禅は究極の暮らし

最近は政治の話しが多くなっていますが、こういうのは時々ありますのでね。

以前は、経済記事ばかりが続いた時期もあります。
MMT、緊縮財政批判などなど。
ちょうどコロナが流行始めた頃ですね。

で、今は「参政党」^^;
やっぱり参政党はすごいですよ。

なんたって、日本の憲政史上初の「直接民主制」ですよ。

しかも、国際金融資本が諸悪の根源だ!こいつらをぶっ潰さない限り、世界に平和は訪れない!と真正面から斬りかかっていますのでね。

こんなのは日本で初めて。

もっとも欧米では、2016年から雨後の竹の子のように、続々出ているんですよね。

しかし、党員が参加する「直接民主制」のスタイルを取ったのは、参政党が初めて。

おそらく、世界中に「お手本」になるますよ。

今、リアルタイムで、ものすごい革命的なことが起きているんですよね。「はー、なんかやっているねー」じゃあ、せっかくの革命の流れに乗れなくなりますよ^^

マジで、今、世界史にも残る画期的なことが起きているんですよね。
 

と、まあ、今日は政治の話しは控えまして^^;

ここいらでミュージックスタート。

Above the Trees – Ambient Soundscape (OP-1, Norns, NTS-1, Microcosm, Habit)


「State Azure」さんのアンビエント。

アンビエント・ミュージックはいいですね。
空気のような音楽です。

雰囲気を音楽にしたのがアンビエント・ミュージックですね。

非言語領域を音楽にしたともいえます。

精妙な領域ですね。

アンビエント・ミュージックはいいですね。
 

アンビエント・ミュージックって、「禅」のようなんですよね。

いえいえ、あくまで「イメージ」です。

「禅」とは、「単に示す」と書きますね。

これズバリ「禅」のこと。

で、禅は究極だと思います。

で、禅は生活、暮らしでもあります。

流れに任す。
縁にまかせる。

今日の記事タイは、「禅の暮らし」なんて付けましたが、これはアクセス目的のタイトルです^^;

ちょっと実験してみます。
 

で、禅は究極です。

しかし禅といっても、限られてきます。

はい。

井上義衍老師系の禅ですね。

これ以外の禅をやってもダメです。

意味がありません。

ちょっと酷い言い方かもしれませんけどね。

やはり本当に悟った老師から禅を教わりませんと、悟りは99%無理です。

何故、無理なのかといえば、どうしてもニュアンス、響きが違うからです。

悟っていない人が言う悟りの方法は、まったくダメです。響きが違います。

表面的な言葉は同じであっても、響きが100%違うんですね。全然お話しになりません。

だから、もし本当に悟りを目指すならば、本当に悟った老師から教えを請う必要があります。
 

しかし、いきなり本当の禅を始めても、戸惑うケースが非常に多いんですね。

なので、今は、紹介していません。

以前は、紹介していました。

結局、名色分離智(プレゼンス)に開眼していないと、むしろ戸惑ってしまったり、悩みが深くなってしまって、かえって混乱させてしまいます。

それがわかったので、今は紹介していません。

今は、名色分離智(プレゼンス)に開眼した方だけに紹介しています。
 

名色分離智(プレゼンス)に達していませんと、どうしても「言葉」でつまづきます。

説明している「言葉」でひっかかってしまって、そこでグルグルと悩み始めてしまいます。

が、その「言葉」は所詮「言葉」ということが腑に落ちていませんと、どうしても説明上の言葉でひっかかってしまい、思いの世界をグルグルしてしまうんですね。

だから名色分離智(プレゼンス)が欠かせません。

 

今では「プレゼンス」を教えるテーチャーもいます。

が、ちょっとどうなのかなあという方も実際にはいらっしゃいます。

プレゼンスに開眼すれば、本当なのか、思い込みなのかは、話しをしているとわかりますからね。

これも響きでわかります。

プレゼンスに開眼することは、非常に大切ですね。
テーラワーダで言うところの名色分離智です。

ここに開眼することで、本当のスピリチュアルが始まりますからね。

そういう観点からも、非常に大事なステップになります。

 

で、プレゼンスに開眼するためには、禅定は不要です。

禅定はオプションですね。

といいますか、禅定は、感受力が鈍い、弱い人向けの補助輪です。

禅定ができるようになる最大のメリットは、感受力が高まることです。

もっといえば、心をみつめ、心を感じることができるようになることです。

しかし、心を見つめ、観察することができる人は、禅定は要りません。

で、感受力が高まっていますと、瞑想の文脈では、なにかと都合がよいように思います。

また「禅」にシフトしたとき、理解もしやすくなりますし、やりやすくなります。

 

とまあ、あちゃこちゃと書いていますが、禅を行っていると、シンプルになってきます。

複雑な瞑想体系とか、教理体系とかが、どうでもよくなっていくような^^;

しかし、こうしたものは、説明上、便利なところがあると思います。

なので貴重なんですよね。

しかし、そう思いながらも、どんどんシンプルになっていくような。

で、より実践といいますか、実践という思いも生じないくらい当たり前といいますか、いえいえ、そういう言語化そのものが減っていくような。

って、これって単にボケ始めているちゃう?なんて思うときもありますが、なんていいますか^^;
 

で、そういうシンプルな暮らしになっていきますと、日本の繁栄のこと、世界の平和に目が行くような。

なので、参政党には非常にシンパシーを憶えるんですよね^^;

って、またその話しかい(笑)って言われそうなんですが、今のままでは日本は100%、中国とアメリカの植民地になってしまいます。

100%乗っ取られます。
日本は消滅します。

岸田首相は、イギリスのシティ(ユダヤ金融の総本山)で、「皆さん、日本を買いたたいてください!」と言っちゃいましたからね。これマジで言ったみたいですね。

⇒岸田首相 英国で講演 日本への積極的投資を呼びかけ

これ「投資を呼びかけ」と記事にありますが、真意は「日本の土地、企業、株をジャンジャン買ってください」なんですよね。

つまり、「シティのユダ金の皆さーん、ハイハイ、今、日本は円安で、大バーゲン中ですよー!買った!買った!」

「このワシ(岸田)のお墨付きですよー、もっと日本の資産を買ってくださーい!」

「日本を破壊してくださーい!日本を世界から消し去ってくださーい!」

って言っているようなモンなんですよね。

で、岸田、国会でも協議していないのに、勝手に、ユダ金に言っちゃっていますからね。

 

このままではいかん。

もう放っておけん。

フツフツと湧いてくるものがありますね。

で、これはこれとして、禅とは「単に示す」。

シンプルになっていきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です