山本コウタローさんの不耕起自然農法は木村秋則さんと同じ

昭和のフォーウシンガー山本コウタローさん

山本コウタローさん。
たぶん今の若い世代の方々は知らないかもしれません。

走れコウタローで、昭和の時代、
競馬界を盛り上げたヒットソングを歌った人です。
フォークシンガーですね。

山本コウタロー率いるソルティ・シュガーの走れコウタローは大ヒット。
ミリオンセラーでした。

早口でまくしたてるのがDJ風でもあり、
いつの時代も、こうした調子の音楽は流行るものですね。

この当時、「帰ってきたヨッパライ」など、
奇天烈な音楽が流行っていました。

山本コウタローさんの不耕起自然農法

そんな走れコウタローの山本コウタローさん。
今年、71才だとか。
月日が経つのは早いものです。

で、山本コウタローさん、なんと今では農業をしているといいます。
しかも自然農法。

あの木村秋則さんと同系列の農業です。

山本コウタローさんの自然農法は、「不耕起自然農法」というものです。

日本不耕起栽培普及会
http://www.no-tillfarming.jp/

テレビでも放送されたそうです。
2013/06/07(金)「爆報!THE フライデー」

不耕起自然農法とは、文字通り、土を耕さない農法です。
ほったらかし農法です。
水も少ししかやらず、雑草は生え放題。

しかしこれがいいとか。

雑草を取らないことで、土は適度な湿り気を年中帯びると。
むしろ、土を耕すことで乾燥やすくなると。

また、雑草を取ることで、かえって害虫が増えてしまうと。
害虫は、雑草を食べるので、農作物はちゃんと残ると。

素晴らしい。
本当に素晴らしい。

自然と織りなす共生の知恵。
ほんとんど手もかけないため、何もしない状態。

人間も楽ですし、自然界にも優しい。
人にも自然にも、どちらにも優しく、
害虫駆除もしないので、無益な殺生もしなくて済みます。

遺伝子組み換えのように、雑草を全て死滅させ、
しかも農作物そのものが異常性を帯びているのとは180度違います。
全く違います。

やはり遺伝子組み換え農法は、悪魔の農法と言っていいでしょう。
ここまでやる必要はありません。
もっとナチュラルで、自然の力をそのまま利用した賢いやり方があるわけです。

生命・自然を論理ではなく感性で体得

山本さんの自然農法の活動、こちらにも紹介記事があります。

山本コウタロー・スタッフブログ 小山市「農政講演会」〜耕せコウタロー〜
http://ktr2011.blog10.fc2.com/blog-entry-142.html

山本コウタローさん、もう25年行っているようです。
40才くらいから始めたことになるのでしょう。

40才前後は、人生の分岐点になることが多いですね。
山本コウタローさんも同じです。

このサイトにある、山本さんの語録がいい。

「生命・自然を論理ではなく感性で体得して欲しい」

至言。
論理ではなく感性。

その通りです。
まったくこの通りです。

自然が醸し出す色、臭い、風、音楽。
こういったものを全身の神経でキャッチして、
自然が歌って喜んでいる空気を体感する。

なんて自然は偉大なのか。

遺伝子組み換えといった、人間の小賢しい理屈など、やめてもらいたい。
この繊細で調和に富んだ自然の声に耳を傾けようじゃないか。

自然農法の広まりに期待

以前に話題になった「奇跡のリンゴ」。
この映画と木村秋則さんは、もっともっと周知されて欲しいですね。

そして木村秋則さんの自然農法だけでなく、
山本コウタローさんの不耕起自然農法。
それと忘れてはならないのが自然農法の先駆者・福岡正信氏。
いろんな自然農法に関心が行き渡って欲しい。

こうした自然と共生する素敵な農業が、
もっともっと広がって欲しいです。

人類に優しく、自然界に優しく、そして地球に優しい。
まさに「愛の農業」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です