダードは詭弁のテクニックにもなる~レッテル貼り・言論封殺

「ダブルスタンダード」というのはレッテル貼りの一つです。
相手を打ち負かすときに使う論法の一つです。

そもそも「ダブルスタンダード」とは、
状況よって価値判断を使い分けることをいいますね。

何年か前あたりから「それ、ダブルスタンダード」といった
言い回しを聞くようになった感があります。

しかし、「ダブルスタンダード」が使われる状況は、
相手の言論を封殺するときが目立ちますかね。

倫理的な意味合いではなく、相手の意見を封じるのが狙い。
こういう状況で使われていることが多いような感じがします。

そもそも、相手に「ダブルスタンダード」と意識させることに成功しますと、
自己矛盾を自覚させることができます。

で、この自覚を生まれますと、言葉に詰まります。
で、議論に負ける。
「ダブルスタンダード」というのは、
言動を封じ込めるのが狙いかのようです。

言論封殺を目的として「ダブルスタンダード」を使うのは、
レッテル貼りテクニックと同じですね。


 

無意識で行っている言動に対して、観念や概念を使って分析できると、
表面意識に浮上し、客観的に見つめやすくなります。
「自覚する」ということですね。

観念や概念は、記号のようなものなのです。
しかしながら、この記号を使うことで、
言動を分類することができます。

そうして、この観念や概念で分析分類したことに、
新たに名称を与えると、言動内に境界線を引くことができるようになります。

ごちゃごちゃと書いていますが、
要するに、これが「行動分析」「自己分析」というものですね。

自己を見つめる場合、こうした分析分類作業は有効です。
しかしながら、こうした分析分類を、
論争のテクニックにも使用することができるということですね。

その一つが「ダブルスタンダード」と指摘して、
言論を封殺するテクニックです。
本質は「レッテル貼り」です。

そもそもレッテル貼りは、相手の言動に対して、
概念化キーワードを当てはめて単純なモデルに仕立てて、
グレーゾーンを払拭し、あたかもそれ一色であるかのように錯覚させて、
言動を封じ込めるやり方です。
 

ですが、そもそも人間誰しもダブルスタンダードですね。
ダブルスタンダードでない人はまずいません。
状況状況によって使い分けています。

「ダブルスタンダード」という言い方は、
「状況によって判断は変わる」というこに対する言いがかりです。

そもそもダブルスタンダードと揶揄する暗黙の前提に、
「普遍的で固定的な見方が正しい」とした認識があります。

しかし、そんなのは非現実的です。
「固定的な見方」をするのは「頭が固い」といいます。
融通が利かないともいいますね。
現実的にいえば、状況状況に踏まえた判断や発言が適切です。
これをTPOといいますしね。

しかし、ダブルスタンダードと揶揄する場合、こうしたTPOを無視し、
「固定的で普遍的な視点が正しい」ということを前提にしています。

ですので、どこか「論争テクニック」のような印象を受けるのでしょう。
所詮、屁理屈なのでしょう。
 

もっとも、「ダブルスタンダード」が行き過ぎますと、
「二枚舌」とか「調子いい」となります。
倫理的な意味合いで「ダブルスタンダード」と使うならまだいいのかもしれませんね。

しかし、「ダブルスタンダード」という言葉は曖昧です。
曖昧な「ダブルスタンダード」など使わずに、
「二枚舌」とか、「裏表がある」、「調子いいヤツ」と使えばいいと思いますね。

とまあ、そんな「ダブルスタンダード」という言葉へのあれこです。


 

しかし最近、ビジネス用語にも、わけわからんものが多くなっていますね。
「アジェンダ」とか、「コミットメント」とか、「スキーム」とか。

うるせー、と思いますね^^;
ふつーに、「課題」とか、「約束」とか、「枠組み」って日本語でいえばいいじゃん、
なって思ったりもします。

ヨコ文字言葉は、抽象的だったり曖昧だったりして、
詭弁にも使われやすいかな、なんて思ったりもします。
「ダブルスタンダード」もそうなんじゃないのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です