魂のブループリント

魂のブループリントとは

「魂のブループリント」
時々聞きますね。
ええ。

「魂のブループリント」とは、「魂の青写真」のことをいいます。
ブループリント・青写真とは基本設計図のことをいいます。

つまり「魂のブループリント」とは、
「魂の基本設計図」のことをいいます。

で、「魂のブループリント」には、
・先天的な傾向・タイプ(才能、性格、資質)
・使命(ミッション)
・過去世からやり残していること・課題(良い意味でも悪い意味でも)
といったのがあります。
これらが基本設計図として、現世の魂に刻み込まれています。

「魂のブループリント」とは、いわばこうしたことを総称しての
「宿命・運命・カルマ」でもありますね。

先天的な傾向・タイプ(才能、性格、資質)

一般的に「魂のブループリント」とは、その人の「傾向」をいいます。
どういう「タイプ」なのかということですね。
それが「先天的な傾向・タイプ(才能、性格、資質)」ということになります。

誰しも生まれ持って、得意なこと、できること、好きなことがあります。
で、これらは才能・性格・資質と深く関連していますね。

魂のブループリントが、もっともはっきりと出てくるのは、
才能・性格・資質かもしれませんね。

使命(ミッション)

また魂のブループリントは、使命(ミッション)としても刻み込まれています。
才能・性格・資質といったタイプを踏まえて、どういう使命(ミッション)があるのか。

使命とは、何を行うのか、何を行うのが向いているのか
といった適性も含まれています。

こうした才能・性格・資質も含めた上で、「使命」も浮き上がってきます。
欲を掻いたり、何らかの信念体系に深く染まりすぎなければ、
使命は、自ずと浮き上がってきますし、わかるようになります。

おおむね、自分がもっとも興味や関心があるものになりますね。
それが、あなたの使命であることが多かったりします。

過去世からやり残していること・課題

あと「魂のブループリント」には、過去世からやり残していることもありますね。
課題です。
で、課題には「良い課題」「悪い課題」も両方あります。

良い課題は、過去世から続けている良いことの続きですね。
創造です。
大概、創造的なことになります。

悪い課題は、過去世で行ったことの罪滅ぼしですね。
滅罪です。
過去世で行ったことの罪滅ぼしのため、贖罪のために、
自らが犠牲的になる、ならざるを得なくなることです。

しかし滅罪・しょく罪は、ある一定期間を過ぎると終了となることも多いですね。
一生涯、悲嘆に暮れることは、実際問題としては少なくなります。

過去世から引き受けているもの・課題には、
創造と滅罪の両方があったりもします。

魂のブループリントとは異熟ともいう

ちなみには原始仏教では「魂のブループリント」のことを
「異熟(いじゅく)」といっています。

「異熟」とは生まれ持った傾向ですね。
宿命・運命・カルマのことでもあります。
異熟~自分を知り自分を磨くために知る

「異熟」とはまさに「魂のブループリント」のことだったりします。

実際、人生をある程度、生きてきますと、
過去の自分をふり返ったとき、
そこに一つの流れや道があることがわかります。

そうして、その流れや道は、
幼少の時期にすでに萌芽があったことに気づきます。

人には、生涯の方向性を決める「何か」があります。
それを「魂のブループリント」といっています。

幼少の頃に感じていたものが、全て一生の核となり、
人生の軌道を作り上げてきたことにも気づきます。

幼少の頃の体験が魂のブループリントを形成することも

幼少の頃から、人見知りをすることなく、
誰とでも話しをし始めて会話がはずみ、友達になってしまう子ども。

こういう子どもは、交友関係も広くなります。
いわゆる「コネ」もできやすい人です。
人脈を作ったりして、何かとラッキーなことも多くなります。
人生はおおむね楽しいでしょう。

反対に、幼少の頃から嘘が上手な子。
小さいときから嘘の多い子は、ホラが多くなり、詐欺に走る場合もありますね。
親が子どもに過剰な期待をして、それを達成させようとすると、
嘘をつく子どもになりやすいともいいます。
環境がその子の傾向を後押しします。

親が、子どもに「あーしなさい、こーしなさい」と、過干渉すると、
子どもは、本来持っている素質を伸ばせなくなります。
また自然体ではなくなりますね。

人は「魂のブループリント」に従って生きてゆく

人生とは不思議なものです。
「三つ子の魂百まで」といいますが、ここでいう「魂」とは、
原始仏教でいうところの「異熟(いじゅく)」のことですね。
スピリチュアルでは「魂のブループリント」

人は、生まれた瞬間に、その人生経路を決定する「核」を持っています。
そして、その片鱗は幼少期に必ず見いだせます。
すべて幼少の時代に見ることができると思います。

人生をある程度生きてきて、ふり返ると、
そこに、一つの流れや道筋があったことに気づきます。

結局「ブループリントにしたがって生きているんだな」と。
「ブループリントが核になっているんだな」と。

人生は無常ですので、どうなっていくのかわかりませんが、
おそらく幼少の頃に感じていたブループリントにしたがって、
深い深い領域へと進んでいくのだと思います。

こうした深遠な精神の領域のことは、
センスのある人は、若い頃に芽生えます。
けれども、長く生きていくと、つまり高齢化になるに従い、
次第に開示される、気づかされる性質ではないかとも思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です