【2019年初詣】三嶋大社&富士山本宮浅間大社は最強パワースポット巡り~しかし元旦参拝は避ける作戦の巻き

あけましておめでとうございます。
平成31年。
己亥の年。

最期の平成。
御代変わりの今年。

昨年の戊戌は、九星気学で見ても天災の多い年。
今年は、昨年のような酷い天災は無いと思います。

が、ディープステートによるグローバリズム推進が進み、
種子法廃止、移民受入に引き続き、日本を破壊し解体し、
日本人を雑種化させて分断しまくる政策が、
今年も強引に進められてしまうかもしれません。

が、それ故に、各家庭でも神棚を祀って、神さまに感謝して、
神さまのお力を高めて、日本を守っていただくようにする
必要もあると思います。

静岡県を代表する三嶋大社と富士山本宮浅間大社へ参詣

で、そういうこともありますが、
今年は気合いを入れて初詣に行ってきたでやんすよ。
ええ。

静岡県を代表する神社の双璧。
三嶋大社と富士山本宮浅間大社。

◎三嶋大社
http://www.mishimataisha.or.jp/
◎富士山本宮浅間大社
http://fuji-hongu.or.jp/sengen/

三嶋大社と富士山本宮浅間大社は、
おそらく静岡県の中でもベストな神社でしょう。

私の住んでいる浜松市近郊にも、
小國神社という立派な神社もあります。

が、パワースポットとして見た場合、
三嶋大社と富士山本宮浅間大社は双璧になると思います。
全国的に見ても、たぶんベストな神社の上位にランキングされると思います。

三嶋大社と富士山本宮浅間大社はつながりがある

で、三嶋大社と富士山本宮浅間大社は親子関係の神社ですね。
どういうことかといえば、ご祭神が、

三嶋大社・・・大山祇命(おおやまつみのみこと)
富士山本宮浅間大社・・・木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)

でして、父親と娘の関係なんですね。

三嶋大社(大山祇命)がお父さん。
富士山本宮浅間大社(木花之佐久夜毘売命)が娘。
親子の関係です。

なので、三嶋大社と富士山本宮浅間大社を
ダブル参拝することは理にかなっているわけですね。

大晦日に神社参詣

で、満を持して、ダブル参拝をしてきました。
三嶋大社と富士山本宮浅間大社のダブル参拝。


が!しかし!
技アリな参拝です。
ええ。

どんな技アリかといえば、元旦を避けて、12/30、12/31に参拝です^^;
はは^^;

さすがに、三嶋大社と富士山本宮浅間大社を元旦に参拝に行くのは難しい。
いや至難の技といっていいかもしれません。

なにぜ、渋滞が凄まじい。
無事、たどり着くことができるかどうか。
それも怪しい。

とにかく渋滞、混雑。
もみくちゃにされて、渋滞と混雑にまみえて、
ヘトヘトに疲れて、初詣で気分に浸れないでしょう。

ええ。
もうあの人混み、混雑、渋滞で、グロッキーです。

三嶋大社は12/30に参拝

なので、元旦の参詣は避けて、裏技的に12/30、31日に参拝。
で、今年(てか昨年か)、これをやりましたヨ。
ついに。

で、お気楽、快適、スイスイ参拝。
これはちょーいい感じ(^o^)

が!やっぱり同じことを考える人はいますね^^;
12/30に、三嶋大社へ参拝へ行きました。
が、既に行列状態。
はは^^;

三嶋大社は、いつも混んでいるといいますのでね。
でも、これくらいなら充分OKです。

富士山本宮浅間大社は大晦日に参詣~大祓の人型

で、翌日は、富士山本宮浅間大社へ。
が、やっぱり、同じことを考える人がいますね^^;

