ヨーガは健康増進におすすめ~ストイックではなくゆるく・やらわかく・あたたかい雰囲気が大切

ヨーガ。
今では「健康」増進のために、広く普及もしています。
「ヨーガ」とは「結びつける」という意味なんですね。

で、「神や真理と結びつける」、つまり「悟り」や「解脱」に至るアプローチを
総称してヨーガと言っているんですね。

ですが元々は「瞑想」が最初の「ヨーガ」だったりします。
2500年くらい前のウパニシャッドを見ますと、
当時のヨーガとは「瞑想(坐法)」であることが分かります。

元々は、瞑想だったんですね。
それをヨーガといっていました。
 

で、その後「バガヴァッド・ギーター」に、ヨーガの代表である
・ギャナ・ヨーガ(智慧のヨーガ)
・バクティ・ヨーガ(神への献身のヨーガ)
・カルマ・ヨーガ(善行などの行為によるヨーガ)

が登場しますね。


 

で、パタンジャリの「ヨーガ・スートラ」が次第に整えられて、
王道ヨーガとされる「ラージャ・ヨーガ」が成立。
こうしてヒンドゥ教を中心に、悟り・解脱のための「ヨーガ」のひな形が作られていっています。


 

その後ゴーラクシャナータという人が、密教の影響を受けて、
「ハタ・ヨガ」の聖典を記した言われています。
で、今流行の体操系の「ハタ・ヨガ」が確立されていくようになります。

実のところ、そんな歴史があったりもします。
 

ですが、ヨーガの本来は瞑想なんですね。
で、ゴーラクシャナータの「ハタ・ヨガ」では、
「シッディ」という超能力を目指しているんですね、これが。

ええ、ハタ・ヨガでは「シッディ」という、
いわゆる超能力・神通力獲得を目指します。
これが目的の一つだったりします。
ちょっとアレな空気が出やすいでしょうかね。

実際、昔、サリンを撒いたカルトな皆さんが、
ヨーガに夢中にもなっていましたね。

これは「ハタ・ヨガ」。
「クリア・ヨガ」という言い方もします。
「クンダリニ・ヨガ」のことですね。

で、目的は超能力獲得。
まあ、こういう能力を真剣に求め出すと、なにかとよろしくないんですね。

しかも結果的に能力が出てきたり、得られるならまだしも、
大概、変な欲をパンパンを張りつめて求めてしまいがちで、
その結果、サリンの人達と同じ路線になりがちかと。
大同小異、サリンの皆さんと同じになっていきます。
 

そんなハタ・ヨガなのですが、今では体操のような感じになっていますね。
わたしゃ、そういう健康志向のハタ・ヨガがいいと思っていマス。
なんか、こう安全で安心できますしね。

ですが「ハタ・ヨガ」は、今から100年くらい前に作られたものだったりします。
ええ、100年くらい前に登場したものです。

当時のインドはイギリスの植民地でした。
で、インド人は、西洋人に対抗するためにあれやこれやと行ったようです。
その一つが「ハタ・ヨガ」の社会的地位の向上と、
アーサナ(ポーズ)の改良です。

で、ヨーロッパの体操を取り入れて、ハタ・ヨガを刷新しています。
それが、現在のハタ・ヨガです。
運動生理学にも基づき、合理性を帯び、健康増進へと様変わりもしていきます。
こういう現象が100年くらい前から起きています。


 

そうして最近では、再び日本でもヨーガが人気です。
サリンを撒いた人達のインパクトが大きすぎて、
しばらくは人気に陰りも出てきたものです。

ですがアメリカのセレブだったかな、
ここで流行っていたパワーヨガが輸入されて、
それで日本でも再びヨーガブームになったと思います。

で、ヨーガは健康増進の一つとして、
今や定着の感がありますね。
 

実際、健康におすすめの一つがヨーガです。
ヨーガはいいですね。

ちなみに健康志向系のヨーガは、
今ではいろんなものがありますね。
わりと歴史のあるヨーガとしては、
・ハタ・ヨガ
・アシュタンガ・ヨガ
・アイアンガーヨガ
・クリア・ヨガ(クンダリニ・ヨガ)

