妄想と勘違い~妄想は思慮分別・知性・理性を低下させる

変性意識下で見るものは、夢と同じですので、臨場感がありますね。
実はこの臨場感を「リアル」と勘違いしているのですね。
本当は、妄想であり空想の産物です。

このことは、こちらの記事でも書きました。

A10神経を利用した洗脳・誘導テクニックと映画

瞑想中のビジョンは妄想だが会話もできる~変性意識は想念の世界であり依存体質助長の恐れもある

スピリチュアルの危険性~変性意識と魔境と偏差

興味深いことに、鎌倉時代などから出ている教祖の中に、この妄想をリアルと勘違いして一宗を立てている人がいます。

瞑想中に「仏を見た!」「我は観音様よりお告げをいただいた!」といった具合です。

ですが、こうしたことは明治以降の近代でも起きています。
神や仏からの「お告げ」や「神がかり」というものです。

「お告げ」や「神がかり」には妄想をリアルとして勘違いしているケースもある

神や仏からの「お告げ」や「神がかり」の中には、変性意識になって妄想をリアルとして勘違いしているケースもあります。

あるいは、変性意識の世界である「アストラル界」にいる生命体が、働きかけてきたり、話しかけてくることで、あたかも高貴な神霊にまみえたかのような錯覚をするケースですね。

また、いろいろな原因によって、アンバランスな状態になって、妄想を見てしまうケースもあります。

しかしながら、こうした状態が長く続くと、やがて心身に変調をきたしてしまうことも出てきます。

妄想・煩悩は心身に悪影響を及ぼす

こうした事例を知りますと、妄想が心身に及ぼす影響が分かってきます。
といいますか、妄想は煩悩ですので、煩悩は心身に影響を及ぼすということがわかってくるわけですね。

実際のところ、煩悩と身体とは密接な関係があります。
しかも、昔から言われています。

たとえば「怒り」。
怒りは身体機能を損ねることが多くなります。
心臓病や脳梗塞などですね。
これらは、怒りが強い人がなりやすい病気でもあったりします。

また、強い貪欲は、ガンなどの疾患をもたらします。
酷い妄想は、脳や心の病気です。

妄想は思慮分別を低下させる~理性・知性を伸ばすためにも妄想は控える

妄想の世界に長期間浸り、この世界が真実と錯誤すると、脳や心そのものにもダメージを与えることが多い様子です。思慮分別が正常に働かなくなって、知性の働きに不具合が出てくるようになるのだと思います。そうとしか思えないケースが大変多いように思います。

しかも、教祖以外の一般人にも、こうしたケースを見ることがあります。
スピリチュアル等に傾倒し過ぎて、精神疾患になるケースは、昔からあります。
現代でもあります。

知り合いに精神科医がいますので、この手の話しは結構聞いています。
妄想が過ぎることは、危ないのですね。

お釈迦さまは、「自分でしっかりと確認できなことは鵜呑みにしない」とおっしゃっていますが、この通りでしょう。「理解できないもの、わけの分からないものには近づかない」ということです。

理性や思慮分別といった判断力を効かせることは大切です。
かといって、何でも理屈っぽいのは、これはこれでアンバランスですが。

ですが、妄想過ぎる世界に浸るのは危険ですね。
殊に、変性意識の状態は、心身に影響が出やすくなります。