でも、三嶋大社よりも、ずっと人がいなくて、
スイスイと参拝ができました。

しかも、12/31。
大祓(おおはらい)の日です。
「大祓(おおはらい)の人型」を書くことができました。
おお、これはラッキー。

これは縁起がいい。

三嶋大社~ご祭神は大山祇命

それにしても、三嶋大社と富士山本宮浅間大社。
静岡県を代表する神社です。

三嶋大社は、「大山祇命(おおやまつみのみこと)」を
お祀りしています。

しかし、私の感じでは、元々は違ったと思います。
wikiには諸説の説明がありますが、
私の感じでは、三嶋大社は、元々は「水の精霊」をお祀りしていたか、
富士山からエネルギーがわき出ているパワースポットじゃないかと思います。

実際、三島市は、水が多いところです。
美味しい水でも有名だとか。

◎三島の水~富士山からのおくりもの~|三島市
https://www.city.mishima.shizuoka.jp/ipn003297.html

三嶋大社の拝殿でお参りしているとき、
ふっと「三島は水島がルーツだろう」と感じましてね。

で、三島市のことをwikiで見ると、やっぱり。

三島市の由来に、「菰池や小浜池などを水源とした清流に挟まれた土地が
3つの島のように見えたため三島の地名がうまれた」とあります。

おそらくこれが正解じゃないかと思いますね。

事実、三島市のすぐ近くの駿東郡清水町には「柿田川湧水公園」が
ありますからね。
ここは富士山麓の清水がわき出ている有名なところです。

◎【柿田川湧水】アクセス・営業時間・料金情報
https://www.jalan.net/kankou/spt_22341ab2080134037/

三島市は、「水島」がルーツで、
三嶋大社も「水の精霊」「水によるパワースポット」が原初だったんじゃないかと感じます。

大山祇命(おおやまつみのみこと)がご祭神というのは、
後から付けたものでしょう。

しかし、後付けであっても、神界においては、
三嶋大社は、大山祇命(おおやまつみのみこと)に
ゆかりのある神社となっていますね。

あと、三嶋大社は、源頼朝の関わりで有名にもなったようですが、
そのためか人気(にんけ)の強い神社ですね。
しかし、その人気の穢れを落とすパワーがあります。
この浄化のパワーは、水が関わっていると思います。
不思議な波動を放っていますね。

で、エネルギー的には頭部系ですね。
浄化する力があります。
武勇に関する縁(ゆかり)がありますが、これはやはり源頼朝の影響じゃないかと思います。

富士山本宮浅間大社~ご祭神は木花之佐久夜毘売命

で、富士山本宮浅間大社。

こちらは、ご祭神が木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)
ですね。

で、やっぱりこちらも、元は別ですね。
富士山本宮浅間大社は、元々、富士山の霊気とパワーを祀った神社です。

奈良県にある古社・大神神社(おおみわじんじゃ)と同じです。
ご神体が山。

富士山本宮浅間大社は富士山。
霊峰富士をご神体としている。
それが、富士山本宮浅間大社ですね。

実際、富士山本宮浅間大社の本宮は、
富士山をご神体にしているとあります。

で、木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)は
後付けです。

後付けでも、木花之佐久夜毘売命とゆかりの深い神社になっていますね。
神界でも、そうですね。

で、富士山本宮浅間大社はエネルギーが強い。
パワフルです。
しかもハート・エネルギーが強いですね。

このハート・エネルギーは、木花之佐久夜毘売命のお徳かもしれません。
やわらかく包み込む慈愛のエネルギーにあふれています。

富士山本宮浅間大社はおすすめ神社ですね。
素晴らしい。


 

というわけでして、今年は、昨年の晦日と大晦日に
三嶋大社と富士山本宮浅間大社のダブル参拝をして、
初詣でといたしました。

ちょうど12/30が、奇門遁甲での「生門、天輔、九天、天遁、神遁」
という信じがたい吉方位が出ていましたでの、方位取りも兼ねての初詣で。

極上の神社参拝になったものです。
よかったです。
極上ですたい(^o^)