でしょうかね。
昔(とはいっても50~100年ですが)からあって、
定番になっているかなと思います。

が、近年新しいヨーガとしては、
・インテグラルヨガ
・クリパルヨガ
・サティヤナンダヨガ
・シヴァナンダヨガ
・ヨーガ・セラピー
・ホットヨガ
・パワーヨガ
・ハリウッドヨガ
・笑いヨガ

など数多くのヨーガも登場していますね。
定番となっているヨガにアレンジを加えて
目的別に細分化されてきたいる印象も受けます。

 

ですが、一つ、二つ注意したほうがいいものがあるかなと。
それは「マニアック過ぎる」もの。
ストイック過ぎたり、神経質でピリピリしているところ。
解脱とかそういう方面にウェイトが置かれすぎているところ。

こうした所は、率直なところリスクもあって、おすすめできないと思っています。
こう言ってはなんですが、かえって心身を蝕む場合も少なくありません。

そうではなく、ゆったりと、お気楽に、いい意味でてきとーな感じのところがいいですね。
遊び感覚です。

ホビー系のノリといいますか^^;

いえいえ、これは何もおちゃらけて言っているわけではなく、
実のところ、海よりも深い深い理由もあったりもします。
 

話しはかわりますが、「気功」の世界では、
練習するときの「雰囲気」「空気」を重んじています。
こうしたボディワーク系の場合、「慧観(けいかん)」といって、
やらわかく、温かく、ほんわりした雰囲気の中で行うのがコツだったりします。

何事もそうですが、どこかストイック過ぎてで、
ガッツィリやるマニアックなところは、実はリスクがあったりもします^^
実際問題の観点からいいますと、避けたほうがよいかもしれません。

といいますのも、効果が充分得られないことが多いからですね。
場合によっては、おかしな方向へ行ってしまうことが、ままあります。
魔界の世界とか、暗黒街道へ行ってしまうことも^^;

サリン撒いた人達は、実はこの暗黒に墜ちてしまったんですね。
ものすごく分かりやすい教訓です。

緊張感がみなぎってストイックになりすぎたり、
厳しいやり方で徹底的に行ったり、
目的志向が強すぎたり、
ネガティブマインドがグリグリで行っても、
それなりになんらかの効果は得られます。

ですが、おおむね「副作用」というおまけがついてきます。
たとえば「メンタリティの硬直性」や「ハートを欠いた冷たいマインド」です。

なんとなくイメージ付きますかね^^;
こういう風になっていくことが多いんですね。
残念なことに。
 

この手のストイックなやり方は、
昔のように、ストレスはほとんどなく、のんびりして、だらーんとした
そんな時代には適切だったんですね。
むしろ引き締め効果があって、緊張感を出すくらいが丁度良かったんです。

ところが現代人のように、日々緊張やストレスにさらされて、
幼少の頃から育ってきている人には、この手のストイック路線は、
病的な方向に誘ってしまうことが多々あります。

ヨーガにしてもそうですが、精神的なものを目指す世界では、
こうした、いわゆる「マインドが強くなる」という落とし穴があったりします。
 

こうしたところは、ある種の修行らしい空気があるんですね。
それで、厳しところとかストイックな世界にあこがれたりすることも出てきます。
非日常的過ぎるのとか、解脱をガチガチに目指すとかもそうです。

いえ、こうしたのもいいんですが、
どこかに「ゆるさ」「やわらかさ」があることが大事なんですね。

けれども緊張感ばかりでガチガチ過ぎてしまう環境や空気の中ではまず伸びません。
ええ、これはほぼ断言できます。
事実は真逆なんですね。

ふつーな感じで、当たり前な感じで、笑いがあり、
で、シンプルで、ほんわりとした、ちょっといい加減であったり、
ゆるい感じで行っていくのが、
潜在能力を開花し効果を最大限に引き出すコツなんですね。

これって意外と知られていません。
知れれていないから、ゆるいやり方を見ると、
「あれっていい加減だなあ」という感想を漏らすんですね^^;

しかし事実は逆です。
このことはものすごく重大な秘訣だったりします。

そういいわけでして、お気楽に、てきとーに、
リラックスして、ほのぼのとやっていくのがいいんですね。
これ、ホント。
試してガッテン!

2015/03/28